メーリングリストなるもの。 

February 29 [Fri], 2008, 19:29
こんばんわぁ



なにやら じてんしゃのメンバー連絡用にメーリングリスト なるものが出来たらしいのですが。。。



正直使い方が良く分かっていませんwww



最近は携帯も進んでるな〜っと思った管理人です。



ただ携帯で長文打つのがメンドクサイのでそれだけが気がかりです。。。



なにやら一斉にメンバー宛にメールが送れるらしいです。



と、とりあえず何とかなるでしょう。。。w



オヤスミなさい。

リンクする気持ち☆ 

February 13 [Wed], 2008, 9:49
    みんなが私を大好きでいてくれたら
    それは嬉しいことだけど・・・
    私は、私を解ってくれている人が
    一人でもいてくれたら、それで幸せ。

『グッド・シェパード』を観てきた。 

February 01 [Fri], 2008, 6:06
1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。彼は部下のレイ(ジョン・タートゥーロ)にその分析を依頼するが……。 (シネマトゥデイ)





約170分とかなりの長編で、見る前は飽きるかな?と心配してたけど、見応えのあるオールスター揃いの重厚なポリティカル・サスペンスでした。




エドワードの現在(1961年)と、学生時代からスパイになるまでの過程、この2つの時代が交互に展開する中で、第2次世界大戦、その後の冷戦での彼の対諜報工作を見せていきます。



こういうシリアスなスパイ映画はけっこう好きなので、他のスパイ映画と比べると恐ろしく地味なストーリーだったけれど、時間を忘れて楽しむ事ができました。





誰も信じることのできない世界で裏切り裏切られ、次々と周りの人間が舞台から消えていく中で、戦争相手のソ連のスパイ、いわば自分の分身ともいえる相手とのやり取りは静かながらもスリリング。



CIAの味方であっても誰も信じられない中で、彼だけははっきりと「敵」だと認識できるからこそ、お互い特別な思いがあったのかも、もしかすると彼の家族以上に。





マット・デイモンは無口でやり手の諜報員、そして不器用ながらも息子を愛する主人公を好演してました。特に最後の手紙のシーンでは、主人公の父と息子、両方への思いが伝わってとても良かったです。



あとはデ・ニーロやジョー・ペシ(声で分かったけど老けたねぇ・・・)がちょこっと出演していて嬉しかったけど、アンジェリーナ・ジョリーは残念ながら映画の雰囲気に合ってませんでした。ちょっとエキゾチック過ぎるんだよね、時代的にWASP(白人世界)の中では。




それから秘密結社も・・・あれぐらいしか扱わないのなら省いてもよさそうだけど、一つのCIAの「特権階級」を表してるからやっぱり必要なのかもしれないです。ある意味アメリカのコアを裏から担うとされる集団だからね。





デ・ニーロの監督作品なので全体的なテイストとしてはコッポラの『ゴッドファーザー』、ところどころにスコセッシの影響もあるように感じました。意地の悪い言い方をすると、名監督達の良いところをとって「名作」と呼ばれたい、ちょっとカッコつけたかったのかな、と思ってしまうような映画、と言ったら怒られるかな(笑)



面白かったけどね。

司会、BGM打ち合わせ 

January 17 [Thu], 2008, 15:17
今日は夕方から司会者の方との打ち合わせがあった。
歳は私と同じくらいか少し年上か・・・、綺麗で落ち着いた雰囲気をもってられる方でした。

当日の披露宴の流れを話しあって、2時間弱ぐらいで話しは終了。

その後、BGM担当者と打ち合わせ。旦那いわく”松たか子に似てる〜”だと。
BGMは、ゲスト入場〜ゲスト退場まで全て私の独断で選曲して、CDRにダビングした。
会談中のBGMも含めると全部でCDR4枚!

担当者にCDRを手渡すと ”全部選曲されてきたんですか!?ここまでされた方は初めてです。助かります” と一言!!
ここまでやる必要はなかったのかな?と少々恥ずかしい気もしたけれど、全部お任せBGMにして
後悔するよりはいいかぁ。

余談ですが、友人の披露宴(たしか、今年5月でした)での乾杯後のBGM・・・”いえええぇぇぇえい〜!!キミに会えてよかった〜〜♪”ってウルフルズですよ・・・。
その曲が流行ってたころならいいけれど。
隣にいた友人は、出だしの”いえええぇぇぇえい〜!!” にゲストの誰かが奇声を発したものだと
思ったらしく違う意味でびびってました・・・。

話は戻って・・・、定番の曲も少々入れながら、雰囲気にあっているかなどを一曲づつ確認していただいてBGMの打ち合わせ終了です!

曲ひとつ選ぶのに、ものすご〜く考えて選曲してるけど結局たいしてみんな記憶に残ってないんだろうな。(自分も実際そうだし・・・)

071016「タタズム」・・・ 

January 11 [Fri], 2008, 6:23
071016「タタズム」・・・

旅日記〜アンコールワットとベトナム〓 

December 26 [Wed], 2007, 6:14
王宮敷地内で。その1 左がシルバーパゴダ


王宮敷地内で。その2


王宮敷地内で。その3 右奥が王宮







見学終了後、15:15、アンコールワットを出発、バスは、

一路シェムリアップ空港へ。

16:50発のVJ331便で空路プノンペンへ。およそ40分くらい。

プノンペンは、ベトナムの首都、人口約92万人とか。

メコン川とトンレサップ川が交わる地点にあります。

都市計画に基づいてつくられたそうで、道路区画は、整然としています。

1975年のポルポトの政策によって、人々は地方へ移住を強制されたとかで

町は無人化となり荒廃したのだとか・・。さらに、内戦によって

プノンペンは、次第に廃墟と化していったそうですが、1993年に

新生カンボジアが誕生、シアヌーク殿下が王位についてプノンペンに

帰還してから、町は再建に向かっているそうです。

以前のようすなどはわかりませんが、現在の町の中心部は清潔できれいと

いわれます。でも、治安の面ではイマイチと言われています。

市内には、いまだに、屋根に穴のあいたままの家があったり、ゲリラ戦が

続いているとか。

夕食は中華料理、お宿は昨日と同じシェラトン・カンボジア・ホテル。

翌日、MC06:30、荷物だし07:00、朝食は07:30からと

いつものパターンで。08:30出発、王宮とシルバーパゴダの見学。

カメラ類の持込は有料だったので、1台のみ持ち込みましたが、

建物内部は撮影禁止なので、外観だけしか撮れませんでした。

王宮:かつて王政時代に、政治の中心がおかれた所。
シルバーパゴダ:床に銀のタイルが敷き詰められているところから、
        こうよばれているとか。1892年に建てられたそうです。
        バンコクのエメラルド寺院がモデルといわれている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ewolba114
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» メーリングリストなるもの。 (2008年10月18日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» メーリングリストなるもの。 (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» メーリングリストなるもの。 (2008年10月10日)
アイコン画像チャーリー
» メーリングリストなるもの。 (2008年10月02日)
アイコン画像りぃこ
» メーリングリストなるもの。 (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» メーリングリストなるもの。 (2008年09月28日)
アイコン画像ikumi
» メーリングリストなるもの。 (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» メーリングリストなるもの。 (2008年09月22日)
アイコン画像火星の後継者
» メーリングリストなるもの。 (2008年09月18日)
アイコン画像えびふりゃー
» メーリングリストなるもの。 (2008年09月17日)
Yapme!一覧
読者になる