日本人の規則意識の体現

May 27 [Tue], 2014, 15:02
精力剤精力剤


年功序列とは、官公庁、企業などにおいて勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度、慣習のことを指す。終身雇用、企業別労働組合と並んで「三種の神器」と呼ばれ、日本型雇用の典型的なシステムである。その他、個人の能力、実績に関わらず年数のみで評価する仕組みを年功序列と称することもある。
年功序列制度は、加齢とともに労働者の技術や能力が蓄積され、最終的には企業の成績に反映されるとする考え方に基づいている。結果として、経験豊富な者が管理職などのポストに就く割合が高くなる。年功序列制度は以下の特色がある。
(1)、基本の給料が年齢、企業の勤続年数や学歴などの要素により決定し、給与の標準は各企業に決めるとともに従業員の生活費、物価、企業の経済効率などの要因で毎年変動する。
(2)、等級は多く、差別は小さい。毎年定期的に、給料を増加し、従業員の年齢、家庭の負担の増加につれて給料も増加している。
(3)、従業員の年金やボーナスの計算も、従業員の年齢、企業の勤続年数に一定の関係がある。
日本は戦後、長い間に年功序列制度を採用して、戦後日本の経済が急速に蘇らせた。経済の高速な発展に従って、年功序列制の弊害も現れてきたが、年功序列制は日本に持ってくる巨大な影響が否認できないであろう。戦後、日本は早速年功序列制度を確立することができて、かつ、かなり長い間にそれを行っているのは、日本人は強烈な規則意識を持っているからである。日本人の規則意識は日本人に既存の制度によって事を処理するのを願わせる。それで、年功序列制が公布した後に、日本人は理にかなっていて、それを守って、この制度の中で身を置きたい。
2、地震があった時
日本では地震があった時、秩序が整然として: 市民は町で避難している時、自発的に主要幹線の道路を明け渡す。廊下で避難している時は両側に座って、中央のチャネルを明け渡す。そして、日本人は地震があっても、静かに並んで発車を待って、デパートで買い物して、混雑な場面が殆どない。その他、公共放送テレビ局は異なる言語で地震の情報及び自らを救う方法を放送する。学校、公園などの公共避難所では急速に簡易なトイレなどの施設を造る。これらの場面は高効率で、専門的に地震と次生災害を対応する公共秩序場面を呈しでいる。 もっと不思議のことは、ある市民が6時間並んで食品を買って、略奪した現象が現われない。
日本人が規則意識が強いから、地震があっても、社会秩序を守ることができると思ている。
精力剤
避妊中絶薬タグ:精力剤 【日記の最新記事】
娘達との別れ収益ビルやマンションの耐震対策問題を考え..デッドエンド美濃の南部は、名古屋の文化が浸透しとるよ..ワガママ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ewhgrtujh54uj
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ewhgrtujh54uj/index1_0.rdf