サムスンは宣伝銀河S8の焦点の一つとしてUFS 2.1フラッシュメモリを持

June 02 [Fri], 2017, 13:16
サムスンは宣伝銀河S8の焦点の一つとしてUFS 2.1フラッシュメモリを持っていたが、彼らは実際のUFS 2.1とUFS 2.0ミックスです。この新しいフラッグシップです。
7Plusケースシャネルしかし、また、Huawei社(UFSよりもはるかに遅い)のeMMC 5.1の使用に比べて、サムスンの行動はそれほど悪くは思えませんでした。しかし、いずれにせよ、彼らはギャラクシーS8の設定に横たわっている容疑者を持っています。
アイフォン7シャネル

2.1と5.1のeMMC UFS間の速度ギャップに比べUFS 2.0は明らかにはるかに大きいです。しかし、多くの人々のために、嘘は関係なく、両者の間に隙間がありどのように小さな、嘘ではありません。
シャネルiphone7ケース

XDA開発者によるだけキンギョソウ835プロセッサギャラクシーS8を使用することを指摘は、UFS 2.0フラッシュメモリを使用し、そしてすべてのギャラクシーS8 +及びS8はExynosプロセッサがUFS 2.1フラッシュメモリを使用しているが装備されています。

携帯電話市場で成分を混合、すでに新しいものではありません。
グッチiPhone7ケース 1人の製造パートナーの過度の依存を避けるために、2個の異なるプロセッサを使用していたサムスンの独自のフラッグシップ電話。同様に、プロセッサに加えて、カメラおよびその他の高需要のセンサ素子。
シャネルiphone7 plusケース

その携帯電話メーカーの後に、常に最適な構成のプロパガンダを取得し、ということができますが、消費者の間で、各部門の製品に不満を感じるためにあらゆる理由を、この設定を使用しませんでした。サムスンはすでに、この携帯電話は、すべての構成が変更されたことがあり、そのため彼らは、法律上の任意のハンドルを残していないことを指摘しています。
アイフォン7シャネルしかし、整合性のアプローチの欠如は、人々は非常に不快にありません。最新の報告によると、銀河S8は、それらがデュアルエッジ画面を採用し、5.7インチと6.2インチのバージョンに分かれています。
シャネルiphone7 plusケースサムスンのために、これは銀河S6とS7シリーズの携帯電話の新戦略で、サムスンはすでに携帯電話を発売し、フラットスクリーンを設置し、デュアルエッジスクリーンを設置し、いくつかの電話があります。

予測されるように、S8は、狭い境界画面、画面比率と体の90%以上をインストールしました。
グッチiphone7ケース一方で、デザインは大きく異なりますが、完全にフラットスクリーンの消費者が本当に幸せに放棄しますか?業界観測筋は懐疑的。

産業経済研究院展覧会エレクトロニクス業界アナリストチュー府-若い言った:「需要デュアルエッジ画面が一部の人々は、画面が誤って画面インテリジェンスの端に簡単に、使用すると便利ではないことがわかり、非常に高いようではありません。
7Plusケースシャネル電話はテレビで、狭い境界はそれほど実用的では思われない、非常にポータブル、小さいです。」

NH投資証券ピート・リー(ピーター・リー)は言った:「サムスンはデュアルエッジ画面をプッシュしている、あなたが効率を改善したい場合は、サムスン電子は、それを折りたたみデバイスを起動する必要があり、デザインの違いではなく、効率の考慮の追求だけと思われます。
7Plusケースシャネルスマートフォンのように、だけでなく、使用するタブレットのいずれかと。」

サムスンは、折り畳み式の携帯電話の2種類、上方パネル、下向きを開発しているという噂は、2017年に打ち上げ最速かもしれません。
エルメス iphone7ケースデバイスは、フラットパネルとして使用されていないときに折り畳まれます。

他のスマートフォンの地区からそれを区別するために、サムスンはデュアルエッジ画面を使用しますが、中国のテクノロジー企業とAppleはすぐに追いつきました。
グッチ iPhone7ケースサムスンディスプレイ社は、Huawei社およびin vivoなど中国曲面スクリーンのスマートフォンの企業に提供してきました。 LGディスプレイは、画面のキビを提供します。
携帯iphone7ケース AppleのiPhone 8がスクリーンを彫刻されるという噂があります。