匡(たすく)でクジャ

January 30 [Mon], 2017, 1:20
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる