記憶が消えていく3 

2013年12月28日(土) 0時56分
[少女の人格状態で記載]

「抱きしめてくれたし、優しくお話もしてくれていた。」のに、みおの記憶は「背中をさすってくれたけれど、ご主人様は眠たくて面倒になってしまいそのまま寝てしまった。 」という真逆の記憶になっていた。


[女性の人格状態で記載]

そのため、ご主人様から愛されていないという考えに陥り、悲しい気持ちになっていました。
こんなことになってしまった原因はなんなのでしょう?

そういえば「背中をさすってもらった」日にオフ会があり、ご主人様は他の女性と楽しそうにお話をしていました。
それを見て
(私とお話しする時はろくに目も合わせないし、すぐに別の部屋に行ってしまうのに。)
と思い、そっと別れようと決意しました。
そんな決意をした為に、記憶が真逆になってしまったのでしょう。
優しくされてしまったら、「そっと別れる」という筋書きが台無しになってしまいます。

「そっと別れる」という筋書きができあがってしまった原因を考えました。
それは、
(私とお話しする時はろくに目も合わせないし、すぐに別の部屋に行ってしまうのに。)と思った後、嫉妬の感情を持たなかったからでしょう。
そして、その嫉妬の感情を持たなかっため、事態を解決するために「そっと別れる」という行動に出ようとしたのでしょう。

なぜ嫉妬の感情が普通に出てこなかったのか原因を考えました。
それは、
私が人を信用していないからです。
信用していれば相手に心をぶつけることができたはずです。
そして、ぶつけられた相手は相手なりに応えてくれたはずです。
しかし、私が経験してきたことは、誰も私の気持ちを理解しようとしないし、逆に揶揄や激しい否定をされることだけでした。
そんな経験をしてきた結果、最初から相手に感情を表現することはせず、行動で解決するようになってしまったのでしょう。
まずは心をぶつけ、それでも理解されなかった時に行動で解決するというのが正しい流れなのでしょう。
そうすることで、いきなり行動に出た結果、取り返しのつかないことになるのを防げるのだと思います。

私がご主人様と呼んでいるその人は、自由な考え方を持つ優しい青年です。
そして、私はその人を信頼しています。
心をぶつけても良いのではないかと思います。

あれから何日も経っていますが、ご主人様にこの3つの日記を読んでいただこうと思います。
それから、嫉妬してみようと思います。

記憶が消えていく2 

2013年12月28日(土) 0時55分
[少女の人格状態で記載]

最初に持っていた記憶は
「抱きしめてほしいと頼んだのに、抱きしめてくれなかった」でした。

(やはりご主人様はみおのことを愛していなかった。)
そう思うと涙がこぼれてきました。

背中をさすってくれたけれど、ご主人様は眠たくて面倒になってしまいそのまま寝てしまった。

こんな記憶は、いつもならすべて消えてなくなっていくのですが、がんばってすべてを思い出そうと数日努力していました。
すると、驚くべき記憶が蘇ってきました。
抱きしめてくれていたのです。

記憶が消えていく1 

2013年12月28日(土) 0時13分
[少女の人格状態で記載]

みおの体はご主人様のものなので、体のことで報告しておきたいことがあります。
おとといの記憶がないのです。

がんばって少し思い出せたのは、深夜、背中をさすってもらったこと。

嫌なことがあるといつも消えるので、何かあったと思うの。
もうすぐ完全に消える。
虫歯の治療のように患部の周辺までごっそり記憶が消えるの。

最初の人格について1 

2013年06月15日(土) 13時17分
[少年の人格状態で記載]

数年前の、精神科に通っていたときの話です。
ある日、うちが産まれた時の話をしていました。

みお「産まれた時の記憶があります。」

先生「それは誰?」

みお「自分です。」

先生「じゃあ、最初の人格は、君なんじゃないの?」



うちはそれまで、最初の人格を「しおり(少女)」と推定していました。

その時は先生の疑問に触発され、考え直してみました。

しかし、推測を変える気にはなれませんでした。

「しおり」は従順で人を良く評価するので、その人格が最初の人格ならば、鈴木澪は元は良い人間であるということになり、周りは手を差し伸べたくなるだろう。

けれど、うちは猜疑心があるし、雰囲気を現実的な話で壊してしまう。

そんなうちが基本人格だとしたら、攻撃されるかもしれない。

最近解明したこと 

2013年06月15日(土) 3時05分
[3番目の人格状態で記載]

いつも、文頭にどの人格が記載しているか明記していましたが、この表現をやめようと思います。

なぜなら、いろいろ考えているうちに、番号順に人格が生まれたかどうかあやふやになってきたからです。

なので、今回から属性で表現することにします。

[少年の人格状態で記載]

現在の状況 

2009年05月11日(月) 1時11分
[3番目の人格状態で記載]

二年前、うちの人格では逃げ場のない考え方ばかりしてしまうので、体がもたないことがわかりました。
なので、それ以降は開放的な人格状態を主軸に生きていました。

すると、ミクシィにログインすることがなくなってしまいました。
いつものようにややこしい日記を書くことがなくなってしまったんです。

でも、時々3番目の人格状態が強く出る時があるので、いまのうちに現在の状況を書きます。

平日仕事
土日祝日はいろんな人と遊んでいます。
男友達がいっぱいいます。
女性のお友達もたくさんできました。
素敵なカフェを見つけてみんなで行ったりします。

激痛 

2007年03月23日(金) 16時09分
[3番目の人格状態で記載]

頭が割れるように痛くなったので救急病院に行った。
MRIを受けた。
出血はなかった。
原因がわからないまま診察終了。
そのうち、少し痛みが治まった。
病院に居るという安心感からだ。

頭のあちこちで、死んでしまうかと思うくらいの激しく複雑な痛みが、今、少しだけ落ち着いた。

体が求めていること 

2007年02月02日(金) 11時40分
[3番目の人格状態で記載]

しかし、自分にとって現実感を感じることは社会的モラルに反することばかりだ。
リスカとどちらがよかったろうか?

社会的モラルに反することに対して現実感を感じるのは、きっと精神的な外傷を受けたあの日の心を取り戻せそうに感じるからだ。
そんな感じが、心を虜にする。

あの日(精神的な外傷を受けた日)、もしも自分が誰かに打ち明けて、心を受け止めてもらえていたら‥、きっと重すぎる秘密を抱えて生きていくことはなかっただろう。
重すぎる秘密は、まるで、ぶ厚いガラスのようなもので覆われているかのように心に感じさせる。
それは、周りの人々や物事とのつながりを、はっきり感させなくする。
演技でもいいから、どんなに頑張ってつながりを持とうとしても、そのガラスを打ち破ることはできない。
だから、せっかく返してくれた思いやりは、そのガラスによって阻まれ、うちの心に届かない。

体は元の自分に戻ろうとしている。

切り離された頭と体 

2007年01月23日(火) 13時17分
[3番目の人格状態で記載]

うちの考え方はこの体に合ってない。
うちが何かを決めたり、心の流れを正しい方向に向けたりすると、脳に痛みが生じる。
胸の真ん中がぐっと重くなる。
虚無感に襲われる。
解離してしまうのだ。

頭と体 

2006年12月27日(水) 22時35分
[3番目の人格状態で記載]

自分は、頭と体がばらばらだ。
そして、それはとても危険な状態だ。
なぜなら、行動のきっかけとなる欲求は体から生まれるのに、自分の体のサイクルはトラウマによって書き換えられている。
だから、欲求を満たすその行動は常軌を逸してしまう。

自分の行動は、自分の意思ではなく、体からの命令によって支配されていることが多い。
わけもわからず命令を遂行している。

過去にひどいトラウマがあり、その苦しみを無意識に押し込めてしまっているゆえか、命令を遂行しないととても苦しくなる。

どんなに理性が発達しようとも、体の苦しさにはかなわない。

どうしたらいいんだろう。

2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
書籍の紹介
       
.


GEST BOOK
足跡帳です


スポンサード
リンク




精神分野用語集

解離性同一性障害
アスペルガー症候群
白昼夢
離人症
心的現実
自明

最新コメント
アイコン画像鈴木澪
» 最初の人格について1 (2013年12月17日)
アイコン画像しろママ
» 最初の人格について1 (2013年06月20日)
アイコン画像鈴木澪
» 自己の多重人格の状態を考える3 (2012年12月18日)
アイコン画像砂塵
» 自己の多重人格の状態を考える3 (2012年02月03日)
アイコン画像ハル♂
» 足跡帳 (2009年06月03日)
アイコン画像lastmoon
» 足跡帳 (2009年03月07日)
アイコン画像lastmoon
» 足跡帳 (2009年02月15日)
アイコン画像タクヤ
» 体が求めていること (2007年10月13日)
アイコン画像
» 足跡帳 (2007年10月11日)
アイコン画像由美
» 体が求めていること (2007年10月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eventuelproduit(エヴァンテュエルプロデュイ)不測の産物
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
読者になる
解離性同一性障害について

解離が一向に治まらず、むしろ頻度が多くなっているので、主人格の交代を考慮しています。
つまり、生き方を変えようと思っています。
主人格はこの日記を立ち上げた3番目の人格(少年)です。
2番目の人格(少女)を主体にした生活が体に負担をかけないようです。
しかし、精神的に弱く、性に対して貪欲なので無軌道に走りやすくなる傾向があります。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる