2016年07月06日のつぶやき

July 07 [Thu], 2016, 0:00
  • ルイ・ヴィトン | LOUIS VUITTONのブランドヒストリー | ルイ・ヴィトン 腕時計 https://t.co/OxcqmeoOk3 #jugem_blog Posted at 12:53 PM
  • スーパーコピーブランドバッグ,コピーブランド財布,激安ブランドコピー,偽物ブランド財布,激安偽物バッグ / “スーパーブランドコピーバッグ激安通販-www.baghall.net” https://t.co/lBV9E4rLwM Posted at 12:24 PM
  • ブランドコピー財布スーパーコピー時計激安偽物バッグ通販 / “ブランドコピー財布スーパーコピー時計激安偽物バッグ通販-www.ilovinshop.com” https://t.co/dNXZhhQDbv Posted at 12:23 PM
  • ブランド腕時計 ブルーク 腕時計の基礎知識/入門 ムーブメント https://t.co/pIQVWgDwr2 Posted at 12:13 PM
  • アメブロを更新しました。 『ブランド腕時計 ブルーク 腕時計の基礎知識/入門 時計機能』 ⇒ https://t.co/RUa0BQhgbQ Posted at 12:10 PM
  • http://twitter.com/exsoftmall

ルイ・ヴィトン | LOUIS VUITTONのブランドヒストリー | ルイ・ヴィトン 腕時計

July 06 [Wed], 2016, 12:43


ラグジュアリーブランドとして不動の人気を築いているルイ・ヴィトン。ブランドとしての歴史は1854年に同氏が世界で初めての旅行鞄専門店をフランス・パリ市に創業したことに端を発する。1867年のパリ万博でメダルを受賞し、一躍、各国の王族からトランクの受注を受けるようになり、その名を広めた。ルイが亡くなる1892年にはハンドバッグも展開するようになり、その後は息子であるジョルジュ・ヴィトンが「ダミエ」や「モノグラム」を発表し、現在まで続く快進撃の礎を築くことになる。腕時計の製造に本格参入したのは1987年にモエ・ヘネシーと共に「LVMH(ルイ・ヴィトン、モエ、ヘネシーの頭文字)グループ」を組織しタグ・ホイヤー等、数々の時計ブランドも傘下に収めながら、スイスの有名時計生産地であるラ・ショー・ド・フォンに自社工場”オルロジェ ルイ・ヴィトン”を設立。そして2002年、満を持してヴィトン初の「タンブール」ウォッチを発売した。特徴的なドラム型ケースの周囲には”LOUIS VUITTON”の文字が刻まれ、裏蓋にもモノグラム柄を配し、往年のヴィトンファンをも感心させる名作となった。当初のムーブメントには、同グループ傘下・ゼニス社の名機「エル・プリメロ」を搭載していたが、2009年には自社ムーブメントも開発しマニュファクチュール化を達成。現在ではミニッツリピーターやトゥールビヨン等の複雑機構を搭載したハイスペックモデルもリリースするなど、時計の分野においても僅か十数年で飛躍的な発展を遂げている。



ルイ・ヴィトン | メンズ ブランド腕時計専門店高級ブランド時計の販売・買取を行っている通販サイトで。送料、ラッピング、サイズ調整等無料!ルイ・ヴィトンなら当店で!スーパーコピーブランドは業界最高級N級品のブランドコピー品激安通販専門店です。弊店はルイヴィトンコピーについて多くの製品の販売があります。

2015年12月19日のつぶやき

December 20 [Sun], 2015, 0:00

Windows 7 Ultimate アップグレード版 ウィンドウズ7アルティメット

December 19 [Sat], 2015, 14:11

Windows 7 Ultimate アップグレード版 ウィンドウズ7アルティメット


Windows 7 Ultimate アップグレード版 ウィンドウズ7アルティメット



あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディション。

Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。

ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。

そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

さらに、Ultimateでは、Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とWindows 7 Professionalのビジネス機能に加え、BitLockerとBitLocker To Go、AppLocker、ダイレクトアクセス、BranchCache、多言語機能(Webサイトから言語パックのダウンロードが必要)を搭載している。

アップグレード対象製品は、Windows XP/Vistaのすべてのエディション、購入されたPCにプレインストールまたはバンドルされているWindows XP/Vista製品。

【動作環境】
[windows]
対応OS: Windows 7
CPU: 1GHz以上 ※32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ
メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
メディア: DVD-ROM
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以降のドライバーで稼働するDirectX 9対応グラフィクスデバイスが必要 ※解像度によっては、ビデオを再生するために追加メモリや高速グラフィックスハードウェアが必要になる場合がある。
Windows Media Centerの一部の機能では、テレビチューナーと追加ハードウェアが必要になる場合がある。WindowsタッチおよびWindowsタブレットには、指定のハードウェアが必要。
ホームグループには、ネットワークおよび接続先となるWindows 7インストール済みPCが1台以上必要。
DVDまたはCDの作成には、互換性のある光ディスクドライブが必要。
BitLockerには、TPM1.2が必要。
BitLocker To Goには、USBフラッシュドライブが必要。音楽やサウンドにはオーディオ出力が必要。
Windows XPモードには、1GBの追加メモリ、15GBの追加空きディスク領域、ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー(Intel VTまたはAMD-Vが有効になっている場合)が必要



Windows 7 Ultimate アップグレード版 ウィンドウズ7アルティメット,パソコンソフト,価格,Windows 7,Ultimate,アップグレード,ウィンドウズ7,アルティメット

 


Windows 7 Professionalには、Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とともに、ドメイン参加や安心のデータ バックアップ機能を始めとするビジネス機能が備わっており、仕事でも家庭でもお使いいただけるエディションです。 

●Windows 7 Professional(プロフェッショナル)
「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」
・Windows XPモード機能搭載
・ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。
・暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。
・Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。

●Windows7 あなたとPCに、シンプルな毎日を
Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。



Windows 7 Professional SP1 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1 32ビット版・64ビット版同梱,パソコン,パソコンソフト,マイクロソフト,Microsoft,OS,7,Professional,ウィンドウズ7プロフェッショナル






あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディション

・Windows 7 のすべての機能を活用したい方
・ハード ディスク全体や USB メモリの暗号化機能など、より強固なセキュリティを求める方
・英語や中国語など、35 か国の言語に切り替えて使いたい方

【32bit動作環境】
CPU : 1GHz以上のプロセッサー
メモリ : 1GBのRAM
ハードディスク : ハードディスク上に16GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

【64bit動作環境】
CPU : 1GHz以上のプロセッサー
メモリ : 2GBのRAM
ハードディスク : ハードディスク上に20GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

※Windows XP モードには次のものが必要になります
メモリ : 1 GB の追加 RAM
ハードディスク : 15 GB の追加空きディスク領域
ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー (Intel VT または AMD-V が有効になっている場合) 



Windows 7 Ultimate ウィンドウズ7アルティメット 32ビット版DVD・64ビット版DVDメディア同梱,パソコン,パソコンソフト,マイクロソフト,Microsoft,OS,7,Windows,Ultimate,ウィンドウズ,アルティメット



 

2015年12月11日のつぶやき

December 12 [Sat], 2015, 0:00

Adobe Creative Suite 5 Production Premium win版 プロダクションプレミアム

December 11 [Fri], 2015, 11:37

Adobe Creative Suite 5 Production Premium win版 プロダクションプレミアム
【製品構成】
・Premiere Pro CS5
・After Effects CS5
・Photoshop CS5 Extended
・Illustrator CS5、Flash Catalyst CS5
・Flash Professional CS5
・Soundbooth CS5、OnLocation CS5
・Encore CS5
・Bridge CS5
・Device Central CS5
・Dynamic Link、BrowserLab
・CS Review
・SiteCatalystNetAverages
・Acrobat.com(Story)

多様な視聴環境に対応する魅力的な映像コンテンツを制作するプロダクションソリューション。
映像制作の全工程をスピードアップし、優れたテープレスワークフローを実現する。
また、新しいCS Liveオンラインサービスも導入されており、CS Liveオンラインサービスは、一定期間無償で利用が可能。

商品スペック
【動作環境】
プロセッサー : 64-bit対応CPU必須: インテル Pentium 4以上、またはAMD Athlon 64以上のプロセッサー(インテルCore 2 Duo以上、またはAMD Phenom II以上推奨); Adobe Premiere ProにはインテルCore 2 Duo以上、またはAMD Phenom ?彊幣紊?必要
OS:64-bit対応OSが必須:Microsoft WindowsVista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Service Pack 2を推奨)
Windows 7 日本語版
RAM : 2GB以上のRAM(4GB以上を推奨)
ハードディスク空き容量 : 16.3GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(外付けのフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
モニター : 1280x900以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1280x1024以上を推奨)
256MB以上のVRAMを搭載した16-bitカラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応のOpenGLグラフィックカード
グラフィックカード:Premiere Pro : GPUアクセラレーションを利用するには、アドビ認定のGPUカードが必要。
Photoshop : GPUアクセラレーションを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
Adobe Bridgeの一部の機能では64MB以上のVRAMを備えたDirectX 9対応のグラフィックカードが必要
ビデオキャプチャー & プレイバック : 圧縮されたビデオフォーマットの編集には7200RPMのハードディスクドライブ
非圧縮のビデオフォーマットの編集にはRAID 0でストライピングされたディスクアレイ
SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
DV およびHDVキャプチャ、テープへの書き出し、DVデバイスへの伝送用にOHCI IEEE 1394ポート
Microsoft WDM または ASIO 対応のサウンドカード
メディア : 2層式対応DVD-ROMドライブ(DVD作成には記録対応DVDドライブ、Blu-ray作成には記録対応Blu-rayドライブが必要)
その他 : Java Runtime Environment 1.5(32-bit)または1.6
マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.6.2
SWFファイルとして書き出されたDVDプロジェクトの再生にはAdobe Flash Player 10
オンラインサービスの利用にはブロードバンドインターネット接続が必要

Adobe Creative Suite 5 Production Premium win版 プロダクションプレミアム,パソコン,パソコンソフト,Adobe,CreativeSuiteクリエイティブスイート,Production Premium,プロダクションプレミアム,CS5,価格

Adobe Creative Suite 5 Web Premium Win版 ウェブプレミアム
【製品構成】
・Dreamweaver CS5
・Flash Catalyst CS5
・Flash Professional CS5
・Flash Builder 4 Standard
・Photoshop CS5 Extended
・Illustrator CS5
・Acrobat 9 Pro
・Fireworks CS5
・Contribute CS5
・Bridge CS5
・Device Central CS5
・BrowserLab
・CS Review
・SiteCatalystNetAverages
・Acrobat.com(Story)

Webサイトやアプリケーションを効率的にデザイン・開発するためのトータルソリューション。
標準規格に準拠したWebサイトや、リアリティ溢れるデジタル体験、リッチインターネットアプリケーションを実現するためのソリューションがすべて装備されている。

Adobe Creative Suite 5 Design Premium Win版 デザインプレミアム
【製品構成】
Photoshop CS5 Extended
Illustrator CS5
InDesign CS5
Flash Catalyst CS5
Flash Professional CS5
Dreamweaver CS5
Fireworks CS5
Acrobat 9 Pro
Bridge CS5
Device Central CS5
BrowserLab
CS Review
SiteCatalystNetAverages
Acrobat.com(Story)

プリント、Web、およびモバイルパブリッシングに必要なすべてのツールを備えた、クロスメディア対応のトータルデザイン環境。
クリエイティブツールにより、アイデアをすばやく印刷し、コードを記述することなくインタラクティブコンテンツを制作することが可能。
また、本製品をAdobe CS Liveオンラインサービスと連携することで、デザイン以外の重要な作業を効率化し、デザイン時間を最大限有効に活用することができる。
CS Liveオンラインサービスは、一定期間無償で利用可能。

Adobe Creative Suite 5 Master Collection Win版 マスターコレクション
【製品構成】
・Photoshop CS5 Extended
・Illustrator CS5
・InDesignCS5
・Acrobat 9 Pro
・Flash Catalyst CS5
・Flash Professional CS5
・Flash Builder 4 Standard
・Dreamweaver CS5
・Fireworks CS5
・Contribute CS5
・Premiere Pro CS5
・After Effects CS5
・Soundbooth CS5
・OnLocation CS5
・Encore CS5
・Bridge CS5
・Device Central CS5
・Dynamic Link、BrowserLab
・CS Review、SiteCatalystNetAverages
・Acrobat.com(Story)

様々なデザイン分野に対応できるアドビのクリエイティブツールがすべて揃ったトータルな制作環境。
イメージを自在に表現することができ、アプリケーション間でプロジェクトを簡単にやり取りして、印刷、Webおよびインタラクティブデザインに対応。
ビデオ制作に活用したり、モーショングラフィックスやエフェクトを作成することもできる。
さらに、新しいAdobe CS Liveオンラインサービスを利用すれば、さらに生産性が向上し、優れた作品のデザイン、効果的なコラボレーション、メディアの枠を超えた配布がトータルにサポートされる。
CS Liveオンラインサービスは、一定期間無償で利用可能。

Adobe(アドビ) CS5 Win版

2015年12月10日のつぶやき

December 11 [Fri], 2015, 0:00

2015年12月09日のつぶやき

December 10 [Thu], 2015, 0:00

2015年12月06日のつぶやき

December 07 [Mon], 2015, 0:00

2015年12月05日のつぶやき

December 06 [Sun], 2015, 0:00
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:exsoftmall.com
読者になる
日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/exofficesoft/index1_0.rdf