成功するビジネス;

June 21 [Fri], 2013, 21:13

製品の計画で、成功するものと失敗するものとの違いはなんでしょうか?

各企業の新製品の失敗率が驚くほど高いのは、市場のセグメンテーションを
間違えていることにも原因があります。 どの区分けにどの製品をブチ込むか?
それを、間違えている場合が、多いのです。

市場を新たに築くときには、その失敗するリスクが高いので、大阪では、まず
ホームページを作成して仕掛け、宣伝費を抑えて、リスクを軽減していくことが
肝要です。

ほとんどの企業が製作した、製品カテゴリーやお客の人口動態の観点から
市場を区分けすると、企業は得てしてお客とのつながりを見失ってしまいがちです。

本物のキラーアプリケーションは消費者が実現したいことを実現し、または簡単
にしてくれる製品なのです。

お客の行動を変化させる製品をつくるのではなく、彼らがやりたいことを支援する
製品とは、何か?を探るべきなのです。 お客の立場に立ってその行動を理解
しないと、製品計画そのものが、危うくなりるのです。

また、イノベーションを中心に据えて成長事業を遂行するときに重要な決定事項
は、自身で行う、行動する最適な行動範囲を決定することです。

つまり、どの部分を社内でおこない、どの部分を外部の会社に任せるか?
アウトソーシングするのかを判断することなのです。


そして、最重要なのは、会社が行動する範囲が、ジェネラルなのか? 先鋭化
された、スペシャリストになるべきかを見極めて、計画を進めることです。

製品が顧客のニーズをじゅうぶん満たすところまでいっていないと判断された
場合には、組織の包括化を考える必要があります。

>>> 良い屋根屋も紹介
>>> 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:exk111doh
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/exk111doh/index1_0.rdf