胃が痛む場合の処置は

July 19 [Fri], 2013, 9:34
胃が痛い、お腹が痛い、という症状は、ほとんどの人が一度は経験しています。なにか緊張した時、食べ過ぎた時、悪いものを食べた時、寝冷えをした時などです。これらの腹痛は、しばらく経つと自然に治ったり、市販の薬の服用や、家庭の療法で治ります。しかし中には、胃や内臓の病気で重症になる人もいます。


原因によって胃の痛みは、潰瘍やウイルス感染、潰瘍、ストレス、過食、疾患など、痛み方が分かれます。膨満感のある痛み、激しい痛み、軽い痛み、刺すような痛み、鈍い痛みなど様々です。また、痛みの場所も、下腹、脇腹、みぞおち、背中側など痛みの原因によって異なります。胃がもたれる、吐き気がする、などもあります。


胃の痛みの原因には、様々な病気があります。胃炎、胃潰瘍、胃下垂、胃腸虚弱、消化不良、食あたり、食中毒など胃に関する疾患です。また、ピロリ菌やノロウイルスなどの感染症もあります。さらに、直接に胃とは関係のない内臓疾患、腎臓結石、胆石症、虫垂炎、でも、胃の痛みを感じることがあります。


食べ過ぎやストレス性胃炎などで、胃が痛む場合の処置は、市販の薬で様子を見ます。これで治らない時や、緊急を要するピロリ菌などの食中毒、急性疾患の虫垂炎、胆石、鋭い痛みの腸閉塞などは、早急な治療が必要です。胃腸や内臓を、ストレス、不規則な生活習慣などでバランスを崩さないよう気をつけましょう。


こちらもチェック→たまおのメモ書き
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みんる
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ewwsd/index1_0.rdf