八木橋が岩井

March 29 [Tue], 2016, 13:34
流行性感冒ということもないし、直射日光を真正面から見つめたわけでもなかったのですが、予想外にもぎょうさんの「クシュン」と空気を放出する行為とズルズル鼻水による打撃を被りました。
クシュンとするたびに嗅覚を司さどる体の一部が我慢できないほどの感覚に襲われます。特段こういう経験はなかったので己自らが何が起こったのか分からずに苦しみます。
何度も飛び出す猛烈なくしゃみを見ていられなくなったのか、夫が花粉症の薬をそっと手渡してくれました。
小さい頃から鼻炎になやむ夫にしてみれば鼻炎によく効く薬は何は置いても手元になくてはならないアイテムなのです。
ぬるま湯と一緒にその薬を飲んだところあっという間にちょっと前まであれほどまでに辛かったくしゃみや鼻汁がすっかり治りました。
副作用のない鼻炎薬がこんな風にすぐに実感できるとは正直なところ思ってもいなかったので本当にびっくりしました。
短期間だけのイベントだったらしく、以降、鼻炎の症状が止められなくなるということがなくなったので、本当にたすかりました。
ちょっとの間だけでもあんなにつらかったのに、花粉症やハウスダストに悩む御仁は、どんなに辛い思いをしているのだろうかとシリアスに想像してしまいました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eita
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/evonyclewheuht/index1_0.rdf