キリギリスで川島

April 14 [Thu], 2016, 9:06
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われていますね。
どんな治療でも沿うですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかは持ちろん、手術前の検査や、治療方針のたて方、アフターケアなど歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくることになると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を創ることだと考えてちょうだい。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、他の歯に負担を掛けないで、長く使いつづけられます。
なお、インプラント治療はすべて自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過一緒に落ち着くのが自然な流れです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでちょうだい。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なんです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導して貰えるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってちょうだい。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施す所以ですから、異常に気付くのも遅くなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという人にちょうどくるのはインプラントです。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
どうしても外見や噛み心地を譲れない方に相応しい治療です。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてちょうだい。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れはあなたがた変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょうだい。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
まあまあ専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかしっかりと説明してくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもしっかりと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/euo8m7onrr3da2/index1_0.rdf