淡々とトレードをするべき

September 22 [Sun], 2013, 14:58
売買ルールを構築する段階においては、ダイナシティやSECカーボンのような銘柄をできるだけ掴まないように工夫したり、仮に掴んだとしても損失額を最小限に食い止めるための工夫はすべきだと思います。

しかし、システムトレードでは、個別のトレードでの失敗や成功に一喜一憂しないことが重要であり、成功しても失敗しても淡々と次のトレードに臨まなければならないということは覚えておきましょう。

10日間平均売買代金が1000万円以上当日終値についての条件を設定したのは、いつ倒産してもおかしくないような危険銘柄のトレードを排除するためです。

どのくらいの株価水準が倒産懸念水準であるかという明確なものはありませんが、とりあえず今回は100円以上という条件を設定しました。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ewdfsd/index1_0.rdf