「チャップアップサプリ亜鉛」について調べてみた。LIZのAGA予防に関してのブログ

May 12 [Thu], 2016, 1:36
今日ご紹介したいと思っているのは、副作用が少ない育毛剤です。育毛剤の中でも医薬部外品のものがそれに該当します。では、さっそく医薬部外品の育毛剤を比較しながらご紹介していきましょう。特に、人気の高い医薬部外品商品は、イクオスやリゾゲインやナノインパクトなどがあります。CMを頻繁に見かけることがあるため、育毛剤と言えばリアップのイメージが強いかと思います。しかし、リアップは今回紹介する医薬部外品ではなく、第1種医薬品となり、薬剤師さんの指導が必要なものなのです。「現在の時間、薬剤師が不在の為、以下の商品はお売りできません」等のお知らせをドラックストアで見かけたことはありませんか。リアップもこの、薬剤師さんが不在の際には販売できないものに含まれるのです。ここでは、医薬部外品となっている育毛剤のうち、代表的な商品であるイクオス・チャップアップ・ブブカの三つを比べて解説します。有効成分は3つとも同じものです。今回はその成分について詳しくご紹介します。グリチルリチン酸ジカリウムという成分があります。これは抗炎症作用があり、ニキビを抑える役目を果たします。特に頭皮の健康維持に働いてくれます。次に、塩酸ジフェンヒドラミンです。こちらの成分も、頭皮の炎症を抑えるほか、かゆみなども抑えてくれます。さらには血行を促進させる効果もあります。3つ目に、センブリエキスを紹介いたしましょう。こちらには、頭の細胞である毛乳頭細胞の活動を活発化させることで、毛を生えやすくさせる働きが期待できる、アマロゲンチンやアマロスウェリンなどが配合されています。ご覧の通り、医薬部外品としてはこの3つの商品は同じ有効成分を配合しており、変わる所はありません。あとはその他の成分をチェックし、使用感やコストパフォーマンスなどについてのユーザーレビューも活用しながら、ご自分に合う育毛剤を選んでみてください。医薬部外品の育毛剤は女性禁忌薬とは異なり、多くの人が気軽に使用できる事がメリットとなっています。副作用も少ないので。毛髪が気になり始めたら、試しにと使ってみるのもいいかと思います。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokoro
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ewilllcowleegn/index1_0.rdf