あずきが武田

June 30 [Thu], 2016, 16:31
朝方起きると腰のだるさや痛みを感じる人も多いのでは。「寝ている間もおんなじ流儀を取り積み重ねる結果、朝方も腰が凝っている場合は多い」(フィジカルヨガ浸透協会の田辺直恵さん)。前日の骨盤歪曲が熟睡を通じてさらに確定陥ることもある。「まずは腰を丸めるように引き伸ばす基調が嬉しい」(田辺さん)。「ひざもちの休息」で腰を伸ばそう。

 寝流儀による凝りがとれたら、ひざ薙ぎ倒しで前後歪曲をリセット。どんどんヨガおなじみの休息をアレンジした「ゴロゴロ寝ヨガ」にスタート! 半人前でもストレッチングと進歩、2つの結末を持つ休息の気持ちよさが実感できるハズ。腰辺りに心から力を入れ、昼の骨盤歪曲を防ごう。

●腰のだるさを中止! ひざもちの休息

眠っている間、骨盤まわりの筋肉は腰がやや反る容姿にかたまり易い。腰を丸めて引き伸ばす休息でゆるめよう。朝方起きると腰がだるい・厳しいと受取る顧客にとりわけいち押し!

(1) 両ひざを突き立てる あおむけに寝て、戦略は下に伸ばし、掌を制限に仕向ける。肩は脱力して布団に塗る。両ひざを考える。

(2) 片脚を胸に引き寄せる 左側ひざで手を組んで息を吸い、息を吐きながら左側胸に引き寄せ、10秒継続。腰から背中を軽々しく丸めるように。右手も同様に。

(3) 両脚を胸に引き寄せる 両ひざをそろえて手を組んで息を吸い、吐きながら両脚を胸に吸い付ける。10秒継続。腕の力で引き寄せないように関心。

(4) 脚を組んで胸に引き付ける 脚を組んだ状態で部下傍の脚のひざ裏で手を組んで息を吸い、息を吐きながら胸に引き寄せる。10秒継続。脚を組み替えて同様に。
腰をひねって前後ねじれをリセット ひざ亡ぼしの休息

一層ひねって引き伸ばす結果、骨盤の前後ねじれを進展決める。吐く息で筋肉が生じるようにイメージして決める。やりにくい休息は繰り返しておくと、結末がアップする。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウマ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/euacrisenrfbec/index1_0.rdf