Z33 クラッチ交換

November 23 [Wed], 2016, 13:46
Z33はなんでプッシュ式クラッチシステムにしたのかな

トルクが高かったり、パワーが上がる車はたいていプル式なのだが・・・・

さっそくクラッチ交換と行きましょう。




Vバンクなのでフロントパイプ(触媒)がダブルでトルクを出すために1つに集合させています。

触媒をスポーツ触媒にすることでパワーもあがりますよ^^

先に中間パイプを取り外します。



するとプロペラシャフトが見えますので、ステー類と共に外していきます。

すこーし錆が出てきています。 これは車検時に下回りを綺麗にしていないかもね・・・!

シャーシブラック等でメンバー類を塗装してあげることをオススメするかな^




ミッションを下ろすには何かと取り外しするパートが存在します。

Z33は少し多いようです。



ミッションを下ろしていきます。 取り付けボルトのかたいこと・・・・ 工具壊れそう・・・・

アルミブロックなので、ピッチが粗いものを使用しているのことも原因かな。

積むときは焼きつき防止剤を塗ろう。



これがノーマルカバーです。

コストがかかっているなぁ!!  だから高いんだな。




今回は、エクセディのカバーとディスクのみ交換となりますのでフライホイールはそのまま

純正を再使用します。 そこで、点検をして大丈夫ならそのまま使用します。



問題はまったくありませんでしたので!良かった良かった^^

次に純正はどのぐらい消耗していたのだろうか



プレートに穴が掘ってあり、リベットが見えています。

このリベット部がプレート上面の面にくればクラッチは滑ります。

ってことで、この状態はまだ滑ってはいなかったと推測します。



今回はこの状態でクラッチを交換することで、フライホイールに傷が入っていなかったことに
なります。 時期的に 正解ですね^^



さて、エクセディのクラッチディスクを取り付けします。 日産専用クラッチセンター出しを用いて

取りつけします。



続いて、クラッチカバーも取り付けします。  純正と違って昔からあるオーソドックスな
作りのカバーでした。 

純正より値段が安いのが判明しました。




さて次は、ミッション側での作業となります。

クラッチ交換の際は必ずレリーズベアリングを交換します。
交換には、プレス機を用いて圧入作業です。



レリーズベアリングとクラッチホークを切り離しし、プレス機へ・・・




圧入作業中




純正のピポットボールを新品に交換しておきます。

まれに、折れることがあるので念には念をって感じかな。

強化クラッチなど、カバーの圧着を上げるとピポットに負担が増加し、最悪は

折れてしまい、クラッチが切れなくなるトラブルが・・・・




あとは逆の順序で組んでいくだけです。



ミッションを積みます。 あと少しだ^^   頑張れ^^^^^^^^^

っと自分に語りかけたりなんかして・・・・



Z32のフェアレディより簡単なのが良いかな^^ 

って言うか、Z32の場合はボルトが折れたりするので、手間を取られる作業が入るだけかな・・・



完成間近!

今日は寒いな!


完成。    あとは室内でシフト類を取り付けて、テスト走行。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:管理人D
  • 性別:男性
  • 現住所:兵庫県
  • 趣味:
    ・チューニング-チューニングマシーン製作
    ・一般整備
読者になる
EXPERT
Murata Motor Factory
豊富なノウハウで安心したカーライフをお約束します お気軽に遊びに来てくださいネ
http://www.expert-d.com
にほんブログ村 車ブログ 走り屋(車)へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/expert-d/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ