ルー台風でミミセンザンコウ

December 12 [Mon], 2016, 9:11
乳酸菌には多数の健康作用がありますが、特に整腸作用に効き目があるといわれているようです。腸内善玉菌の数を多くすることで腸の中が活発化し体内に溜まっていた便がより排出されます。

ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。

乳酸菌を日々飲むことで整腸効果が高まります。ツボで聞くことが多いのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)です。
また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。
手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。



便秘のパターンによっても、効果的なツボは違うので、自身に適したツボを押すと効果がでやすいでしょう。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは一緒なのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作る働きがあるのだそうです。だから、ノロ対策に効果があるとしているのですね。
近頃は、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、摂るといいかもしれません。

以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が体験してみると、たくさん食べないと、効果があまり感じられません。



毎日1パックぐらいは食べて、お通じがようやくあるぐらいです。ヨーグルトを好む人はいいですが、好きではない人も、ジャムで味を変えたりして可能な限り食べるようにするとよいでしょう。



このごろ、乳酸菌がアトピーに効くことがわかってきています。


引き起こすものはいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって誘因されることもあります。
また、アトピー患者の多数は腸内環境が整っていないため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることがアトピーを治す第一歩となります。



便秘に良い食べ物は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食材などです。
苦しい便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態になっております。

とにかくこの状態をなくして、お通じを出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら腸内環境を改善するのが良いでしょう。
アトピーの角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少量になっていて、肌の水分を保つ力や守る役割が低くくなっています。補い健康状態にするには、保湿が最も大事です。
それ故に、お肌の表面を保護して、水分が抜けないように保湿剤を使う事が必要なのです。



一般的な乳製品以外にも、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、いったい、どういうものだろうと調べてみました。

いろいろ調べてみたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。
これは常識なのですか?私は30年以上生きてきて、知らなかった事実を発見です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:萌華
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる