<収録作品は『鼻』などです> 芥川龍之介全集(第1巻)新版 [ 芥川龍之介 ](ショップ:楽天ブックス)

March 13 [Wed], 2013, 20:32


■目次
バルタザアル/大川の水/「ケルトの薄明」より/未来創刊号/老年/紫天鵞絨/桐/春の心臓/薔薇/青年と死と/客中恋/若人/クラリモンド/砂上遅日/ひょつとこ/松江印象記/羅生門/松浦一氏の「文学の本質」に就いて/鼻/編輯後に/孤独地獄/父/虱/酒虫/翡翠/校正後に/仙人/薄雪双紙/野呂松人形/芋粥/猿/創作/校正後に/手巾/出帆/ジアン、クリストフ


■青空文庫から『鼻』を一部抜粋
 禅智内供(ぜんちないぐ)の鼻と云えば、池(いけ)の尾(お)で知らない者はない。長さは五六寸あって上唇(うわくちびる)の上から顋(あご)の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば細長い腸詰(ちょうづ)めのような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。
 五十歳を越えた内供は、沙弥(しゃみ)の昔から、内道場供奉(ないどうじょうぐぶ)の職に陞(のぼ)った今日(こんにち)まで、内心では始終この鼻を苦に病んで来た。勿論(もちろん)表面では、今でもさほど気にならないような顔をしてすましている。これは専念に当来(とうらい)の浄土(じょうど)を渇仰(かつぎょう)すべき僧侶(そうりょ)の身で、鼻の心配をするのが悪いと思ったからばかりではない。それよりむしろ、自分で鼻を気にしていると云う事を、人に知られるのが嫌だったからである。内供は日常の談話の中に、鼻と云う語が出て来るのを何よりも惧(おそ)れていた。


■『鼻』などの著作権が切れている作品は青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読むことができます。



<収録作品は『猿』などです> 芥川龍之介全集(1) [ 芥川龍之介 ](ショップ:楽天ブックス)

February 14 [Thu], 2013, 22:45


■目次
老年/青年と死/ひょっとこ/仙人/羅生門/鼻/孤独地獄/父/虱/酒虫/野呂松人形/芋粥/猿/手巾/煙草と悪魔/煙管/MENSURA ZOILI/運/尾形了斎覚え書/道祖問答/忠義/貉/世之助の話/偸盗/さまよえる猶太人/二つの手紙


■青空文庫から『猿』を一部抜粋
 私が、遠洋航海をすませて、やつと半玉(はんぎよく)(軍艦では、候補生の事をかう云ふのです)の年期も終らうと云ふ時でした。私の乗つてゐたAが、横須賀へ入港してから、三日目の午後、彼是(かれこれ)三時頃でしたらう。勢よく例の上陸員整列の喇叭(らつぱ)が鳴つたのです。確、右舷が上陸する順番になつてゐたと思ひますが、それが皆、上甲板へ整列したと思ふと、今度は、突然、総員集合の喇叭が鳴りました。勿論、唯事(たゞごと)ではありません。何にも事情を知らない私たちは、艙口(ハツチ)を上りながら、互に「どうしたのだらう」と云ひ交はしました。
 さて、総員が集合して見ると、副長がかう云ふのです。「……本艦内で、近来、盗難に罹(かゝ)つた者が、二三ある。殊に、昨日、町の時計屋が来た際にも、銀側の懐中時計が二個、紛失したと云ふ事であるから、今日はこれから、総員の身体検査を行ひ、同時に所持品の検査も行ふ事にする。……」大体、こんな意味だつたと思ひます。時計屋の一件は、初耳(はつみゝ)ですが、盗難に罹つた者があるのは、僕たちも知つてゐました。何でも、兵曹が一人に水兵が二人で、皆、金をとられたと云ふ事です。
 身体検査ですから、勿論、皆、裸にさせられるのですが、幸、十月の始(はじめ)で、港内に浮んでゐる赤い浮標(ブイ)に日がかんかん照りつけるのを見ると、まだ、夏らしい気がする時分なので、これはさう大して苦にもならなかつたやうです。が、弱つたのは、上陸早々、遊びに行く気でゐた連中で、検査をされると、ポツケツトから春画が出る、サツクが出ると云ふ騒ぎでせう。顔を赤くして、もぢもぢしたつて、追付きません。何でも、二三人は、士官(オフイサア)に擲(なぐ)られたやうでした。


■『猿』などの著作権が切れている作品は青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読むことができます。

芥川龍之介全集(第6巻) [ 芥川龍之介 ](ショップ:楽天ブックス)

January 10 [Thu], 2013, 22:55


■目次
大須賀乙字氏を憶ふ/「我鬼窟日録」より/沼/東洋の秋/未定稿/秋/一つの作が出来上るまで/私の好きなロマンス中の女性/春草会詠章/大正九年四月の文壇/或敵打の話/黒衣聖母/女/素盞嗚尊/老いたる素盞嗚尊/骨董羹/骨董羹(削除分)/親し過ぎて書けない久米正雄の印象/中央文学の問に答ふ/近藤浩一路氏の事/短歌雑感/新富座劇評/南京の基督/杜氏春/槍ケ岳紀行/大正九年度文壇上半期決算/私の好きな自然/捨児/塵労/秀吉と神と/彼の長所十八/西洋画のやうな日本画/愛読書の印象


■青空文庫から『東洋の秋』を一部抜粋
 おれは日比谷公園を歩いてゐた。
 空には薄雲が重なり合つて、地平(ちへい)に近い樹々(きヾ)の上だけ、僅(わづか)にほの青い色を残してゐる。そのせゐか秋の木(こ)の間(ま)の路は、まだ夕暮が来ない内に、砂も、石も、枯草も、しつとりと濡れてゐるらしい。いや、路の右左に枝をさしかはせた篠懸(すずかけ)にも、露に洗はれたやうな薄明りが、やはり黄色い葉の一枚毎(ごと)にかすかな陰影を交(まじ)へながら、懶(ものう)げに漂(ただよ)つてゐるのである。


■青空文庫『一つの作が出来上るまで』を一部抜粋
 或る一つの作品を書かうと思つて、それが色々の径路を辿(たど)つてから出来上がる場合と、直ぐ初めの計画通りに書き上がる場合とがある。例へば最初は土瓶(どびん)を書かうと思つてゐて、それが何時(いつ)の間(ま)にか鉄瓶に出来上がることもあり、又初めから土瓶を書かうと思ふと土瓶がそのまま出来上がることもある。その土瓶にしても蔓(つる)を籐(とう)にしようと思つてゐたのが竹になつたりすることもある。私(わたし)の作品の名を上げて言へば「羅生門(らしやうもん)」などはその前者であり、今ここに話さうと思ふ「枯野抄(かれのせう)」「奉教人(ほうけうにん)の死」などはその後者である。


■青空文庫から『西洋画のやうな日本画』を一部抜粋
 中央美術社の展覧会へ行つた。
 行つて見ると三つの室に、七十何点かの画(ゑ)が並んでゐる。それが皆日本画である。しかし唯の日本画ぢやない。いづれも経営惨憺(けいえいさんたん)の余(よ)になつた、西洋画のやうな日本画である。まづ第一に絹や紙へ、日本絵具をなすりつけて、よくこれ程油絵じみた効果を与へる事が出来たものだと、その点に聊(いささか)敬意を表した。


『東洋の秋』、『一つの作が出来上るまで』、『西洋画のやうな日本画』など著作権が切れている作品は青空文庫でも読むことができます。

サンルーム 800EX(ショップ:毎日が元気 )

October 17 [Wed], 2012, 0:22


シリーズ全タイプの販売台数総計が20万台を超えているという人気のサンルームシリーズの2012年最新モデルが「サンルーム800EX」です。
サンルーム800EXは太陽光と同じ遠赤外線で部屋を暖める暖房器具です。
放射された遠赤外線が人体や部屋の壁・床などに吸収され、それらを内部から暖めながら輻射熱で室内を暖めます。
石油ストーブなどとは違ったやさしい暖かさは「日向ぼっこの暖かさ」と例えられたりもします。
運転モードは強(800W)、中(600W)、弱(400W)の3つがあります。
強・中・弱を調節しながら、タイマーで8時間の自動運転をしてくれる自動モードも搭載されています。
操作ボタンは強・中・弱ボタンと自動モードボタン、電源ボタンの合計5つのみなので簡単に使用することができます。
内部にはファンなどは付いていないので運転音は静かです。
遠赤外線で暖める燃焼しない暖房なので喚起は不要です。
安全装置として転倒時電源遮断装置と過熱防止装置が付いています。
次回入荷は2012年の10月下旬頃になっているそうです。

ゆるふわオーバーサイズ 横ケーブル編みドルマンスリーブシンプル ニット チュニック ワンピース(ショップ:ギャルスター(GALSTAR))

October 06 [Sat], 2012, 0:13


ヒップまで包んでくれる着丈のゆったりとしたニットワンピースです。
一見シンプルな無地に見えますが、いくつもの縫い目のようなラインが入っています。
袖はドルマンスリーブになっています。

サイズはMサイズのみの取扱で、以下が詳細な寸法です。
・着丈:約72cm
・襟ぐり幅:約32cm
・襟ぐり深さ:約11cm
・身幅:約70cm
・バスト:約140cm
・袖丈:約60cm
・袖口:約8cm
・裾幅:約38cm

素材はアクリル100%です。
生地には伸縮性があり、ホワイトのみ若干透け感があります。

カラーは以下の6種類があります。
色違いで複数買っても良いかもしれません。
・ブラック(標準的な黒)
・ホワイト(標準的な白)
・ベージュ(標準的なベージュ)
・グレー(標準的なグレー)
・バーガンディ(濃いレッド。)
・グリーン(くすみのあるグリーン)

このニットワンピはギャル服通販サイトのギャルスターの商品です。
商品は2012年10月20日ごろ入荷予定だそうで、現在予約受付中です。
秋冬にぴったりな商品だと思います。





P R
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/exciter/index1_0.rdf