ブログの移転 

2006年06月12日(月) 22時39分
ブログ五月に移転するものの(新しいブログの)
パスワードを忘れて更新できませんでした
たぶん、ブログ新しい方が中心になるかも・・・・・
音楽のブログはとりあえずこっちの方に移転〜

「黒と白の肖像」

みなさまよろしくお願いしますm(_ _)m

無題 

2006年05月16日(火) 21時38分
俺に足りないのは努力と経験と・・・勇気だ!

白い巨塔再び 

2006年04月28日(金) 17時27分
こ、腰が痛い・・・

という訳で前からピリピリしてたんだけど、
火曜の夜から急激に痛くなり、
あまりの痛さに寝られない状態、
動くと痛いとか曲げると痛いとかじゃなく、
横になっても痛いので逃げ場が無いのでせめて
この痛みから解放されれば・・・・と思い
本当は水曜日に病院に行こうとしたのだけど
あまりの痛さと病院に行く余力が無かったので、
昨日(水曜日)病院に行ってきました。

整形外科は本当に久々なんだけど、凄く混んでる。
それで、レントゲンなどを撮ったりしたのだが
その間も痛くてしょうがない。

で、やはり混んでるせいか2時間ぐらい待っても
診察時間は凄く短くて・・・・。。。( ̄(エ) ̄|||) ウーム

で、骨には異常は無いものの
診察結果は
「坐骨神経痛」・・・・
本当ですか?
結構痛みが長引く病気じゃない・・・・。
/(-_-)\ コマッタァ・・
僕の体は中高年?

太ももの痺れはないし、微妙な診断だけど・・・。

で、昨日はブログ書く余裕も無かったので、家で本を読みながら
音楽聴いてました。



あんまり関係ない写真

幸い今日は昨日よりマシなので、
このまま痛みがとれればと祈ってます。

今日は誕生日。 

2006年04月22日(土) 23時10分
今日は僕の誕生日です

まあ実家に戻るのは明日なので、
今日は横浜に散策を〜



関内の馬車道はこの通りお祭りを。

こんなのも



まあ、それはともかく今日は自ら誕生日を記念すべきに
こんなアルバムをチョイス



望むべきしてようやく手に入れたアルバム三枚を含む四枚

○エンリコ・ピエラヌンツィ 「プレイズ・モリオーネ2」(CAM)
○ゲイリー・バートン    「ライク・マインド」(コンコード)
○ブラッド・メルドー    「アート・オブ・トリオ vol.1」(ワーナー)
○スタン・ゲッツ      「ザ・ロスト・セッション」(ヴァーヴ)

4人とも見事にマイフェバリット・ミュージシャンだ、
軽く感想書くと
エンリコ・ピエラヌンツィは本当はもう全部全部集めたい
ピアニストだけどこれは持ってなかったので、
同じエンリコでもここでは映画音楽の巨匠エンリコ・モリオーネ
の作品集第二集、中々の面子をそろえたトリオ。

ゲイリー・バートンはピアノにチック・コリア、ギターにパット・メセニー
をメンバーに入れた保守的なコンコードらしからぬ布陣で演奏を
このメンバーだとECMのサウンドを期待してしまうが。
最近特にヴィブラフォンは中古盤のチェックをマメに。

ブラッド・メルドーは出世作のアルバムとなった一枚、9年前
視聴機で聴いて非常に内省的なプレイだったので、
それ以来いつか買ってみようとおもいつつ早9年・・・ようやく手に入れました。

スタン・ゲッツも非常に出来が良いながら高くて手が出なかった一品
安く買えると格別に嬉しいもの、名手ケニー・バロンとの
「ソウル・アイズ」が(視聴機で)すばらしかった記憶が、スタン・ゲッツは
なるべく中古盤チェックしてるなぁ。
 
さあ、じっくり楽しもうかな。



アルバムを売ったり買ったり 

2006年04月19日(水) 19時01分


コレが今日売ってきたCDやLPの山・・・・
初めてかなぁこんなに沢山売るの。
計35枚ぐらい・・いやもう少しあったかもしれない
┗(-(エ)-;)┛オ・・オモイ…CDはともかくLPは重いなぁ・・・
でもでもコレだけ売ると結構な臨時収入になるのね。

で、あんまり買わないようにと思ったんだけど
探してた品が中古にあったので買ってしまった。



上から
○ダニエル・ヴァルザーノ 「エリック・サティ 名曲集」(SONY)
○エルヴィン・ジョーンズ  「ディアー・ジョン・C」(インパルス)
○デビット・サンボーン   「タイム・アゲイン」(ヴァーヴ) 
○ゲイリー・バートン    「リベルタンゴ」(コンコード) 
○Matthieu Michel    「エスターテ」(TCB)

自分の望むべきものゲイリー・バートンの「リベルタンゴ」が
1050円で中古で手に入れられるとは(;´(エ)`)スバラスィ
このアルバム、アストル・ピアソラ集でヴァイオリンやバンドネオン入りの
中々いいアルバムでね、ゲイリーバートンのヴァイブもクールだし。
FMの時に相手の人にMDでいただいて以来ずっと探してたんで、
いやぁ良かった良かった。
あとはMatthieu Michelaの「エスターテ」も
アコーディオン奏者リチャード・ガリアーノ参加で中々いい感じです。
「エリック・サティ集」も買ってしまった、実家においてきちゃったみたいだし。

残りのお金は生活費にあてます、倹約、倹約・・・・。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ ルドルフ・ゼルキン 

2006年04月19日(水) 10時18分

○ルドルフ・ゼルキン 「ベートーヴェン ピアノ・ソナタ」 

そういえば急にベートー・ヴェンのピアノ・ソナタ
「月光」が聴きたくなって買ったのがこのアルバム。
なんでだろう・・・・そういう気分だったのだ。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・そもそもクラシック買うのも久々だし。

うん、結構久々に聴く「月光」は深みがあっていい感じ
「悲愴」もかなり久々に聴いたかも。

硬質なピアノ・タッチだし、聴いていて深みが凄くあるのは
演奏者の良さ?曲の良さ?いやいや両方なんだろう。
ええ、すごく聴いてますよ、やはり惹きつけられる。

ネットカフェ 

2006年04月16日(日) 17時36分
そういえば、昨日友達と遊んだ時初めてネットカフェ行きました。
まあ、ネットカフェ目的でなく喫茶店探してたら偶々あったので
という感じかな。

初体験の感想は・・・・
う〜んやっぱりネットを家でするのに慣れてるから、
目新しさはあったんだけど、
設置してあるのがノートパソコンだったからか、まず操作が微妙
まあ楽しかったし情報が外で手に入るのはいいんだけど、
(まあそのお店は開放されてて友達と喋りながら出来るんだけど)
ネット目当てで何度も使うかどうかは微妙な所かな・・・
喫茶店としては使えるんだけどネ。

でも外で歩いてる時に自由にネット出来たら
(まあ携帯はあるんだけど・・・)
結構便利だと思うけど、
外出た時は外出た時と割り切って出てるので
(携帯のネットは)本当に必要な時だけしか使ってないかな?
たまに調べ物したい時は有るけど・・・。

アンテナ 

2006年04月16日(日) 9時00分
人というのは物事や回りの情報を自分の感性で感じ受け取るもの、
言うならばアンテナがあるのだと思う
このアンテナがメンタルな病気になると
(かなり人によって差異はあるが)かなり乱れる、
しまいには力尽き折れてしまうこともあるし

僕ももしアンテナと例えをそのまま引用するならば
前まで長い時間受信状態はかなり酷かった
混線状態でしまいにはで折れてしまった時期もあった、
気づかない間に折れてたのか、
それか劣化してしまったのかは判らないが・・・・・

こういったアンテナが最近また少しづつ立てられる様になった
本当に徐々にという感じで、また乱れるのは非常に恐ろしいが
やはりこういったアンテナを立てて置かないと人は劣化するような気がする。
季節を感じ、見るもの聴くものに新鮮さを覚えそれを自分の感受性で感じる
こういったアンテナは広く持ってたいと思う。

たとえそれが乱れる事があっても、いつでもアンテナは広く、高く・・・・。

久々のブログです・・・・・ 

2006年04月11日(火) 23時12分
す・・・・すいません、この所、ブログ全然書いてませんね・・・・。
まあ、色々事情があったんですよ・・・・。
また、こ、今度ちゃんと書きますね・・・・・。
ではでは・・・・・。

モダン・ジャズ・カルテットほか 「MJQ」 

2006年04月06日(木) 18時24分


○モダン・ジャズ・カルテット&
 ミルト・ジャクソン・クインテット 「MJQ」(プレステッィジ)


ご存知MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)と
MJQのヴィブラフォンのミルト・ジャクソン
のリーダー作を4曲ずつ収録したアルバム

MJQは名作「ジャンゴ」以降というイメージがあるし
僕もそう思ってたが、このアルバムの前半4曲のMJQ
はすでに自分の音楽を確立してるの分かる。
1952年ということはまだハード・バップ以前という事で
これはかなり先進性の進んだグループという事だ。
アレンジがしっかりしてる上でアドリブのスリリングさも
兼ね備えた4曲だなぁ。
お勧め曲はスタンダードナンバーの
「オール・ザ・シングス・ユー・アー」と「ヴァンドーム」の二曲。
よくジョン・ルイスが端正でミルト・ジャクソンがソウルフルと
いわれてそれが融合されてるといわれるが、
ミルト・ジャクソンもかなり洗練されてる、
ヴィブラフォンという楽器だからかもしれないが、
もろソウルフルという感じでなくオブラートに包んだやさしさのある感じ。

さて後半のミルト・ジャクソンクインテットの方は
ジョン・ルイスの代わりにホレス・シルバーがピアノに座る。
ここまでは問題が全然ないのだが、
問題はここでの無名のトランペット、
他のメンバーは一流なのに何故彼が入ったのか
よくわからないが、
このトランペットッター
何故貴様はここにいる!といった感じ
アレだ、このアルバムがあまり評価されないのは
この粗野なトランペットのせいだ。
プレスティッジなら(この時代なら)
アート・ファーマーやケニー・ドーハムでも
つれて来れば良かったのに・・・・。
後半は1954年録音だけど前半4曲と録音年数が
逆な錯覚を受けてしまう。
LPだったらコンセプトがA面とB面に分かれてるので
A面ばかり聴いてるアルバムかなぁ・・・。
(前半4曲はすごく良いですよ)
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像法隆寺
» CDTV (2006年06月26日)
アイコン画像謎の。。。
» 無題 (2006年05月17日)
アイコン画像しゃいろ
» 白い巨塔再び (2006年05月16日)
アイコン画像しゃいろ
» 今日は誕生日。 (2006年05月16日)
アイコン画像堀江です
» 白い巨塔再び (2006年05月06日)
アイコン画像謎のじょぜ
» 白い巨塔再び (2006年04月30日)
アイコン画像謎のK
» 今日は誕生日。 (2006年04月28日)
アイコン画像さとハイジ
» 今日は誕生日。 (2006年04月25日)
アイコン画像しゃいろ
» アンテナ (2006年04月19日)
アイコン画像しゃいろ
» 見える世界、見えない景色 (2006年04月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:evans1961
読者になる
Yapme!一覧
読者になる