ピンホールアイマスク 初体験レポート

November 23 [Sun], 2014, 7:40
わたしは40代半ばの、老眼を意識し始めた(汗) 主婦です。

視力の衰えと「離せばわかる」を意識し始めたのは2年ほど前から。

元々遠視傾向があって目が疲れやすいなという実感は 若いころからあったのですが、
ずっと視力だけはよかったので、活字を読むのが苦になることがありませんでした。

ところがパソコンを頻繁に使うようになった数年前から、目の疲れやすさを感じるようになってきました。

パソコンばかりが原因ではなく、年齢的なことも大きいのかもしれないのですが、
目を休み休み(実はだましだまし)使うことで、老眼鏡などは使わずに過ごしてきました。



ところがここ数か月、ものの見え方に違和感を感じるようになってきました。

細かい活字が読みづらいのです。新聞とか、文庫本とか。

でも、目を紙面からうーんと離せば 読めるんです。

今さらなのですが・・・
ガーーーーーン!!!これが世にいう「老眼」か・・・と大ショック(ToT)/~~~

ぶっちゃけますと・・・
老眼を認めたくなくて、その事実に目を背けていたがホントのところなのですが。


見えづらいのならば 老眼鏡を使えば楽になることはわかっているのです。

ですが、今までの人生でメガネをかけたことがないので、それには抵抗がありました。

老眼鏡の限らず一般のメガネも同じですが、矯正する道具を使い始めると
水晶体や目の筋肉はなまけ始め、どんどん使われなくなっていきます。

老眼鏡をすればするほどさらに悪化していくのです。

老化現象プラス裸眼の使用が少なくなると、とたんに視力低下が早まるケースがあるのです。

それにはメガネをかけるよりももっと抵抗を感じました。

そんなとき、このピンホールアイマスクと出会ったのです。

老眼鏡の代わりにもなって、回復させてくれる。

そしてそれはテレビを見るときや本を読むときに使えるスグレモノだといいます。

老眼だけでなく子どもの視力回復トレーニングにも使えるので、

もし自分に合わなかったら、ゲームのやりすぎで視力が悪くなりかけてる息子に使わせればいいや。

そんな軽い気持ちで、ピンホールアイマスクを購入。



到着して、手に取ってみて思ったこと・・・これ、ホントに効果あるの!?

こんなペラペラなのが!? (←アイマスクなのだから、当たり前なのですが^^;)


目の部分に5つの小さな穴が開いているのですが

こんな小さな穴からほんとに見えるの!?

わたしにも見えるのかな・・・にわかに信じられない思いが(爆)

購入して目の前にあるのに、まだ疑心暗鬼。

まあでも、気を取り直して、つけてみよう。

そして一言・・・「おお〜、ほんとに見えるぅ!」



小さな穴から良く見えるんです!

どんなイメージかというと、裸眼でこんな感じ↓↓↓に見える文字が

老眼やだ!老眼やだ!老眼やだ!老眼やだ!老眼やだ!


・・・余談ですが、ろうがんを「老顔」と誤変換しそうになり、一瞬ギョッ(危!)


小さな穴から見ると、こんな感じに見えるんです。

老眼やだ!老眼やだ!老眼やだ!老眼やだ!老眼やだ!



ただ字が見えるのではなくて、くっきりと濃く、しかも太く見えるイメージです。

活字の視覚情報が、強くストレートに脳に届いている感覚に近いです。

なんだか違う風景を見ているような、そんな不思議な感覚。

視力が悪くても見えるというのを身をもって体験。

目に入るときの光がもっと細く1本のすじとして目に入ると、
水晶体で集約する必要がなくなりますから、どの位置でも焦点が合うようになります。

目に入る光を細くすればするほど、ピントを合わせる必要がなくなり
よく見えるというメカニズムは真実でした。

年齢とともに視力が衰えてくるのは致し方がないことです。

でも少しでも老眼が進むスピードを緩やかにしたいですから、
まだ老眼鏡をかけずに、視力トレーニングを重ねていこうと決意を新たにしました。
 
▼▼▼驚きのメカニズムはこちらから▼▼▼


メガネなしでも副作用なしでよく見える!ピンホール現象のメカニズム

November 23 [Sun], 2014, 7:39
ピンホールアイマスクを着けると、どうしてよく見えるのでしょうか。

それは「ピンホール現象」のメカニズムによるものです。

ピンホールアイマスクは、眼鏡などのレンズ(度)に眼筋を使って
自分の焦点を合わせるのとは違い、ピンホールから見ることにより
目を通過する光の量を絞り、光の干渉を防ぎ、ピント面の範囲を広げています。

そのため今までぼやけていたところも明瞭に見ることができるのです。




ものを見るときには、レンズの役割の水晶体で目に入った光を集約します。

そしてその後ろにある網膜上で焦点が合うから、くっきりと見えるのです。

その焦点が合わなくなることで視力に障害が生じるわけです。

網膜より手前に来ると近視、網膜より奥になるのが遠視や老眼です。


目に入るときの光がもっと細く1本のすじとして目に入ると、
水晶体で集約する必要がなくなります。

すなわち、どの位置でも焦点が合うようになります。

目に入る光を細くすればするほど、
ピントを合わせる必要がなくなり よく見えるというわけです。
 
 

以上が視力が悪くてもピンホールアイマスクでよく見えるようになる原理です。

副作用などの危険はまったくなく、老若男女問わず使えます。

大人の遠近トレーニングにも子どもの視力トレーニングにも使えます。
 

ピンホールアイマスク口コミ

November 23 [Sun], 2014, 7:33
ピンホールアイマスクは副作用がなく、つけるだけで簡単に視力トレーニングができます。
大人も子供もメガネなしでよく見えるようになります。

実際に使用したお客様の声を見てみると、やはり高い効果がうかがえました。

目の疲れを感じにくくなってきた気がする。
2か月位テレビを観る時につけているが、少し色が鮮明になってきて、目の疲れを感じにくくなってきた気がする。
(21歳・男性)

 
 



小さな穴から、良く見える。
子ども(8歳)のために購入してみました。今のところ、かけたりかけなかったりです。
小さな穴からよく見えるのが不思議なようですが、本人が改善を望まないと、なかなか続かないようです。
私も近視なので使っています。効果が出ればよいと思っています。
(45歳・女性)

 
 

子どもの視力はかなりいい感じです。
今回、ピンホールアイマスクを購入しました。
理由は、8歳の娘の視力が、検診で指摘されたことによるものです。
気軽に使えるため、使用しましたが、1か月使用した感想は、子どもの視力はかなりいい感じです(本人談)
近いうちに検診に連れて行きたいと考えています。
(42歳・男性)

 
 

もうメガネの必要がなくなりました。
パソコンを使うようになってから、急に視力が下がってしまいました。
TVや車の運転などメガネなしでは不安でしたが、今回この商品を使わせてもらって、すぐに効果が出てきました。
1日、少しの時間、TVを見るときに使うだけで、もうメガネの必要がなくなり、今ではケースに入ったままです。
買い物に行って、よくこのピンホールのアイマスクを見かけていたが、「こんなのでよくなるわけないよね〜」と思っていたので、もっと早く試してみればよかったなぁと後悔です。
ありがとうございました。
(41歳・男性)

 
 

「見える〜ウソっ 信じられない!!」
どんどん目が悪くなる息子に半信半疑で購入。かけた途端「見える〜ウソっ 信じられない!!」と今まで見えなかった文字が見えたのは驚きでした。
私も0.01とかなり悪く、私がかけたらかわらないだろうとかけたら、いつも見えない文字が見えました。
実感すると、毎日つけると必ず良くなるのではと息子にまめにかけるようにすすめています。
息子にはメガネをかけさせたくないので、がんばってみようと思います。
(11歳・男子)

 
 

“すごく目がスッキリする”
子どもがゲーム(DS)をし始めた頃(小2〜)から視力が悪くなり、とうとう視力検査でメガネをしなくてはということになり、子どもがイヤがり、その時に友人からピンホールのことを知り、試しにという軽い気持ちで子どもに使用させたときに、いちばん初めの言葉が“すごく目がスッキリする”と言ってくれて、必ず毎日3分〜はじめ、今は時々テレビを見る時も使うようになりました。
それを見て私も借りてみて“なっとく” 本当に使用後、目がスッキリするのを実感しました。
親子共々お世話になりたいと思っています。
(50歳・女性)

 
 
※個人の感想であり 効果・効能を示すものではありません。