キタリスだけど岩元

May 07 [Sat], 2016, 11:15
いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。ですので、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外に何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分を参考に、総合サプリを選んでみることをおススメします。今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省によって勧告されています。葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんに悪影響が無いように、天然素材の葉酸サプリメントにすることがポイントです。胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いでしょう。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。例えば、フルーツでは、イチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと有名です。または、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのも問題ありません。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜の野菜に多く含まれています。妊娠が発覚してから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、胎児の先天異常を発症させにくくするという報告があります。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって大変重要な栄養素の一つです。それでは、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、胎児に葉酸が不足した場合、先天的な障害を発症しやすくなると言われているそうです。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてください。妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、ピジョンが発売している葉酸サプリです。ピジョンの葉酸サプリは数種類の葉酸サプリが売られていますが、殆どの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。これを利用すれば、いちいち複数のサプリを服用しなくても良くなりますし、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。管理も楽なので、おススメです。ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、日本の行政機関である厚生労働省も妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿とか汗で流出します。そのため、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、指示された分量と用法を守ってください。実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリを飲むときには、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を25種類前後入っているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。ですから妊活中の女性も今から飲んでおくと安心です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイゴ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる