あけおめ絵

January 14 [Thu], 2016, 0:11
新年明けてからだいぶ経ってますがw
今年もよろしくお願い致します。


いつの間にかサガプリ3から2ヶ月経ってますなw
ここの更新もさっぱりなんだけども、今は二次創作用のサイトを作ろうと、
エディタを色々選んで弄って試行錯誤してるところです。
サイトできたらサガプリで撮った写真UPするんだ…!

エディタなんて秀丸があれば十分!とか思ってましたけどw
もっとこう、皆が使ってるような視覚的に色々弄れるエディタを使えるようになりたいなと。
サーバーも選ばんと…まぁゆっくりちまちまやっていきます。

ブログはこのままここを使っていくと思います。
特に引っ越すメリット無いしね。

サガプリ3まであと3日!

November 12 [Thu], 2015, 2:22
3日…だと?
やばい緊張してきたw
そしてTwitterやPixivで他のサークルさんのお品書きやらサンプルやらを見ていたらwktkが止まらない!
という訳で便乗してお品書き!こんな感じのものを頒布します。


レジンアクセは友人が今1個1個頑張って作ってます。
手伝えないけど応援だけはしてる!
色んな人に使ってもらえたら嬉しいなぁ…

自分の本は決して色んな人に読んで貰えたら嬉しいなぁとは言いきれないのでレジンアクセを押していきたいw
本の方は明後日印刷に行きます。
雨、降るなよ!?降るなよ!?

15日の当日は、吟遊詩人とハオラーンのコスで売り子する予定です。
サガプリ3で僕と握手!(ゴッドハンド的な意味でなく)

近況報告その2

September 06 [Sun], 2015, 0:28
ご無沙汰してます。
ってこれ、前回も言ったw
っていうか1年以上経ってますねw

何をやっていたかと言うと、
こんなのとか

こんなのとか

作っていたわけです。
写真は逐一撮っていたので、後ほどレポ上げるかも知れません。
いや、その制作に費やしていた時間は本当に僅かで、ほぼTwitterに入り浸ってましたw

あと何やったっけなー。
真サルはまだ倒せてないです。
アンサガ始めました。
ドラクエ7始めました。
レジェンドオブレガシー始めました。
20年以上振りに魔界塔士始めました。
どれも途中で止まってますwww

あと、このブログを更新した動機でもあるんですけど、11/15開催の、
SaGaシリーズオンリー同人誌即売会&交流会「SaGa-Prism3」に参加します。

サークルリストにURL貼られちゃうので、放置のブログ晒すのはヤバいなとw
エロサルコピー本と、間に合えば何か手作りグッズを頒布します。
申し込みと同時に入金処理したのでもう後には引けないw
頑張りますw

近況報告

August 15 [Fri], 2014, 4:40
ご無沙汰しとります。

簡単にですが最近何をしているかと言うと、

その1:ミンサガ4周目(ホーク編)、無茶な縛りで詰み中。

 ★縛り条件は以下の通り。
  ・いつもの通りターン操作系術(TD/OD/QT)禁止、竜人障壁禁止
  ・リセット禁止
  ・出されたものは全て食べる
   (逃走禁止・宝箱は全て開ける←罠解除持ってなくても。あと、マリーンにうっかり捕まったら断らないw)
  ・ギユウ軍利用禁止
   (進行度把握の難易度を上げる)
  ・DSはサルーイン様に捧げる為のもの。なので装備しない
  ・攻略本及び攻略サイト封印、過去に自分で書いたメモも封印
  ・一応、真サル撃破を目指す。
   (DS入手は全て記憶が頼り。どっかで逃したら諦めるけど)

 DS10個手に入れて、三地点は制覇済み。ジュエビ・シェラハ・デスは撃破済み。
 それでも真サルに勝つ戦略、コレガワカラナイ。

その2:友人の協力によりアンサガ限定版を手に入れたので攻略始めました(ローラ編)

 別売り説明書(※解体真書)は持ってません。
 とりあえずダマスクスの作り方は把握した。現在4つのエレメンタルギアは入手済みでサブシナリオを片付け中。
 果たしてクリアできるんだろうか?1日1〜2時間程度でまったり進行中。
 記録取っておいてレポ上げればよかったね…(´・ω・`)

その3:saga2秘宝伝説(GB版)を久しぶりに出してきてプレイ中。

 主にテレビを占拠されてる時にやっとります。アシュラの塔発見したところで停滞中。

そんな訳でね、社畜にも盆休みがやってきたよ!3日間だけだよ!
無駄にコミケ日程と被ってる(むしろ合わせて申請したw)けど、月約270時間のクーラー効いてる空間で労働してる身としては、灼熱の戦場は無茶過ぎるので今夏の祭典は行かずに見送る事になりそうです(´・ω・`)
おうちでまったり冷房ガンガンにして、昼から酒飲みつつゲームと久々の創作をして過ごす予定です。
駄目人間万歳!

[女体化注意] 戦士と光る石の語り [ミルエロSS]

March 23 [Sun], 2014, 9:59
ミルザ×エロールの切ない話です。
このエロール様は好きに姿を変えられる設定になっています。女体化注意。

************

戦士と光る石の語り


 その昔、善き神によって悪しき神と戦うことを運命づけられた戦士が居ました。
 戦士がその運命を自覚して間もないころ、ある一つの指輪を手に入れました。
 その指輪は、旅の詩人を名乗る老人から貰ったものでした。
 指輪に付いた石は、見る角度によって様々な色の光を放つ、虹色の星々を硝子玉に閉じ込めたような、不思議な色をした石で、とても珍しいものでした。
 また、その石にはとても強い力があり、悪しき神が遣わしたしもべが放つ闇の魔力から、幾度となく戦士を守りました。

 その指輪を身に着けて以来、戦士は夜毎、不思議な夢を見るようになりました。

 どこからともなく優しい音色が聞こえ、夢の中で戦士が目を開けると、水の上に浮かぶ、一枚の丸い葉の上に居ました。周りを見渡すと、他にも沢山、彼が乗っているのと同じ形の葉や、薄い桃色の花がいくつも浮かび、辺りには甘い花の香りが漂っていました。
 その中でも一際大きな花の上で、一人の女が腰掛け、木漏れ陽の優しい光を束ねたような色の、足元まで届くほどの長い髪を揺らしながら、奇妙な形の弦楽器を爪弾き、歌を歌っていました。その歌は世界中を旅した戦士でも一度も聞いたことのない不思議な言葉の歌でした。
 婦人と呼ぶにはあどけなく、少女と呼ぶには優雅でなまめかしく、どこか人間離れした、喩えるならば妖精のような雰囲気を纏った女でした。戦士は女に興味を持ち、もっと知りたいと思いました。ですが彼が名を尋ねても、
「わたしはいずれ、忘れられてしまうものだから」
と、名を名乗ることはありませんでした。
 女の瞳は様々な虹色の星々を硝子玉に閉じ込めたような、不思議な色をしていました。
 来る日も、来る日も、女は夢に現れ、戦士に歌を歌って聞かせました。
 言葉の意味はわかりませんでしたが、自然と心が暖かくなったり、切なくなったり、不思議と歌に込められた思いが伝わってくるようでした。
 夢を見るたびに、戦士は水の上に浮かぶ葉の上から女の姿を見上げながら、歌を聞いて過ごしました。

 戦士がついに悪しき神との対決に赴く前の夜も、同じように夢を見ました。
 ところが女はいつもと少し様子が違い、楽器を手に歌うこともせず、戦士から顔を背け、ただ寂しそうに俯いていました。
 戦士は心配になり、声を掛けました。
「何か悲しい事でもあったのか?」
 女は答えました。
「わたしは今日で役目を終えます。わたしの存在は忘れ去られ、もう二度と会うことも、あなたがわたしを思い出すことも無いでしょう。」
 戦士には女の言葉が本当かどうかわかりませんでしたが、女を励まそうという気持ちと自分の願いを込めて言葉を返しました。
「そんなことは無い。わたしはこんなにあなたに焦がれているのに、どうして忘れることなどできようか?」
 女は顔を上げ、戦士を招きました。
「どうかこちらに来て、私に最後の思い出を下さい。」

 この時まで戦士は、女の座る花へと足を踏み入れたことはありませんでした。そこは踏み込んではならない特別な場所のように思えたからです。
 女に近づくと、花の香りがより一層濃くなりました。戦士にはまるで女が香りを発しているかのように思え、目眩がするような感覚をおぼえました。
 むせ返るほどの甘い香りに包まれながら二人は初めて触れ合い、暫しの間、愛を交わし合いました。それはとても幸せな時間で、あっという間に過ぎていきました。
 周りの景色が淡い光に包まれ、ゆっくりと霧のように消え始め、別れの時が迫っていました。
 だんだんと透き通るように姿が消え始めた女に口付け、戦士は言いました。
「たとえ明日の戦いでこの身が朽ち果てようと、生まれ変わり姿が変わろうと、いつかきっとあなたに会いに行く。その時は永遠にそばに居ると誓おう。」
 女は困ったような表情で笑い、頷きました。

 戦士は、悪しき神との戦いに勝利しました。
 戦いの最後まで戦士を守った石は、指輪から外れて、虹色の光を放ちながら彼の仲間が身に付けていた他の様々な色の石の力を束ね、それは結界となって悪しき神を地の底深くへと封じました。
 悪しき神との戦いに勝利した戦士は、しかし全ての力を使い果たし、もう少しも動くことができませんでした。
 不意にあの花の香りに包まれたような気がして、傷の痛みがやわらぎ、とても安らかな気持ちになりました。永遠の眠りに落ちる間際、薄れゆく意識と共に暖かな夢の記憶も薄れ、クリスタルレイクに漂う泡のように儚く消えていきました。

 戦士が次に目を覚ますと、目の前にまばゆいばかりの光に包まれた青年が居ました。
 その青年は、自分のことを善き神だと名乗ると、戦士にこう告げました。
「悪しき神は封印された。だが封印は永遠に続くものではない。いずれは封印が解け、悪しき神は復活するだろう。君は神となり、次に悪しき神と戦う戦士たちの道標として、彼らを導かねばならない。」
 善き神の力によって、戦士は正義の神として永遠の命を与えられました。
 善き神は、この世界に生まれたばかりの正義の神を、暫しの間、感情の読み取れない瞳で見下ろしていました。
 様々な色の光を放つ、虹色の星々を硝子玉に閉じ込めたような、不思議な色をした瞳。その色を、正義の神はとても懐かしく、とても大切なものだったように思い、何度も記憶の糸をたぐりましたが、どこで見たものなのか、二度と思い出すことはできませんでした。

 最後に爪弾いた弦の振動が止まると、流砂の落ちる音だけが広く薄暗い洞窟の空気に時の流れを刻んだ。
「……私は恋の物語が聞きたいとは言ったが、お前の身の上話を聞きたいと言った覚えは無いぞ。」
 暫しの間を置いて、いくつもの頭を持つ地竜が呆れたように溜息を吐き出した。地竜の溜息はその場に小さな竜巻を起こし、足元の砂が勢いよく宙を舞った。
「いえ、ただのよくできたお話ですよ……」
 奇妙な形の弦楽器を抱えた、粗末なぼろぼろの茶色い服を纏った青年――吟遊詩人は砂埃を避けるように帽子を深く被り直すと不思議な色に揺れる瞳を瞼で覆った。美しい宝石の光を揺らしていた透明な膜が形を崩し、雫となって頬を伝い落ちた。

END

************

ニーサ様の存在とアルドラ関連の話を否定したくないので、エロール様にはいい具合に夢枕というか、精神世界に巣食って頂くことにしました。最終的にエロール様以外の人にとっては綺麗さっぱり何も無かった事になるのでアルドラエンディングも安心だね!←

これは悲恋のうちに入るのかなー…?
側に居るのに覚えてないって個人的には最高に酷い失恋だと思うんだがw
エロール様は永遠に片思いしてればいいよ!辛い!萌える!

行為の描写無しでえろい文章目指してみたけどどうだろう?
後々書きたい話の練習の為に、敢えて一切名前を出さずに書きました。練習なので「わかりづれぇよ!」等の指摘があればどんどんお願いします。
エロール様は世界最強だと思ってるのに、書くものは何故にエロール受けばかりになっているのか…コレガワカラナイ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:しゃけもん
  • 誕生日:8月12日
  • 血液型:B型
  • 趣味:
    ・ゲーム
    ・コスプレ
    ・機械いじり
読者になる
 かれこれ腐ってから20年は経とうとしている熟成された腐女子。
時折ゲームの世界観や設定・背景についてあたかも腐っていないような、まともな考察や発言もするが、騙されてはいけない
 大人しく引き篭って古き良き時代に思いを馳せる、普通のレトロゲーマー(詳細はこちら)だったところを、某友人に勧められミンサガを始めたら、数ヶ月目にしてまだ4周目なのに既にプレイ時間500時間に到達しそう、更に変な縛りプレイまで始めたもんだから、リセット含めたデータ外時間は計測不能。
でも縛っているせいで真サル撃破への道は遠ざかるばかり。
 ひょんな事から(十中八九友人の影響)グレイに爆萌えしてしまい、勢い余ってXX年振りに絵とか描き始めてしまった困った人。
 どう方向性を間違ったのか、気が付けばいつの間にか病的なまでの神々萌えを発症。もう後戻りはできない。
「やり遂げるか、死か、どちらかしかない。」
 勢い余って薄い本とかコスプレ衣装とか世に具現化させそうな予感。
New!→コス衣装は生み出されました
New!→薄い本も生み出されました
コスプレコミュニティサイトCure
リンク
Leita Saga
P R

サル時計

最新コメント
しゃけもん
» 近況報告 (2015年09月06日)
@カラドボルグ@(ロマサガ)の人
» 近況報告 (2014年11月02日)
@カラドボルグさん
» 近況報告 (2014年08月15日)
しゃけもん
» ロマンシング 佐賀 Premium Nightに行ってきました。 (2014年03月30日)
糸田川ほちょ
» ロマンシング 佐賀 Premium Nightに行ってきました。 (2014年03月27日)
最新トラックバック
http://yaplog.jp/evilgodoflight/index1_0.rdf