ウェアプラットフォームを武器に、それに対抗するための開発を進めてきた。

March 29 [Sun], 2015, 14:37

 【商品名】:CHANEL 手帳 アイフォン6プラスカバーケース 高品質


【対応機種】:iphone6(4.7センチ)、iphone6 plus(5.5センチ)、iphone5/5S

【ご注意】:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

※只今は送料無料♪

 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


安部真弘「侵略!イカ娘」のキャラクターをプリントした新作iPhoneケースが、秋田書店のオンラインショップに登場した。
グッチ iphoneカバー
ケースの絵柄は2種類が用意され、一方には犬に追いかけられるミニイカ娘、もう一方にはオセロの黒石に挟まれて怯えるミニイカ娘がそれぞれプリントされている。iPhone5/5SおよびiPhone6に対

応しており、価格はいずれも3218円。注文から2週間程度で発送される予定だ。カスペルスキー、インターネットイニシアティブ、EMCジャパンの各社首脳が2015年の抱負を述べた「年頭所感」を紹

介する。(以下抜粋、順不同)
最新シャネルiphone6 ケース
■サイバー攻撃の抑制やインターネットリテラシーの向上へ

カスペルスキー
代表取締役社長 川合林太郎

 昨年は、なりすましや偽サイト、フィッシングといった個人を標的にした攻撃が深刻化すると同時に、国の重要インフラや基幹ビジネスをターゲットにした標的型攻撃も目立ちました。また、

IcefogやDarkhotelのように、日本も他人事とは言っていられないようなサイバー攻撃も顕在化しました。

 しかし、新たな攻撃手法や脅威とは無縁な、過去の焼き直しにすぎない攻撃による被害も非常に多く、適切な対策を講じていれば防御できた、あるいは被害を最小限に抑制できていたはずのケー

スが多かったのも事実です。
iPhone6 エルメス。。
 2015年は、オレオレ詐欺に代表されるリアルな犯罪側の攻撃者がオンラインバンキングを狙うといった、リアルとサイバーの犯罪の境界線が薄れ、攻撃の数が増大すると思われます。カスペルス

キーではインターポールおよび国内の法執行機関への支援と連携の強化によって、攻撃者の活動を抑制すると同時に、CSR活動を通じたインターネットリテラシーの向上に努め、免疫力の高い社会づ

くりに貢献してまいります。


■光回線のFVNOサービスのさらなる拡充

インターネットイニシアティブ
代表取締役社長 勝 栄二郎

 昨年、IIJグループは、企業のグローバル化に伴う海外拠点での需要に応えるべく、クラウドサービスの国際展開に注力してきました。2014年3月のシンガポールでのサービス開始により、クラウ

ドサービスの世界5極展開(日本、米国、欧州、中国、東南アジア)が完成し、日本と同等品質のサービスを世界の主要地域で提供することができるようになりました。

 今年はそれらを土台に展開していくことになりますが、新たな取り組みとして成長著しいASEAN諸国を中心に、現地有力パートナーとの相互利益をめざした合弁事業モデルにより市場参入を進めて

まいります。
グッチ iphoneカバー
 まずはその先駆けとして、今春、インドネシアでクラウドサービスを開始し、併せて各地においても同様のクラウドサービスを提供していきたいと思います。

 国内のクラウドビジネスにおきましても、SAPやマイクロソフト等のパートナーとともに、これからますます利用が拡大していくエンタープライズ領域およびマルチクラウドに対応したサービスを

提供してまいります。

 また、昨年はMVNOとして展開しているモバイルビジネスが大きく躍進いたしました。特に個人向けのモバイルサービスにおいては、SIMフリー版iPhone6の発売、総務省のSIMロック解除への積極的

な動きなどを追い風に、大幅に契約数を伸ばしています。

 今年は、光回線のFVNOサービスなど個人向けサービスのさらなる拡充と販売チャネルの拡大を進めてまいります。法人向けでは、IoT/M2Mの発展にともない需要が高まるMVNE事業について、クラウ

ドサービスからシステムインテグレーション、ネットワーク運用までをトータルに提供するIIJの競争優位性を発揮できる分野として、引き続き注力してまいります。

iPhone6 シャネル
■グループ企業との連携でユーザーへ最適な提案を

EMCジャパン
代表取締役社長 大塚俊彦
シャネルiphone6 ケース。。
 2015年、EMCジャパンは、「ハイブリッド クラウド」、「ビッグデータ/データレイク」、「フラッシュ」の3つの重点分野を中心に引き続き革新的な製品をご提供し、お客様の「第二のプラット

フォーム」をご支援していくとともに、「第三のプラットフォーム」の実現へ向けたご提案をしてまいります。

 また、こうした急速な環境変化に迅速に対応しお客様の期待にお応えできるよう、EMCジャパン自身の役割をRedefine(新定義)し、活動を推進していきます。お客様、パートナー様とのさらなる

関係強化はもとより、グローバルEMCの総力を結集してお客様のご支援を強化してまいります。

 これらに加えて、重要なキーワードとなるのがEMCグループの「フェデレーション(連携)」です。ヴイエムウェア、Pivotalジャパンの各グループ企業、さらにはパートナー企業様と密に連携し

、お客様のご要望に対応した最適な提案を行ってまいります。本連載の年末恒例企画として、昨年と一昨年は「その年のタブレットを振り返る」というテーマでコラムを執筆してきた。しかし今年

は編集部から「2014年の“PCとスマートデバイスをまとめて振り返る”というテーマでどうでしょう?」と打診が来た。このテーマを変更した原稿依頼そのものが、今年のタブレット端末の状況を

示しているのかもしれない。

【そのほかの画像】グッチ iPhone 6ケース。。
 日本市場においてタブレットが急に売れなくなったとか、まったく伸びていないという話ではない。欧米、とりわけ米国市場では必要な人に行き渡った印象はあるが、日本はそこまで爆発的にタ

ブレットの利用が進まなかった。その理由は諸説あるも、いまだによく分からない。

 一方でスマートフォンの大型化によるタブレットとのクロスオーバー、小型Windowsタブレットの充実、低価格Androidタブレットがこなれてきたことなど、「タブレットとはこういう製品である

」といったカテゴリの分類そのものが、危ういものになってきた。

 どのタブレットも主要な目的を達するための機能や性能による差が大きいと言うよりは、「ユーザー体験」の質が大きく異なるのに、すべてを同じタブレットという分野でくくるのは難しく、利

用者の裾野が広がることを阻害するかもしれない。例えば、iPad、Windowsタブレット、Androidタブレットの3つを厳密に見ると、同じジャンルの製品としては捉えられないのだ。

 本誌の1つの役割が、パーソナルなコンピュータを購入したい消費者が、新たに購入したいコンピュータ製品を選ぶためのヒントを提供することとするならば、これらを「タブレット」「PC」「ス

マホ」と単純に分類するのではなく、ユーザー体験ベースでジャンルレスに製品トレンドを捉える必要も出てくる。

 そんなことを考えつつ、2014年のPCとスマートデバイスを振り返ってみたい。

●実用品と嗜好品の狭間であえいでいたWindows

 スマートフォンとタブレットの急速な一般化の中で、(従来からのパーソナルコンピュータという意味での)PCはその存在感を失ってきた……というのが、ここ数年で語られる定番のストーリー

だった。しかしこの論旨には以前から疑問がある。スマートフォンもタブレットも、それぞれに便利な道具ではあるが、PCが持つ本質的な価値を代替するものではないからだ。

 PCの価値とは、やや大げさに言うならば、人間がその知性によって発揮する創造性、何かを達成するためのアイデアを、より高めるための万能性の高い道具だと思う。もちろん、スマートフォン

やタブレットを、そうした目的で簡易的に使うことも可能だし、創造性をサポートするためのアプリも作ることは可能だろう。しかし、スマートデバイスは基本的にアプリケーションサービスを享

受する、受け身で使う機器だ。

 かつてのPCはインターネット文化の最先端を切り開いてきたデバイスとして、最新のコンテンツ、最新のサービスを最良の状態で受けられるという価値を提供し、利用者もそれを支持してきた。

 ところがインターネットを通じたサービスコミュニティの規模が大きくなり、スマートデバイスによって手軽にサービスへの窓を持てるようになると、使いこなしが必要な道具よりも、受け身で

使えるスマートデバイスへと気持ちが傾く人が増えた。これがスマートフォン、タブレットが登場してから、コンシューマー市場でのPCがダメになると言われてきた本質なのだと思う。
iPhone6 エルメス。。
 しかし、「PCという道具」を使いこなしてきた世代に関して言えば、スマートデバイスが流行して以降も道具としてのPCを重視していたり、一度、PCから離れた人でも結局、道具としてのPCに回

帰している例も少なくないのではないだろうか。むしろ問題は世代間のギャップにある。

 例えば「若年層のPC離れ」といった数字がいくつも出てきているが、今どきは小学校からPC教育が導入されており、学習の現場でもPCは不可欠なものだ。もちろん就職してからも、PCを道具とし

て使う職業は多い。

 有効な統計数値を持ち合わせていないが、「PCを使う」という原体験がスマートデバイスの流行後に減っているわけではない……と思うのだ。しかし、「嗜好(しこう)品、あるいは趣味の道具

として使われるPC」に触れる機会は、どんどん減っているだろう。

 彼らにとっては、スマートデバイスがネットコミュニティやデジタルコンテンツとの接点として、ライフスタイルに寄り添うようにして存在している。その一方で、PCは学習のため、リポート作

成のため、あるいは何かの作業を完遂させるための道具になっている。嗜好品として、趣味の道具としてPCを楽しんでいなければ、スマートデバイスとPCのいずれもが「ライフスタイルを彩るコン

ピュータ」と訴求しても、必然的に後者への注目は後退してしまう。

 では、もっと趣味としてのPCを盛り上げられないかと考えたとしても、そもそもPCの成り立ちが「エンターテインメント」とは真逆から来ている。その後、PCのパフォーマンスが向上すると、そ

の柔軟性やインターネットとの接続性が生かされ、新たなエンターテインメントが生まれる発信源にはなっていたが、PCという商品そのものは「大多数の受け身の消費者」には向いていない。それ

に、PCという産業全体を支えているのが、企業システムとそこにつながる多くの仕事用PCであることは明らかだ。

 前振りが長くなったが、ここに至って「iPad」の登場によって起きた世界的タブレットブームが落ち着き始めているのに、さほどPCが巻き返すことができなかった理由は、実用品であり企業シス

テムの一部でもあるPCのプラットフォームを支えるWindowsと、スマートデバイスへとその目が向いてしまったコンシューマーの狭間(はざま)で、適切な対応を取り切れていなかったMicrosoftの

影響が大きかっただろう。
6Plusケースルイヴィトン
 しかし2014年、Microsoftは米国本社の経営者交代とともに「変われる」ことを示した。よい結果がこの後に待っていると断言するのは時期尚早だが、iPad登場以降の迷走は止まったと思う。

●新CEOが率いるMicrosoftは何が変わったのか?

 経営者が変化すると企業は変化するものだ。ビル?ゲイツとスティーブ?バルマー。癖の強い2人の経営者が退いてから、本当にMicrosoftはうまく立ち回れるのかと注目が集まったが、新CEOのサテ

ィア?ナデラ氏は、実に上手に立ち回っているように見える。
超人気iphoneケース。。
 バルマー時代、Microsoftのライバルが登場する度、WindowsあるいはOfficeといった同社が強みを持つソフトウェアプラットフォームを武器に、それに対抗するための開発を進めてきた。

 世の中でiPadが急速に広がり始めると、WindowsをARMプロセッサ向けに移植してみたり、タッチパネル対応、タブレットに最適化をしてみたり、といった対応は、振り返ってみると戦略的な意図

よりは、場当たり的にその時々の何かに対応しようとしただけに思える。

 ところが、ナデラ氏は単純に「スマホの時代になった」「タブレットが流行している」といった現象面だけを見て事業戦略を練るのではなく、ライバルの本質的な強みとは何かを意識した上で事

業運営するようになった。

 例えばMicrosoftは、一定条件を下回るスペックの端末に対するWindowsライセンスを無料化した(これにはWindows Phoneも含まれる)。Windowsのライセンスフィーが大きな収益源になっている

にも関わらず無償化した理由は、アプリやコンテンツの流通エコシステムがプラットフォームを活性化させるからだ。Appleはそこを強みにしている。

 Microsoftはスマートフォン、タブレット、PC、Xboxと幅広いデバイスカテゴリ向けのアプリ開発スキームをそろえた上で、製品単価が安い、あるいは競争の激しい分野に関してライセンスを徴収

しないことで普及を加速させようとしたわけだ。残念ながら、スマートフォン分野はうまくいっていないが、小型の低価格Windowsタブレットが増えていることで、一定の効果は現れているように見

える。

 その一方で、MicrosoftはWindowsを特定のテクノロジートレンドに寄り添わせるのではなく、適応幅の広いプラットフォームになるよう配慮し始めたように思う。とりわけWindows 10にはそうし

た意思が感じられる。
iPhone6ケース シャネル風。。
 Windows 10は、これまでの「タブレットへの歩み寄り」を無理矢理進める路線から、デスクトップUIを中心とした従来型ユーザーインタフェースへの回帰に注目が集まっている。Windowsストアア

プリがウィンドウ動作可能になり、スタートメニューが復活するなど、Windows 8以降の取り組みと伝統的なPCユーザーが好むユーザーインタフェースを融合しようと腐心している。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seysbe
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eybxe/index1_0.rdf