流産を経験しています。ずっと欲しかった子供

February 13 [Mon], 2017, 15:15
流産を経験しています。ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、1年くらい経って「子供が欲しい、諦めないようがんばろう」と決めて妊娠に向けて、準備を初めるようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を治そうと運動することを思いつきました。

運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温を上げることができ、冷え性が改善したんです。

葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)が上がることが期待できます。
葉酸で血液が増産されると、血行が良くなるだけでなく生殖機能が正常化して活発になり、妊娠しやすい体創りができるのです。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、さまざまな食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、食べ物から摂取する場合、調理にはポイントがあります。


具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱が必要な食材やメニューの場合、加熱時間を短時間にして早めの加熱調理で終わらせた方がいいでしょう。

しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはナカナカ大変だと感じる方も多いのになるでしょう。



そんな時はサプリを利用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が勧められているほどです。

産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあります。とは言っても、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかっ立と不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。


もし、こうした方法で摂取をしていなかっ立としても、問題はありません。

葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。


ですから、普通の食事を摂っていたならば、葉酸の摂取は見込めているのになるでしょう。妊活なんてきくと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。



しかし、男性にも出来る妊活があるんです。
それが葉酸の摂取です。流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸は女性の妊活にかなり必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。ですので、男性も、葉酸の摂取という妊活を初めてみてください。冷え性の人は妊娠しにくいといわれているのです。


体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血流のわだかまりを解消し、自律神経にはたらきかけ、ストレスを和らげる効果もあります。

ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。



妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、多彩なものが認められています。

とくに赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は最も注目したい効果です。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、母子いっしょに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切だと思います。例えば、葉酸のサプリならば摂取が手軽に出来ますので、おススメですね。葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で摂る事です。

葉酸が多くふくまれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多くふくまれています。とは言っても、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しい方は、サプリ等、栄養補助食品を活用してください。

サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。

サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を済ませられますね。妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、不足しやすいものです。

一般的な食事では、ナカナカ理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。


最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売っていますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。妊活中の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。長男を出産した後でしたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが記載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。

その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは緊張しましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。



親友の話なのですが、妊活をがんばっていた頃、よく漢方を飲んでい立と思います。彼女の話では、体質から変えたい、と考えているようでした。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全性が高いのになるでしょう。
漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に嬉しいです。

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とは言っても、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますねから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いとされています。せっかく補給した葉酸に効率よく働いて貰うためには、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら通常の食事で摂取可能な栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸が最も効率的にはたらきますから、十分な効果が期待できます。一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもありますね。ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきてください。

葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツでは、イチゴが有名です。



あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと一般的に言われています。他の果物では、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多くふくまれています。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。


簡単に葉酸を摂取したい場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いと思います。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。赤ちゃんが欲しいと思い初めてから2年。

タイミングを見計らって努力しても、ぜんぜん妊娠できなくて、義妹や姉のところに子供ができると、焦ったり悲しかったりでした。



病院で検査をうけているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の服用を初めると、二周期ほどで妊娠できました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間ちがいでした。もっと早く来たかったですね。


妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りてください。一般的に、妊活に効果的であると言われるお茶はルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。
中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果的であるという話ですから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛海
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる