1353人のメガネ使用者が、わずか3日で視力1.0に!「見える!驚異の視力回復法」本部千博 自宅でトレーニング方法

November 13 [Fri], 2009, 14:41
あなたは、「視力は一生治らない」と悩んでいませんか?

実は、視力は「ある方法」さえ実践すれば、

簡単に回復できるのです。



詳細はこちらをクリック




裸眼視力が ≪0.4≫ しかなかった男性が、

わずか20日間で、≪1.0≫ にまで回復!

もちろん、メガネやコンタクトの矯正視力ではありませんし、

レーシック手術を受けたわけでもありません。



こんなこと、あなたは信じられますか?




でも……これは、まぎれもない事実です!




年間2万人にのぼる患者を診察し、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
多くの方の視力回復を成功に導いてきた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほんべ眼科クリニック院長・眼科医師・本部千博が、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脳科学に即した視点から生み出した、確かな視力回復法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




本部先生は、

「ほんべ眼科クリニック」を開業している現役の眼科医師で、


年間におよそ2万人の患者さんを診察されています。


クリニックに訪れる患者さんのほとんどが、


「もう、歳だから…」

「遺伝だから仕方がない」

「これ以上悪くなればレーシック手術で…」


などの、視力の悩みをお持ちです。



多くの眼科医も、メガネを掛けて視力が1.0以上あれば


問題のない健康な目であるように言います。



でも、本当にそうでしょうか?


本部先生は長年、こういう診断に疑問を持たれていました。


健康な目とは、本来は

裸眼で普通に暮らせる状態」のことです。


もしかすると、あなたも

こんな考え方を持っていませんか?


▼ メガネやコンタクトを装用すれば問題ない

目の悪い人の多くは、メガネやコンタクトを装用して

視力を補正しますよね。


「だって、見えないんだからそうするしかないでしょう?」



でも……

「メガネやコンタクトを装用し続けた結果、

ますます視力低下が進行してしまう」可能性が高いとしたらどうでしょう?


「え?そんなことがあるの?」


メガネやコンタクトは確かに便利ですが、

結果的に、あなたの目を甘やかしてしまうのです。



見えないことが当り前、メガネやコンタクトが当り前、

……という状態になると、


あなたの目は自分で運動することをやめ、

「視力を回復しよう」という力を奪ってしまうのです。

そればかりか、その「見え過ぎる」状態が

さらに視力低下の進行を進めることにもなります。




「最近、メガネの度が進んで……」

これを繰り返しているうちに、あなたの目はどんどん力を失い、

見えなくなってしまうのです。怖いですね


▼ これ以上悪くなればレーシック手術を受ければいい



最近流行の「レーシック手術」

「友だちがレーシックを受けて……私も受けようかな……?」


でも、ちょっと待って下さい。


レーシック手術は万全ではありません。


「でも……安全な手術って聞いたけど?」


それは大きな勘違いです。

どんな手術でも、外科手術に100%の安全はありません。


ましてや、デリケートな角膜を削るのです。




リスクは当然ですよね。

失敗したときに取り返しのつくものでもありません。




レーシック手術を受けたからといって、

誰でも目標視力を達成できるとは保証されていません。

中には、手術前の矯正視力の方が良かったという場合もあります。



成功するか失敗するか、

結果はやってみないと分からない……というのが本当のところです。

考えたら恐ろしいでしょ!!



あなたは、そんなリスクを冒しても

多大なお金を支払って、レーシック手術を受けたいですか?




もしも、手術を受けなくても裸眼生活を取り戻せる方法があったとしたら……?



あなたが始めなければ、メガネやコンタクトの不自由な生活のままです。

、このマニュアルを実践していただければ、

あなたのこれからの人生は今までと違うものとなるでしょう。



 
このブログはお金もかけずに簡単な方法手術も一切しないで

簡単な方法で視力を回復する驚異的な方法をお伝えしています



詳細はこちらをクリック



14日間・子宮筋腫改善プログラム続木和子 自宅で悩みの種 生理通からの脱出