収穫祭のお知らせ 

2006年10月13日(金) 20時38分
今年の里山再生活動も、いよいよ最終回を迎えました。
今年の田んぼは4反(1,200坪)、収穫量は19表(1,140kg)にもなりました。
豊かな自然の恵みと、皆さんのご協力があったからこその成果だと思います。

つきましては、恵みへの感謝と皆様への感謝の意を込めて、収穫祭を行ないます!!

尚、大変申し訳ありませんが、お寺の行事との関係で、事前案内をしていました、
29日ではなく、1週間早めの22日(日)へと変更になりました!

29日で日程を調整されていた方には大変申し訳ありません。

参加をご希望される方で、申し込みがまだの方は、10月17日(火)までお申し込
みいただけますようお願い申し上げます。
今回は日帰りとなっております。

野の花 

2006年10月03日(火) 21時09分
先日の稲刈りの際に見つけた小さな野の花たち。
秋の里山には、こんな花々が咲いていました。

ミゾソバ
タデ科の一年草。水の中に生えるソバに似た花ということでこの名前が付けられたらしい。

ツリガネニンジン
キキョウ科の多年草。白くて太い根が朝鮮人参の根に例えて名付けられた。若芽は「トトキ」と呼ばれ、食用にされる。


アキノタムラソウ
シソ科の多年草。シソ科特有の四角形の茎をもつ。
ところで「タムラソウ」はキク科で、その名前の由来は知られていない。故にこの花の名前の由来はさらにわからない。


コナギ
田んぼの雑草。今年は抜いても抜いても生えてきました。
9月まで持ったので、青紫色の花を見ることができました。

おこめの話 

2006年10月02日(月) 16時42分
稲刈りも無事終わったので、今度は食べる「お米」についてのお話を。

稲の栽培は、紀元前数千年前から続けられています。その起源はインド東部から中国の雲南にいたる地域であるとされ、長い時間をかけて世界に広がりました。
稲の種類は大きくわけて「ジャポニカ」「インディカ」「ジャパニカ」の3種があり、それぞれにうるち米ともち米があります。

〇ジャポニカ種:
炊くと粘り気が強く、味が濃厚で、米粒は短くて丸い形をしています。

〇インディカ種:
炊くと粘り気は弱く、味は淡白で、細長く扁平な米の形をしています。

〇ジャパニカ種:ジャポニカ、インディカの中間型で、米粒は長く、幅広い形をしています。
この3種の他に、アフリカ原産のアフリカ稲があります。これは西アフリカでわずかに栽培されている種類です。

さて、わたしたちの田んぼで育てたお米は「コシヒカリ」です。
世界で栽培されている稲の種類は1万種を超えるといわれていますが、その中でコシヒカリは300以上もある日本品種の代表種です。

コシヒカリはジャポニカ種のうるち米です。うるちとは「粳」のこと。炊いて飯にする、粘り気の少ない米のことです。アミロース20パーセントとアミロペクチン80パーセントの含有比のデンプンを持ち、「うるごめ」「うるしね」とも呼ばれています。
うるち米は炊いて食べるものもちろんですが、上新粉にして団子、柏餅,
せんべい(上新粉を練って蒸し、薄くのばして焼いたもの)として食べたり、蒸したうるち米を米こうじを使って発酵させ、お酒にして飲んだりします。甘酒は炊いたお米に米こうじを加え、6〜8時間保温してできるもので、大変古くから伝わる日本特有の飲み物です。アルコール分が含まれないため、冬の寒い時期に振る舞われる暖かい飲み物として非常にポピュラーなのではないでしょうか。


それに対してもち米とは、「糯」粘り気が強く、ついて餅にすることができる米のことを言います。
もち米はその名のとおり、蒸して臼でつき「餅」にして食べたり、赤飯やおこわにして食べたりと、加工して食べる機会が多い感じです。
炊いた米をすりつぶして串に塗って焼いた「きりたんぽ」は秋田県の郷土料理として有名ですね。その他にも乾燥させた餅を焼いたりあげたりした「あられ」や「おかき」もよく見かけるお菓子です。

なんだかお腹が減ってきましたね。
10月29日の収穫祭では、田んぼで取れたお米を使った様々なメニューをみなさまに楽しんでもらおうと考えていますので、お楽しみに。
また「こんなお米料理があるよ」という意見も大募集!
このブログか、真光寺ブログ「瓦谷山たより」までお寄せください。(小久保)

参考資料:生活探検大図鑑/小学館

稲刈り1日目 

2006年09月30日(土) 21時08分
今年もやってきました、稲刈りの季節。

「昨年は稲刈りというより、稲起こしでした。」という参加者からの突っ込みもあったように、昨年はイノシシ&台風の被害を受けて、稲がほとんど倒れてしまうというハプニングがありました。
竹の棒を使い、稲を起こし、それからコンバインで刈るという作業になってしまいましたが、今年は違います。

田んぼの水もほとんどなく、足下も安定し、あまり倒れていない稲を、のこぎり鎌で刈っていきます。

のこぎり状の刃で稲を刈り取る時に、「ざくざく」とした感触が伝わってきて、「ああ、稲を刈っているんだなあ。」という実感が起こります。

今年は何度かに分けて稲をかっていたので、(仮)川原井里山を守る会の稲刈りが締めの収穫になりました。

明日の参加組に少しの稲を残し、田んぼ1枚半の収穫作業は終わりました。

さて、刈ったあとは「ほだがけ」の作業があります。
稲を3束くらいずつ根本をヒモで縛り(結束作業)、竹竿に干して作業のことです。稲の束を1対2くらいの量にわけ、少ない方を手前にかけたら、次は多い方を、というように交互にかけていきます。(真ん中で分けて竿にかけるよりバランスがよくなるらしい。)


明日は雨の予報が出ています。雨の降らないうちに今年の収穫作業はほとんど終わりました。
収穫作業に追われていた住職や上田さんも、ようやくほっと一息つけたようです。

稲刈りやります!! 

2006年09月15日(金) 12時54分
待ちに待った稲刈りの日が近づいております!!

9月30日、10月1日の2日間で稲刈りを行ないます。

田植えから参加された方も、草取りから参加された方も、今回から参加したいという方も、みんなで刈って刈って刈りまくりましょう!!

詳細は、
http://homepage2.nifty.com/sinko-ji/satoyama/satoyama_info.html

にて。

たくさんの参加を心よりお待ちしております!!!
(記入者:津村

田んぼの様子 

2006年09月12日(火) 13時32分
急に秋らしくなった今週はじめ。
田んぼも秋の収穫を前に、稲刈りの準備に入っています。



稲と一緒にコナギも大きくなっていました。
雑草は抜いても抜いても生えてくる。
まあ、除草剤を使っていない「証」とも言えます。



住職が田んぼに来た子どもたちと一緒に、稲穂についているお米の数を数えてみたそうです。

1本の稲穂に何粒のお米が付いていて、
1杯のお茶碗を満たすのに何粒のお米が必要で、
みんなのお腹を満たすのに、1日に何粒のお米がいるのか。
今度田んぼに来たときに、自分で数えてスッキリしてください。

お茶碗1杯を満たすために、どれだけの労力が必要なのか。
けっこうびっくりしますよ。

稲刈りはもうすぐです。
今年の実りを一緒に刈り込みましょう。
その時はお米一粒一粒を大切に。(小久保)

案山子コンテスト! 

2006年07月30日(日) 19時01分
前回の一番草取りから約一ヶ月。
田んぼの稲はすくすく育ち、同じように雑草もすくすくと育っていました。
おかげで何を育てている場所なのかわからないような場所もチラホラと。


しかし、2日目のメインイベントは草取りではありません。
一日目に予定されていた「案山子づくり」を参加者が多い方の2日目に移動し、案山子コンテストを開催!
エントリーは5名でした。

■エントリーNO.1 「伊藤さん」



■エントリーNO.2 「ポリネシアン・キキ」



■エントリーNO.3 「カウボーイ」


■エントリーNO.4 「海賊」



■エントリーNO.5 「上田さん」


エントリーしなかった人たちは何をしていたかというと、真面目に草取りをしてたり、アメリカザリガニを地道に釣ってたり、木に登ったり、のんびりしていたり、思い思いに2日目の午後を楽しんでいたようです。

次回は9月30日から10月1日の稲刈り。
今年の実りはどうなるか、これから楽しみです。

カワニナについて 

2006年07月30日(日) 1時04分
ここで少しカワニナについてのうんちくを、、、

カワニナ(川螺)は、カワニナ科に属する巻貝の一種。淡水に棲む細長い巻貝。ゲンジボタルやヘイケボタルといった水生ホタルの餌としても有名です。
川で観察してみると、クレソンなどの植物の葉を餌にして、たくさんのカワニナが繁殖しているのが見られます。特にクレソンが枯れて腐りかけた時期には、それにたくさんのカワニナが取り付いてそれを食べ、大きなものから小さなカワニナまでたくさん殖えています。カワニナの生息に大事なことは、水質が良いことと、豊富なえさがあることです。
カワニナのえさとして他には、キャベツや白菜、大根の葉、ニンジン、キュウリなどの野菜やメロンの皮などを食べます。人々が生活している所では、いろいろな食物の残飯などが捨てられますから、人里に近い水辺には昔からホタルがよく発生していたのです。


だそうです。

クレソンも綺麗な水も私たちの田んぼには揃っています。

あんなに綺麗なホタルが幼虫の時とはいえ、カワニナを食べる姿は想像できない(したくない)ですが、生き物同士の関係とは面白いものです。

あれ?そういえば、今回の活動の時に、スイカの皮をそこらへんに捨てたけど、あれもカワニナの餌になるのでしょうか??

もっと水路側に捨てれば良かったかもなぁ。
もしかして、メロンじゃないとダメとか?

では、次の活動のデザートはメロンということで。。
キュウリは個人的に食べれないので却下です。

(記入者:津村

7月の里山再生活動 

2006年07月29日(土) 23時32分
29・30日に、7月の活動を開催しました。

一日目は、お寺の行事とバッティングしてしまい、急遽、一日田んぼへと繰り出すこととなりました

思わぬ展開に小心者スタッフとしてはかなり動揺していましたが、「トラブルも楽しもう!」という前向きな気持ちで乗り切りました!

午前中は、ホタルの幼虫の餌になるカワニナを隣の水路からいくつか私たちの田んぼの水路へと移動させました。カワニナはタニシに似ていて、ぱっと見はグロテスクですが、よく見てみると綺麗なグリーン色をしています。



来年には私たちの田んぼにもたくさんのホタルが見れることを願ってやみません。


そうこうしているうちに、雨が降ってきたので、急遽、木陰に非難!
お寺にも戻れず、踏んだりけったりだなぁ〜と思いつつ、雨の田んぼを眺めるという機会もなかなか無いので、これはこれで風情があるものでした(と感じたのは私だけ??)。


雨があがったところで、ブルーシートの上で全員でお昼ご飯を食べました。輪になってお弁当を囲むなんて、中学の遠足以来のような気がします
デザートのスイカを食しながら、年齢層は幅広いですがスタッフ、参加者同士の交流にとても良い時間が過ごせました!



雨も完全にあがったところで、急遽持ち上がった企画はなんと「木登り」。
まずは、上田さんが専用の器具を使ってお手本をみせました。

少し重めのがあっという間に木を登っていきました(怒られるかな)。

上田さんが登ったのを見て、挑戦者が続出!
登りやすい木を見つけては、皆さん簡単に登っていきます。
私は高いところと狭いところが嫌いなので、遠目から見守ることに


お寺に戻って、早めから始めたバーベキューはいつになく盛り上がり、笑いの耐えない時間でした。その後、ホタルを見に行きましたが、今回は4〜5匹ほどしか見れず、その代わりに線香花火で夏の夜を楽しむことができました。

(ハプニングはあったけど)子供のころの夏休みを思い出すような、大変楽しい時間を過ごすことができました

(記入者:津村

もうすぐ2番草取り 

2006年07月18日(火) 0時20分
先月の一番草取りに引き続き、7月29日(土)〜30日(日)に2番草取りのイベントがあります。
いつものお知らせを送っている人には、再度ご連絡のメールをお送りしますが、詳しいことは「(仮称)河原井里山を守る会」のHPをご覧ください。

今のところ草取りのほかに、案山子作りコンテストなども企画中です。
◇(仮称)河原井里山を守る会 information
http://homepage2.nifty.com/sinko-ji/satoyama/satoyama_info.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ewdiary
読者になる
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる