1z0-062日本語再テスト、オラクル Database 12c: Installation and Administration (1z0-062日本語版)

March 03 [Thu], 2016, 17:49

1z0-062J学校 参考資料、1z0-062J学校お願いします) ○、私たちは最も新しくて1z0-062J学校難易度、自然言語をラムダ式で解釈 1z0-062J学校、1z0-062J学校の認定試験に合格することが必要になります、1z0-062J学校版 真実認定過去問、資料 1z0-062J学校 教育資料出題範囲、北米は二桁の1z0-062J学校増益が予想されている、1z0-062J学校 試験過去問参考書 技術試験、してなんの1z0-062J学校役に立つの、する人たちの1z0-062J学校日本語学習のための、1z0-062J学校 ソリューション 過去問題、「1z0-062J学校 認定資格試験参考書」の検索結果


1z0-062日本語再テストを利用するのは君の合格率を100%保証いたします。1z0-062日本語再テストは多種なIT認証試験を受ける方を正確な資料を提供者でございます。弊社の無料なサンプルを遠慮なくダウンロードしてください。


Oracle Database 12c: Installation and Administration


Exam Number: 1Z0-062 / 1Z0-062


Duration: 150 minutes


Associated Certifications: Oracle Database 12c Administrator Certified Associate , ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c (Available only in Japan)


Number of Questions: 95


Exam Product Version: Oracle Database 12c,


Passing Score: 67%


Exam Price: US$ 150


Validated Against:

This exam has been validated against Oracle Database 12.1.0.1.0.



format: Multiple Choice




Recommended Training



Practice Exams



TOPICS


Oracle Database Administration


Exploring the Oracle Database Architecture


  • List the architectural components of Oracle Database
  • Explain the memory structures
  • Describe the background processes
  • Explain the relationship between logical and physical storage structures


Oracle Database Management Tools


  • Use database management tools

Oracle Database Instance


  • Understand initialization parameter files
  • Start up and shut down an Oracle database instance
  • View the alert log and access dynamic performance views

Configuring the Oracle Network Environment


  • Configure Oracle Net Services
  • Use tools for configuring and managing the Oracle network
  • Configure client-side network
  • Configure communication between databases

Managing Database Storage Structures


  • Describe the storage of table row data in blocks
  • Create and manage tablespaces

Administering User Security


  • Create and manage database user accounts
  • Grant and revoke privileges
  • Create and manage roles
  • Create and manage profiles

Managing Space


  • Explain how Oracle database server automatically manages space
  • Save space by using compression
  • Proactively monitor and manage tablespace space usage
  • Use the Segment Advisor
  • Reclaim wasted space from tables and indexes by using the segment shrink functionality
  • Manage resumable space allocation

Managing Undo Data


  • Explain DML and undo data generation
  • Monitor and administer undo data
  • Describe the difference between undo data and redo data
  • Configure undo retention

Managing Data Concurrency


  • Describe the locking mechanism and how Oracle manages data concurrency
  • Monitor and resolve locking conflicts

Implementing Oracle Database Auditing


  • Explain DBA responsibilities for security and auditing
  • Enable standard database auditing and unified auditing

Backup and Recovery Concepts


  • Identify the importance of checkpoints, redo log files, and archive log files

Backup and Recovery Configuration


  • Configure the fast recovery area
  • Configure ARCHIVELOG mode

Performing Database Backups


  • Create consistent database backups
  • Back up your database without shutting it down
  • Create incremental backups
  • Automate database backups
  • Manage backups

Performing Database Recovery


  • Determine the need for performing recovery
  • Use Recovery Manager (RMAN) and the Data Recovery Advisor to perform recovery of the control file, redo log file and data file

Moving Data


  • Describe ways to move data
  • Use SQL*Loader to load data from a non-Oracle database
  • Use external tables to move data via platform-independent files
  • Explain the general architecture of Oracle Data Pump
  • Use Data Pump Export and Import to move data between Oracle databases

Performing Database Maintenance


  • Manage the Automatic Workload Repository (AWR)
  • Use the Automatic Database Diagnostic Monitor (ADDM)
  • Describe and use the advisory framework
  • Set alert thresholds
  • User server-generated alerts
  • Use automated tasks

Managing Performance


  • Use Automatic Memory Management
  • Use the Memory Advisor to size memory buffers


Managing Performance: SQL Tuning


  • Manage optimizer statistics
  • Use the SQL Tuning advisor
  • Use the SQL Access Advisor to tune a workload

Managing Resources Using Database Resource Manager


  • Configure the Database Resource Manager
  • Access and create resource plans
  • Monitor the Resource Manager

Automating Tasks by Using Oracle Scheduler


  • Use Oracle Scheduler to simplify management tasks
  • Use job chains to perform a series of related tasks
  • Use Scheduler jobs on remote systems
  • Use advanced Scheduler features to prioritize jobs

Installing, Upgrading and Patching the Oracle Database


Oracle Software Installation Basics


  • Plan for an Oracle Database software installation

Installing Oracle Grid Infrastructure for a Standalone Server


  • Configure storage for Oracle Automatic Storage Management (ASM)
  • Install Oracle Grid Infrastructure for a standalone server

Installing Oracle Database Software


  • Install the Oracle Database software

Creating an Oracle Database Using DBCA


  • Create a database by using the Database Configuration Assistant (DBCA)
  • Generate database creation scripts by using DBCA
  • Manage database design templates by using DBCA
  • Configure database options by using DBCA

Using Oracle Restart


  • Use Oracle Restart to manage components

Upgrading Oracle Database Software


  • Describe upgrade methods
  • Describe data migration methods
  • Describe the upgrade process

Preparing to Upgrade to Oracle Database 12c


  • Describe upgrade requirements when certain features or options are used in Oracle Database
  • Use the pre-upgrade information tool before performing an upgrade
  • Prepare the new Oracle home prior to performing an upgrade

Upgrading to Oracle Database 12c


  • Upgrade the database to Oracle Database 12c by using the Database Upgrade Assistant (DBUA)
  • Perform a manual upgrade to Oracle Database 12c by using scripts and tools

Performing Post-Upgrade Tasks


  • Migrate to unified auditing
  • Perform post-upgrade tasks


Migrating Data by Using Oracle Data Pump


  • Migrate data by using Oracle Data Pump

Pass4Testはあなたに素晴らしい資料を提供するだけでなく、良いサービスも提供してあげます。Pass4Testの試験1z0-062日本語再テストを購入したら、Pass4Testは無料で一年間のアップデートを提供します。すると、あなたがいつでも最新の1z0-062日本語再テストを持つことができます。それに、万一の場合、問題集を利用してからやはり試験に失敗すれば、Pass4Testは全額返金のことを約束します。こうすれば、まだ何を心配しているのですか。心配する必要がないでしょう。Pass4Testは自分の資料に十分な自信を持っていますから、あなたもPass4Testを信じたほうがいいです。あなたの1z0-062日本語再テストの成功のために、Pass4Testをミスしないでください。Pass4Testをミスすれば、あなたが成功するチャンスを見逃したということになります。


1z0-062日本語試験番号:1z0-062日本語
試験科目:「Oracle Database 12c: Installation and Administration (1z0-062日本語版)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2016-03-02
問題と解答:全166問 1z0-062日本語 試験感想

>> 1z0-062日本語 試験感想


 

NO.1 ユーザーは Oracle Net 接続を使用して 、 データベース? ゗ンスタンスへの接続を確立し
ます。次のことを確認したいです:
1. ユーザーゕゞ゙ントは 5 回ログ゗ンに失敗した後、ロックする必要があります。
2. セッションごとに読み取られたデータはユーザーのために制限されなければなりません。

NO.2 どの 2 つのステ ートメントは Oracle データベースの論理記憶域構造について真です
か。
A. ゛クステントは常にデゖスク上の物理的に連続しているデータ? ブロックが含まれてい
ます。
B. ゛クステントは複 数のセグメントにまたがることができます。
C. 各データブロック は常に 1 つのゝペレーテゖング? システム? ブ ロックに対応します。
D. 異なるブロックサ ゗ズのテーブルスペ ースを有することが可能です。
E. データブロックはデータフゔ゗ル内の I/O の最小単位です。
Answer: B,D

1z0-062日本語解答例   1z0-062日本語過去   
Reference: http://docs.oracle.com/cd/E11882_01 /server.112 /e40540/logical.htm#CNCPT250

NO.3 どの 3 つのステ ートメントはジョブ? チ゚ーンについて真ですか。
A. 依存関係ベースの スケジューリングを実現するために使用することができます。
B. 複数の依存関係を 持つことはできません。
C. チ゚ーン内の複数 のステップで同じプ ロ グラムまたはネスト し たチ゚ーンを起動す る こ
とはできません。
D. ジョブのネストされたチ゚ーンを含めることができます。
E. ゗ベントベースまたは時間ベースのスケジュールを使用して実行することができます。
Answer: A,D,E

1z0-062日本語資格問題集   
Reference:
http://docs.oracle.com/cd/B28359_01 /server.111 /b28310/scheduse009.htm#ADMIN12459

NO.4 ユーザーは 3 つ以 上の同時セッションを持つことはできません。

NO.5 ORCL データベー ス は共有サーバー? モードをサポートするように構成されています。
データベ ース? ゗ ンス タンスに リモ ート接 続 している ユー ザーは ク ラ゗ゕン トと サーバ ー の
プロセス間の 1 対 1 の 比率を持っていることを確認したいです。
どの接続方法はこの要件が満たされることを保証しますか。
A. 簡易接続メソッド を使用して接続します
B. ネ ット サ ー ビス の tnsnames.ora フ ゔ ゗ルに 設 定 さ れた サ ー バー= 専 用 の パラ メ ータ でロ
ーゞル? ネーミング? メ ソッドを使用して接続します
C. デゖレクトリのネーミング? メソッドを使用して接続します
D. DBMS_SERVICE.CREATE_SERVICE プロシージ ャを使用して、 データベース内のサービスを作
成し、ローゞル? ネーミング? サービスを作成するためにこのサービスを利用します
E. 外部ネーミング? メソッドを使用して接続します
Answer: C,D

1z0-062日本語フリーク   

NO.6 どのステートメ ントはログ? ラ゗ター? プロセスについて真ですか。
A. これは 、多重 REDO ログ? グループのすべてのメンバに同時に書き込みます。
B. データベース? ラ ゗ タ ー? プロセスが使用済バッフゔをデゖスクに書き込みした後にそれ
は書いています。
C. チ゚ックポ゗ント? プロセス(CKPT )から の信号を受信したとき、それは書いています。
D. ユーザーがトラン ザクションをコミットするときには書いています。
Answer: D

1z0-062日本語必殺問題集   1z0-062日本語受験料過去問   
Reference: http://docs.oracle.com/cd/B19306_01 /server.102 /b14220/process.htm (see log writer
process (LGWR))

NO.7 データベース? ゗ンスタンスのパラメータを確認してください:
NAMETYPE VALUE
undo_management string AUTO undo_retentioninteger 12 00 undo_tablespace string UNDOTBS1
次のコマンドを実行します:
SQL> ALTER TABLESPACE undotbs1 RETENTION NOGUARANTEE;
どのステートメントはこのシナリゝでは真ですか。
A. UNDO 表領域の領域が不足しますので、 後続のトランザクションが失敗した場合でも、 非
ゕクテゖブな UNDO データは、1200 秒のた めに保持されています。
B. デ ータ を 元に 戻 すこ と は 1200 秒後 に ログ を フ ラッ シ ュバ ッ クす る よ うに 書 かれ て いま
す。
C. 1200 秒の期間内でフラッシュバック? データベース操作を行うことができます。
D. 非ゕクテゖブの取 り消しを 1200 秒に保 つように試しみますが、 その時間が経過する前に
トランザクションがゕンド゘を上書きする可能性があります。
Answer: B

1z0-062日本語本番   

NO.8 ユーザーは自動的にログゝフされる前に、10 分のセッション のゕ゗ドル時間の最大値を
持っている必要があります。
どのようにこれを達成しますか。
A. ユーザーに セキュゕ? ゕプリケーション? ロールを付与することにより
B. ユーザーにプロフ ゔ゗ルを割り当てることにより
C. 4. メンテナンズゖンド゙はゝプテゖ マ ゗ザ統計完了を収集 す るジョブの前に閉じ た 場
合はどうなりますか。
A. ジョブが終了し、収集された統計は保存されません。
B. ジョブは終了しま すが、収集された統計情報は公開されません。
C. ジョブはすべての 統計が収集されるまで実行し続けます。
D. ジョ ブ が 終了 し 、残 り の ゝブ ジ ゚ク ト の統 計 は メン テ ナン ス ゙ゖ ン ド ゙が 開 き、 次 の時
間を集めています。
D. データベース? リソ ース? マネージャを実装することにより
E. 3. ORCL データベースのユーザーとしては、ORCL データベース 内のすべてのユーザーが
HQ データベース内の SCOTT スキーマからテーブルにゕクセスすることができるようにリモ
ート HQ データベース へのデータベース? リンクを確立します。 SCOTT のパスワードが TIGER
です。 「HQ 」という名 前のサービスはリモート HQ データベースに接続するために使用され
ます。
どのコマンドはデータベース? リンクを作成するために実行しますか。
A. CREATE DATABASE LINK HQ USING 'HQ';
B. CREATE DATABASE LINK HQ CONNECT TO CXJRRENT_USER USING HQ' S
C. CREATE PUBLIC DATABASE LINK HQ CONNECT TO scott IDENTIFIED BY tiger USING 'HQ';
D. CREATE DATABASE LINK HQ CONNECT TO scott IDENTIFIED BY tiger USING 'HQ';
F. Oracle Label Security のゝプションを使用することにより
Answer: B,C,E

1z0-062日本語科目   1z0-062日本語過去問   


Pass4Testは最新の300-470試験問題集と高品質の700-802認定試験の問題と回答を提供します。Pass4Testの200-355 VCEテストエンジンとC9520-928試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のC9060-509トレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.pass4test.jp/1z0-062J.html


1z0-062J問題数: http://1z0-062j.passfortest.org/t2.html