テレビ不況「4K」は救世主?

October 23 [Sun], 2011, 23:44
テレビが売れない。7月の地上デジタル放送への完全移行に伴う一斉買い替えで需要の長期低迷は避けられない。韓国メーカーとの競争でも劣勢に立たされ、生産の撤退や縮小の方針を固めたメーカーも出てきた。各社は「付加価値」の高い新製品を投入し、需要を喚起しようと躍起だ。なかでもフルハイビジョン(HD)の4倍の画像解像度を持つ「4K」テレビに“救世主”としての期待を託している。(産経新聞)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/evjjmshk/index1_0.rdf