阪田で安永

March 02 [Wed], 2016, 15:38
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。
長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuto
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ewmroyaedgoynn/index1_0.rdf