"【子宮内膜症】◇セ・・⇒" 

December 01 [Sat], 2012, 4:19
"初期の内膜症の大切なポイントは次の2点です。
1.月経痛……月経の開始直後の1〜2時間にある下腹痛または腰痛
2.性交痛……体位によって、隆の奥の方で感じる、壁にあたるような不快感や鈍痛

・月経痛
内膜症による月経痛は、月経の開始時期と密接な関係があります。このほかに月経前期症状群聯(または月経前期緊張症)と呼ばれる状態のときにも月経痛があります。その場合は、月経の始まる数日前からすでに下腹痛や胸痛をはじめ、頭重感、めまいなどがあります。下腹痛は月経が始まってからも2〜3日の間は続きます。2日も3日も寝込むような月経困難症は、こちらの場合の方に多いのです。
月経の前から、塩分の多い食事を減らし、汗をかくような運動をしたり、ゆっくり入浴すると楽になります。

やはり夫婦がひとつの単位@
受精卵ができさえすれば妊娠できる、と考えている人がまだまだ多いようです。
検査の結果、「少し精子の数が少ないようです」と診断されると、自分自身の問題をまったく考えない女性が多いようです。
しかし、妊娠の過程は、そのほとんどが女性側の手に委ねられているのです。
ご夫婦両方にいくらかずつ問題がある組み合わせは、一般に少なくありません。男性側に相当な問題があっても、女性側がご自分にある問題を積極的に解決しようとされる姿勢さえあれば、一見絶望的と考えられるケースで妊娠することも稀ではないのです。
最近も、ご主人の精子濃度が終始300万程度であった妊娠例がありまじた。女性側にも子宮内膜機能不全があり、初期の子宮内膜症も認められました。内臓下垂体型の弱々しく見える婦人でしたが、7年の不妊のあと、通院3ヵ月目に妊娠されたのです。私の指導に正しく耳を傾けてくださっている姿が印象的な方でした。" ゆうゆうの勉強部屋
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ey7k9inh
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる