アイファンタスティック

September 20 [Tue], 2011, 15:30

アイファンタスティック






今でこそ視力回復についての活動が増えておりますが、
わたしはもともと理学博士で、信州大学で教授をしておりました。

その当時、わたしは既に50歳を過ぎていましたが、とても仕事が忙しく、
来る日も来る日も、専門分野での和文英訳を大量処理する日々を送っていました。

1人研究室に閉じこ持って
たった数行の和文を30分間も凝視し、
その意味を吟味して英訳をするという作業を続けていました。

ですが、それでもわたしの視力は至って正常でした。
わたしは昔から目が良くて、それを自慢にもしていました。

実際、
年老いていくにつれて老眼鏡を片手に新聞を読む
多くの友人たちから、よく羨ましがられていたものです。

そのときのわたしには「目が悪い」という感覚がまったく理解出来ませんでした。


そんなある日のことです…。


その日もいつものように部屋に閉じこ持って仕事をしていました。

ふと、何か見えにくい感じがして
ちょっと遠くに視線を移してみると、景色がぼやけて見えるのです。

「あれ?ちょっと小さな文字を見すぎたのかな?」

そう思いわたしはしばらく目を閉じ、休憩をとることにしました。

しばらく休めば違和感はなくなり元とおりになる。
そう考えたのです。

ですが、一向にその違和感が消えることは御座いませんでした。

わたしはこの初めての感覚に戸惑い、
顔を洗ったり、目をこすったり、まばたきをしたり、いろいろな行動をとりました。

しかし、視界がぼやける感覚は消せなかったのです。

その日から視力のことが気になってしまい、
時間がある時に遠くを見て自分の視力をチェックしていましたが、
明らかに以前のようにはっきりと物を見ることができなくなっていました。

近くは見えていたので明らかに老眼ではなく、
50歳を過ぎて近視になってしまったことに気づき、本当にショックでした。


視力の低下を自覚したわたしは、
仕方なくメガネを作ることにしました。

ですが、今までメガネをかけたことが無かったわたしは
なかなかそれに慣れることができず、しばらく頭痛や嘔吐感に悩まされました。

また、わたしは自動車の運転をするのですが、
メガネをかけての運転は裸眼の時とはまったく感覚が違いました。
視野が狭く、常に危険を感じながら、慎重にハンドルを握っていました。

そして、やっとの事でメガネになれた頃には、
また度が進んでメガネの作り直しをしなければならない状況になってしまう始末…。

「このまま放っておいたら、どんどん目が悪くなってしまう!」

そう思ったわたしは、
これ以上の視力低下を防ぐため、いろいろな視力回復方法を実践し、試してみました。
なんとしてでも、打開策を見つけたかったのです。




痩脳美身〜痩せる脳で美しい身体〜

【KKP】乾癬克服プログラム〜病院や薬に頼ることなく、自分で根本的に改善する方法〜

Sonic Prep for TOEIC(R) Test 5日間超高速プログラム

月収30万円最速・最短マニュアル「瞬速オークションバイブル」

【女性】運命メール

【脚やせ】天使の美脚塾【DVD-BOX】

今までに全く例のない、過去問と記憶術を組み合わせた行政書士試験対策の教材



ですが、何をやっても視力を回復させる事は出来ませんでした。


視力回復にはブルーベリーがいいという事を聞いたので、
毎日、朝・昼・晩と20粒程食べてみましたが、 効果をまったくと言っていい程感じられませんでした。

書店で販売されている視力回復系の書籍は、
実践すると、確かに少し目の感じが良くなる気はしたのですが、
それもほんの一瞬のことで、根本的な視力回復に至ることは御座いませんでした。

「頑張った所で、視力を回復させる事はもう無理なんだ。」
「これから一生、メガネのストレスを抱えて生きていくのか…。」

何をやっても視力が回復しないことに、
わたしは心底あせりを感じるようになっていました…。


相変わらず目の調子は良くなく、
わたしは依然としてメガネを手放せない生活をしていました。

一時は、視力回復を諦めた時期もありましたが、
わたしは、視力の低下は本質的な病気ではなく、
単なる機能の衰えなのだから、絶対に戻せないはずが無いと考えていたのです。


わたしは世間の視力回復方法には満足せず、
目の機能、仕組み等を医学書で調べたりして、
それこそ死に物狂いで視力の勉強を開始しました。

「従来の方法論はそもそも間違っているのかもしれない。」

あらゆる可能性を考えて、わたしは視力増進法の研究に力を注ぎました。


そんなある日、わたしはふと、ある事を思い出しました。
それは、以前に新聞で読んだことのある眼科医の投書でした。

その投書にはこう書かれていました。


「眼球に意図して明暗状態を反復させると、
虹彩の機能をはじめ、眼を機能させる他の筋肉にもいい影響を与える」


そしてわたしはこれをヒントに、ある方法論を思いついたのです。

「この方法なら、視力を回復させることが出来るかもしれない!」

そう思って、
わたしはその方法を2週間、実際に取り組んでみました。


そして、2週間で視力を0.3から1.5に回復させることに成功したのです!

勿論、メガネが必要な生活とはもうさようならです。
目が悪いというストレスが完全に無くなる事を凄くうれしく思いました。

トレーニングを始める前は、
こんな単純な方法が視力回復に効果的かどうか、実は自分でも半信半疑でした。

ですが、実際にわたしの視力は回復する事ができたのです!

こうしてわたしは、多くの場合、
適切なトレーニング、それもごく簡単なトレーニングを
短期間継続的に行うだけで視力回復出来ることに気が付いたのです。

視力が悪くて悩んでいる人は多くいると思います。
わたしも同じ悩みを抱えていたのでその気持ちはよくわかります。

最初はわたしの友人3人に
わたしの視力回復法を試して貰いました。

すると、その3人はあっさりと視力を回復してしまったのです!

本人たちはとても驚いていましたが、一番に驚いていたのはわたし自身でした。


「わたしの開発した視力回復方法は年齢を問わず誰にでも効果があるのか?」


そう思い、視力回復に悩んでいる人を見つけては、
マンツーマンで詳しくわたしの視力回復法を説明していきました。

結果、ほぼ全員が視力を回復してしまったのです!

自分の視力が回復した時、わたしは飛び上る程嬉しい思いをしましたが、
それ以上に、わたしと同じ悩みを抱えていた人たちが
次々に視力回復していくことが嬉しくて仕方が御座いませんでした。

今回、お話しさせていただく、わたしが発案した視力回復法は、
薬や手術は一切必要としない、誰でも気軽に取り組める簡単な視力回復法です。

この視力回復法を使って
貴方の視力の悩みは改善して行きますから、楽しみにして頂ければと思います。