伝統的な漆工芸の素材をiPhoneケースに

March 12 [Thu], 2015, 12:15

ルイヴィトン iphone6ケース携帯ケース


【商品名】:ルイヴィトン iphone6ケース 4.7インチ アイフォン6カバー ブランド iphone6 plusケース 人気 ビジネス風


【対応機種】: iphone6 iphone6 plus


【ご注意】:


●新品未使用商品ですが、海外工場での大量生産品となりますので、製品や箱の細かい傷や汚れなどがある場合がございますがクレーム対象外とさせていただきます。 気

にされる方は、トラブル防止のためご入札をご遠慮ください。


●製品の仕様、付属品等は予告なく変更する場合がございます。


●在庫は常に変動してますので落札のタイミングにより商品が在庫切れの為ご注文をお受けできない場合もありますので予めご了承ください。


●お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい。


ロア?インターナショナルは、キルティングによってクロコ柄を描いたZENUSブランドのiPhone 6/6 Plus用ケース「Croco Quilting(クロコキルティング)」シリーズの販売を開

始した。価格は4,601円より。ZENUS日本ウェブサイトから購入可能となっている。

【もっとほかの写真をみる】

「Croco Quilting Bar(クロコキルティングバー)」は、合成皮革にキルティングでクロコ柄を描いたバータイプのiPhone 6/6 Plus用ケース。革ではめ枠を密着して包みこむ

ZENUSの独自技術「レザーラッピング技術」で成型されている。本体内側のグリーンの部分はデニムのような質感の仕上がりになっている。カラーはブラウン、ワイン、ブラッ

クの3色を用意。価格はiPhone 6用が4,601円、iPhone 6 Plus用は5,249円。
グッチ iPhone ケース
「Croco Quilting Diary(クロコキルティングダイアリー)」は、合成皮革にキルティングでクロコ柄を描いた手帳型のiPhone 6/6 Plus用ケース。iPhoneを格納するフレーム部

分はポリカーボネートを使用している。前面カバー上部にはスピーカーホールが装備されており、カバーを閉じたままでも通話ができる。本体内側のグリーンの部分はデニム

のような質感の仕上がりになっており、ポケットを装備することで、ICカードや紙幣を収納できるようになっている。開閉は留め具なしのフリップ式。。カラーはブラウン、

ワイン、ブラックの3色を用意。価格はiPhone 6用が5,249円、iPhone 6 Plus用は5,940円。 プレアデスシステムデザインは、3月10日にBigben Interactive(ビッグベン イ

ンタラクティブ)のブランド「Christian Lacroix(クリスチャン?ラクロワ)」からiPhone 6向けフォリオケース「Christian Lacroix Paseo Collection Folio Case for

iPhone 6」を発売した。予想実売価格は4700円(税別)。

【他の画像】

 本製品は、ロゴのモチーフとなったパセオ模様をケース全体にエンボス加工し、カバー内側には、カードを収納できるインナーポケットを搭載。素材に高級感あるPUレザー

を採用し、黒と白をミックスしたエラスティックバンドでフロントカバーを固定できる。スマートフォンを使ってから、端末を破損させる頻度が上がったという人は多いので

はないだろうか。その原因の1つが、ディスプレイのガラスを割ってしまうことだろう。特に「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」はガラスがカーブしていてむき出しの状態にな

っているので、端末を落としたときにガラスが割れるリスクが高い。
最新シャネルiphone6 ケース

 そこでオススメしたいのが、Spigenが販売しているiPhone 6/6 Plus向けの強化ガラスフィルム「フルカバーGLAS」だ。価格はiPhone 6向けが3690円(税込)、iPhone 6

Plus向けが3890円(税込)。Amazonや楽天市場で購入できる。

 フルカバーGLASは、iPhoneの曲面ディスプレイに最適化されたガラスフィルム。ナイフや鍵でこすっても傷が付かない9Hの硬度を持っているほか、飛散防止加工により、万

が一フルカバーGLASが破損しても、ガラスが飛び散ることはないという。撥油(はつゆ)加工処理も施しているので、油分や化粧品などのオイル成分の汚れが付着しにくいと

いう特徴も持つ。

 現物を入手したので、さっそくiPhone 6に装着してみた。フルカバーGLASはiPhoneの元のデザインを損なわないよう、前面がブラックとホワイトのバージョンを用意してい

る。シルバーとゴールドはホワイト、スペースグレイはブラックを使えばいい。現在はホワイトのみが販売中で、ブラックは近日発売される予定。
エルメスiphone6ケース
 まずは手をきれいに洗ったあと、付属のウェットクリーナーでディスプレイ表面を拭いてキレイにしておこう。貼り付ける際は、保護フィルムの両端にある羽を広げ、その

裏側(Backのシールが貼ってある部分)に付いている2枚のフィルムを順番にはがしていく。続いて、先ほど広げた羽の部分を両手でつまみながら、iPhoneの前面に位置を合わ

せていこう。

 このとき、iPhoneのレシーバーやインカメラ、ホームボタンが少しでも隠れないよう正確にフィルムを重ねていく。もしずれてしまったら、うまく調整して貼り直したい(

貼り直しは推奨されないが)。特にインカメラは少しでもずれていると、カメラ起動時にボヤッとしたものが端に映り込むので、貼り付け直後に確認したい。

 問題なく重ね合わせたら、ディスプレイの中央部分を押すと、自然に貼り付いていく。そのあと表の保護フィルムをはがせばOK。気泡が残っている場合は、付属のスクイー

ジで押しながら、中央から外側に向けて移動させると、取り除ける。微細な気泡なら、1〜2日ほどで消える場合が多いとのこと。

 “フルカバーGLAS”という製品名だが、実際はiPhoneのカバーガラス全面を覆うわけでない。これは、ケースを併用する際に邪魔にならないようにするためで、曲面部分に1

ミリほどのスペースが設けられている。また、フィルムのフチにはラウンド加工が施されており、違和感なく曲面ガラスに溶け込んでいる。一方、この隙間にわずかなホコリ

がたまってしまうので、気になる人は、Spigen製ケースの併用をおすすめしたい(他社のケースだとホコリが入る恐れがあるので要注意)。といっても、横からのぞき込まな

ければホコリは気にならないレベルなので、iPhoneを裸で使いたい人でも問題ないと思う。なお、「タフ?アーマーFX」や「ウルトラ?ハイブリッドFX」など、曲面ガラス部分

も覆うケースとは互換性がない(フルカバーGLASを付ける意味がなくなってしまう)。

 ホームボタンにはやや段差ができるが、特に違和感なく使え、指紋も問題なく認証できた。気になるタッチパネルの応答性は、こちらもフィルム貼り付け前と比べて違和感

を覚えることはなかった。視認性も良好で、普段使いで“フィルムが貼られていること”を意識することはない。
6Plusケースシャネル
 「iPhone 6/6 Plusの曲面ガラスにフィットするフィルムが欲しい」「ケースとフィルムを併用したい」という人は、ぜひフルカバーGLASをチェックしてみてはいかがだろ

うか。
すっかり春めいてきた今日この頃。iPhoneケースも春らしく衣替えしてみませんか? 毎日欠かさず使うものだから、ファッションアイテムとして季節感に気を使ったっていい

ですよね。形は同じでも、色や質感でイメージがガラッと変わるし、気分も変わるもの。今回は、一味違った素材感のiPhone 6用「ikins 天然貝ケース」をご紹介します。

【もっとほかの写真をみる】

○伝統的な漆工芸の素材をiPhoneケースに

ロア?インターナショナルが提供するikins(アイキンス)ブランドの「ikins 天然貝ケース」は、天然の貝殻を使った独特の色合いが特長のケースです。貝殻といってもアサリ

やハマグリのような模様が埋め込まれているわけではなく、アワビや夜光貝の内側に見られる虹色の光沢をもった真珠質という部分を薄くはがしたもの。漆器の装飾技法であ

る「螺鈿(らでん)」といわれる細工に用いられる材料です。

螺鈿とは、この素材を漆地や木地に嵌め込み、研ぎ出すことで、絵柄や模様の一部として用いる方法です。元々は中近東に起源を持ち、シルクロードを伝わって14世紀頃に中

国に伝えられたと言います。日本には奈良時代に唐からもたらされ、有名なものでは正倉院の螺鈿紫檀五弦琵琶や平泉中尊寺の須弥壇などの他、国宝?重要文化財の工芸品にも

多く用いられています。最近ではテープやシート状の材料に加工され、アクセサリーや手作りルアーといった現代の工芸にも活用されています。
シリコンiPhoneケース
この素材をiPhoneケースに取り入れたのが「ikins 天然貝ケース」です。天然素材を使っているため、個体によってそれぞれ表情が異なるのも魅力のひとつ。蛍光灯、白熱灯

、自然光など、光源によっても様々な色合いを楽しむことができます。iPhone 6用は、素材の上にモダンなグラフィックを重ねた8種類のデザインをラインナップ。ケース側面

と背面を覆うのは丈夫なポリカーボネート素材でケースとしての安心感も十分です。フレームは各柄ブラックとホワイトがあり、全16パターン。シンプルなフォルムだけに、

個性的な輝きを持つ素材感が目を引きます。

○センスとコンセプトで選ぶ、こだわりのグラフィック

背面のグラフィックはどれも幾何学的なフォルムをモチーフに、異なるコンセプトで個性を表現しています。同じ素材も見せ方次第で様々な表情が見えてきます。

Mondrian(モンドリアン)
一番人気は縦横の線と三色の色面が力強く交差する「Mondrian」です。アートやデザインが好きな方なら一目見てピンとくる、ピエト?モンドリアンの作品をオマージュしたも

の。貝の素材感が色面を表情豊かに見せてくれます。

Rainbow(レインボー)
濃淡様々な色の縦縞が入っているのは「Rainbow」。白い砂浜と青い空、そこにかかる虹をイメージしたというデザインです。虹色に輝く天然貝素材は、まさにその表現にピッ

タリです。
シャネルiphone6ケース
Equator(イクウェイター)
こちらは横縞の「Equator」です。Equatorとは赤道のこと。中央に走る赤い線が赤道を意味し、濃淡?太さ様々な青いラインは海を示します。シンプルに見えてアーティスティ

ックなコンセプトのデザインです。

Pyramid(ピラミッド)
モノトーンで大小の正三角形を組み合わせた、幾何学パターンデザインの「Pyramid」。ハッキリした黒を用いることで、天然貝素材の虹色がより強調されて見えます。シンプ

ルですが意外に主張の強い、ファッショナブルなデザインです。

Cube(キューブ)
黒とグレー、貝の地色を組み合わせ、立体感ある形状を表現した「Cube」。3色の組み合わせが不思議な奥行き感を見せてくれます。スペースグレイのiPhoneと合わせるのが一

押し。クールで知的な印象です。

WaterFlower(ウォーターフラワー)
水面に映る花びらのような、透明感ある色の重なりが表現された「WaterFlower」。爽やかなパステルトーンに、天然貝が角度によって様々な表情を加え、奥深い色合いを見せ

ます。

iPhone6ケース
「Mosaic」は、規則正しい縦?横?斜めの線が描きだす形状をカラフルに彩った色紙のようなデザインです。柔らく落ち着きある色合いが、角度によってパッと輝いて見える、

隠れた華やかさが魅力です。

Artist(アーティスト)
天然貝のキラキラ感をめいっぱい楽しめるのが「Artist」。図面のような縦?横?斜めのカラフルなラインがキラキラの貝の上に載った、浮遊感あるデザインです。
iphone6ケース
「ikins 天然貝ケース」は、誰にでも使いやすいシンプルな背面カバー型。さらに男性でも女性でも使えるデザインが多いので、プレゼントのアイテムとしてもおススメです

。相手はどのグラフィックが好きそうか、選択はあなたのセンスの見せどころ。ホワイトデーのお返しに迷っている男性のみなさん、いかがですか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seybse
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eybsev/index1_0.rdf