ほとんどの病院では看護師長の主な仕事内容

February 29 [Mon], 2016, 0:03
ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般の会社組織においては課長職に近いものです。いわゆる課長職でも、その年収は中小企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)と大企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)では全く違うのと同様に、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。

あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。
具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、750万円位だと言われているようです。看護師が転職をするには、将来のことを考慮して迅速に行動することが大切なのです。そして、どんな条件を重要視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、その要望が叶えられ沿うな転職先の情報を集めてください。
年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も挙げておきましょう。

交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。
簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、沿うすると、土日を休みにできるでしょう。



何か不測の事態による緊急の出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。

他には、個人の病院で入院施設がなければ、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。法律において、看護師というものはどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本原則として、医療行為をおこなうということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、患者さんの容体が突然変わってしまったり、緊急事態には、経験を積んでいる看護師に限り、それなりの医療行為も認められる必要もあるためはないかと考えます。


ナースが仕事を変える時のステップとしては、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず言語化できるようにしておきたいものです。

夜の勤務は難しい、プライベートの時間は十分確保したい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、要求にも個性があって当然です。看護職員の価値は市場では高い状態なので、合わないと思われる仕事場で頑張りつづけることはありません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キラ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ewar1tfsipecah/index1_0.rdf