中国大連オフショア開発

March 06 [Tue], 2012, 11:49
中国オフショア開発の最大都市は、大連

人件費や賃料の安さ

人件費については、日本に比べると7割ほど安いです。上海や北京と比較しても3割ほど安い水準です。ここ数年は年率数%のペースで人件費は上昇していますが、まだ人件費の安さは利点として訴求できます。

賃料については、1平方メートル当たり月1.5〜1.8元が相場になります。上海中心部のオフィス賃料は月額8元ほどであり、上海に比べ大連は4分の1以下の水準です。
人材の質の高さと豊富さにある

大連には22の大学があり、およそ30万人が学ぶ。理工系でいえば、中国でもトップクラスの大連理工大学があります。大連理工大学だけでも、学生数は約3万5000人になります。オフショア開発拠点を構えるITベンダーが独自に設立した大学もあります。

大連市政府はIT関連企業の誘致には積極的で、法人税をはじめ五項目程の優遇措置を採っています。ただし、優遇措置を受けられるのは会社設立の翌年からになります。 他都市と比較して家賃や人件費が安く、日本語人材も豊富なことが大連の有利な点です。大連では理工系の大学でも日本語教育に力を入れていますから、IT系の日本語人材の確保も比較的に容易です。また、日本独資の会社設立も難しくありません。最低資本金は10万元です。 日本側で営業をされて、中国にアウトソースする形での中国進出なら、IT関連企業の大連進出は何の問題もありません。

expresschinaへのお問い合わせ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エクスプレス中国
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる