25才をすぎても大丈夫!なりたい自分に近づく秘訣

June 30 [Mon], 2014, 11:55
精力剤精力剤


ダイエットはいつも長続きしない、人とのコミュニケーションが苦手、なんでもネガティブに考えてすぐに落ち込む・・・。

そんな自分の性格はもう変えられない、と諦めていませんか?

最新の脳科学であきらかになった脳の働きを知り、「自分を変える方法」を身につければ、「なりたい自分」になれるかもしれません。

●能力や性格を決めるのは「遺伝」?「環境」?
人の「性格」の「素質」は、両親が持つたくさんの遺伝子が影響してつくられていると考えられています。

人によって、「せっかち」な人や、「おとなしい」人がいるのも、遺伝子による影響が少なからずあります。

ただし、 遺伝だけで「性格」「能力」が決まってしまうことはありません。

それぞれの「環境」が大きく影響していきます。親の教育、生活習慣、勉強やスポーツ、結婚、出産・・・。

人生には誰にも大きな環境の変化が数回訪れますが、それによって感情が大きく揺さぶられると脳は変わると言われています。

環境によって、自分の「考え方」が変わると、性格や能力も変わります。

つまりもともと遺伝によって受け継いだ「素質」も環境に応じて変わることが可能なのです。

●25歳をすぎると性格や能力は変わらない?
これまでの定説では、人の脳は8歳まで急成長をし、その後も25歳までは成長するもののその後は簡単には自分を変えることができない、
劇的に違う自分に変化することは難しいと言われてきました。

しかし、最新の脳科学研究で大人になっても「ニューロン」と呼ばれる脳の発達に欠かせない神経細胞が増えることがわかってきたのです。

また、25歳で大きな発達を終えてしまっても、50代の終わりまでは脳はさほど衰えない、という説も出てきているそう。

つまり還暦ぐらいまで、努力と環境によって脳は発達し、歳をとってもなりたい自分に変えていくことが可能と言えます。

●「なりたい自分」に近づく3つのカギ
1)「自分のことをよく知ること」

「なりたい自分」に近づくには客観的に自分について分析できる力が必要です。

そして、なりたい自分になるために、自分にあった方法を自分でみつけて実行できるようになることが大切です。

友達がこういうふうにしているから・・とか、雑誌に口コミが載っていたから・・
という理由だけで安易に生活の仕方や学習方法を変えていても、なかなか成果が出なかったり、長く続かないことが多いですよね。

「私はこういうタイプだから、この部分はこういう風に変えてみよう。」と、自分に合った方法を見極められることができれば、
ダイエットも語学学習も、成功していくでしょう。

2)「失敗の原因を分析する」

過去の失敗を後悔するのはほどほどにして、「どうして失敗したか」を必ず分析しましょう。

後悔をバネに成長していけるのは24歳頃までで、25歳を過ぎたら失敗の過程や原因を見つめて分析しない限り、成長するのは不可能だという説があります。

3)「自分の良いところを認める」

もうひとつ大事なこと。それは、「自分の弱点ばかりを見つめず、良いところも認めてあげながら、より良いイメージを将来の自分に持つこと。」です。

自分の苦手なことや弱点は誰でもすぐに言えるもの。

なりたい自分をイメージしたとき、そんな弱点や欠点ばかりが疎ましく思えて、
それを克服することにばかりにエネルギーを注いでいると、ネガティブな回路が脳にできてしまい逆効果です。

自分に厳しすぎるのは良くありません。自分の良さを認めてあげつつ、そこから「なりたい自分」の姿を想像する・・・
そして、そのために何が必要かを具体的に考える。そして、どんな方法が自分に合っているかを見極める。これが成功の秘訣です。by 宮崎南勃動力三體牛鞭
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ewgrehrtuyt/index1_0.rdf