替デリバティブを購入した企業が被る損失は急速に拡大しています。

November 30 [Fri], 2012, 14:46

 その直後の9月15日、リーマンショックが勃発して、どんどん円高が進んだ。メガバンクや地銀は、リーマンショック前の2006年から2007年をピークに日本全国の中小企業に対して通貨オプション(為替デリバティブ)の販売を行いました。まずはお一人だけで悩むのを辞めてください。(ご注意)上記の計算はあくまで参考例ですから、すべてがこの通りではありません。お困りの方は当事務所の弁護士へお任せください。


通貨オプションは、ドルを売ったり買ったりといった単純な取引とは全く違い、仕組みはかなり複雑です。例えば、金融デリバティブとは金融から派生した商品、為替デリバティブとは、為替取引から派生した商品のことです。今回のように短期的かつ一方的に大きく相場が変動した際に引き続きデリバティブを続ける事が出来るかどうかという点です。 このため金融機関の取引先に対する支援策として、当面の間、為替デリバティブによる損失額相当額を融資することにより、取引先の資金繰りを支えることが指導されているわけです。ドル=80円まで円高が進行している今日、為替デリバティブを購入した企業が被る損失は急速に拡大しています。
先物取引やスワップ取引、オプション取引について
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:euhzbyxytw
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/euhzbyxytw/index1_0.rdf