多奈部聖士がゴジュウカラ

June 09 [Thu], 2016, 14:56
スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような生やさしいものではありません。ですから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。
向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を考え始める人もいるようです。様々な技能が必要になる、さらに高度な介護の現場に行って腕を磨きたいという気持ちからくる、大変に積極的な仕事の選び方です。もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、知っておきましょう。
手術を受ける前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、とても勉強になります。



短所は何かというと、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期間じっくりと同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。

街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。


こういったイベントに出る介護士は多く存在しています。

職場では女性が多数で、男性と出会う機会が少なく、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。
街コンでは、介護士という仕事は一種のステータスとなることが多いです。けれども、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、お互いの休みが合わなかったりと結果として、破局、ということもままあるようです。

同じ介護施設に長く勤務していると出世していきます。
例えば、婦長といったら誰でも知っている役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。最近では、学生やパートの介護士も多くなっていますので、正介護士も役職的には上の立場になるわけです。

もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気になってしまって、その療養のためにしばらく介護士を辞めていました。

でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。ブランクがあっても、資格を取得しておけば早々に復帰できますね。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。今、日本ではEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の「外国人介護士候補生」というものの受け入れを推進しています。

ですが、日本語で出題される介護士の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には自国に帰らなければならないのです。
勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても大変だというのが現状です。
年々志望者の増える介護士ですが、この職業につくためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて介護士ということになるのです。


ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、そう難度の高いものではないということです。

そういった、介護士を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。
総じて介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例えば二交代制の介護施設勤務だと、途中で休憩を挟みはしますが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。労働時間が長いということも介護士が過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。



介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどの程度だと思いますか?資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。試験そのものも、学校の授業を理解していれば十分に合格できるものですので、特別に介護士の資格取得は難しいものでもないようです。

かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、強いストレスを感じることはよくあります。


そういう介護士の仕事を続けていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、そのうち、自身の身体や健康のことなども異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。学校を卒業したり転職によって、新しい介護施設に就職する際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、決められてしまうこともあるでしょう。

介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、充分に考えられた配属であることが殆どです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら上手な介護士に注射してもらいたいですよね。とは言うものの、介護士の技術によっては注射が得意な人と不得意な人がいますから、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。
この辺りは運としか言いようがありませんね。介護士の中でも国家試験をパスした正介護士になるには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必要不可欠になります。

介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。



とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、専門学校に入学するための予備校も人気があるのです。
いま准介護士として働いているけれど、今後のために正介護士の資格が欲しいという人は、看護学校の通信課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。


一般的に、介護士という職業は収入の面で恵まれている印象を受けます。

現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが介護士の特徴だと言えるでしょう。
景気に左右されないのも強みでしょう。


これらの高給や安定性を重視するならば介護士を選ばない理由はないでしょう。子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、事情があって就職を選んで結局OLになりました。

ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。



資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、実際に看護助手の立場で働きながら介護士の資格が取れる方法があると分かりました。


介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。介護士というものは働く時間が規則的でないことや過酷な労働環境だということも相まって、他の仕事に移る人も結構いるということですが、案外、介護士資格はそれ以外の職場にとっても有利な方向に働くことが多いでしょう。

例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。


看護婦はハードな仕事と言われていますが、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。



入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、介護士も介護施設に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代で勤務することになっています。



こうした交代制の勤務では、生活リズムを上手にコントロールできなければ充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。
大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。



ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。介護士の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りというものが必要になります。



その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、介護士が把握しておくべきことについての諸々を勤務終わりの人が勤務始めの人に話します。
大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話す努力が必要です。



申し送りは、素早くスムーズに行うことも当たり前のように期待されます。数年ほど、介護士として働いているのですが、気になったことがあります。どうやら介護士は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。

タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。また、お酒の席での介護士たちの酔いっぷりといったら決して可愛くも上品でも天使でもありません。

とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。介護士の存在は法律上、医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。介護士の介護行為というものは実は認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。

しかしながら、急変時や、急を要する場合には、経験を積んでいる介護士に限り、それなりの介護行為も認めるべきだと思っています。

介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均収入なら介護士の方が上なのだそうです。


介護に関わる職場においていつでも人手を求めている、という事情により、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという大きなメリットがあるといえます。
ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。


高給取りで知られる介護士ですが、その中にも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
介護施設以外の働き口も介護士には多く、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。
ただ、本業の介護機関において副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
今、私は介護施設事務の仕事をしています。


通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、皆さんいつも忙しそうです。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。
でも、私が思ったよりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、介護士さんの中で、子連れで来ている方が相当いるんですよ。先生方も歓迎ムードで、穏やかな雰囲気でよかったです。



24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、介護士を挙げることが出来ます。

職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、多くの介護施設では、病棟の方に人材を割くので経験が浅いと必然的にシフト勤務になると思います。

私の話になりますが、妻が介護士で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって悩みました。


介護士の人間関係は、構築が難しいなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、単純に介護士の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。そんな職場の人間関係がわかってくるとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを納得しておくと良いかもしれません。



介護士になるための手段として、一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。
他方、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、カリキュラムとして実習がメインであるので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。


新卒で勤め始めた新人介護士や、転職してきたばかりの介護士に対し、経験不足を理由に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働基準法に反した行為です。



残業も完全に仕事のうちですから、当然、働いた分のお金は、報酬を得なくてはなりません。
一般的に、介護士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。

夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。
それは、その介護施設が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。


普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。また、3交代勤務の場合、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。希望する介護施設が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。
近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。



介護士の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。

月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年に一度だけということもあります。
なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大翔
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ewncmratcphaae/index1_0.rdf