プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:evtxvryvusqhus
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
久保田成子さん、ナム・ジュン・パイク回顧録出版 / 2010年07月21日(水)
【ソウル20日聯合ニュース】2006年に他界したビデオ・アーティスト、ナム・ジュン・パイク(白南準)さんの妻、久保田成子さんが、パイクさんの人生と芸術世界をつづった回顧録「わが愛、白南準(原題)」を韓国で出版した。
 米ニューヨークで生活している久保田さんは、パイクさん誕生日の20日にソウルで出版記念会見を開き、「この本は若く貧しいアーティストたちのために書いた」と紹介した。
 出会った当時のパイクさんは完全に一文なしで身なりもひどく、生きるために戦わなければならない貧しいアーティストだったと振り返った。芸術品を売るということは大変難しいことだとし、ニューヨークでアートを学ぶ韓国人学生は多いが、彼らには絶対にあきらめてはいけないと伝えたいと語った。アートは「ウォール街よりもたくさんのチャンスがある分野」で、一生懸命に打ち込めばパイクさんのように立派なアーティストになれると、エールを送った。この本で若いアーティストたちに大きな希望を与えることができればと話した。
 パイクさんは幼いころ勉強が得意で、両親は経済学や法学を専攻することを望んでいたが、本人は音楽を選んだこと、ビデオアートを始めたころのパイクさんは「湯水のように」金を使い、高価なテレビセットをあっさり購入し久保田さんを驚かせたことなど、さまざまな思い出話も紹介した。
 また、久保田さんは才能豊かで天才のようなパイクさんを好きになったといい。東京で開かれた公演を見て、パイクさんのエネルギーに魅了され、同じビデオ・アーティストとしての目で、パイクさんの価値を見極めることができたと振り返った。パイクさんはアーティストとして「高級と低級、どちらも網羅する幅広い人」だと評した。
 著書ではこのほか、10年間交際しながら入籍を拒んだパイクさんが突然プロポーズをしてきた話、現代美術の巨匠の仲間入りを果たす契機となった作品の誕生秘話など、さまざまなエピソードを紹介している。
japanese@yna.co.kr 7月20日21時52分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000037-yonh-kr
 
   
Posted at 02:28/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!