北欧旅行走り書き オーロラ 

December 25 [Mon], 2006, 1:03
久しぶりのブログです。旅行の走り書きを。もう眠いので注釈なしでそのまま載せます。言葉省きすぎてて意味不明な恐れアリ。。。



空があんまりにも美しすぎるんだ。海のようだ。九塞溝に行くときに乗った飛行機を思い出す。無茶苦茶に美しかった。
色が物凄い。白い地平線が見えるんだよ。そこから水色、スモークピンク、紫、青、青、青のグラデーション。
反対側を見れば空が燃えてオレンジに染まる。黒の地平線、オレンジのグラデーション、そして天空の青。
ビョークが馬鹿みたいに合う。

オーロラは興奮しすぎてたなぁ。記憶装置より先に涙が溢れ出してしまった。興奮ぶりとしては、ヤグディンの演技を見たときの興奮に似てたね(苦笑)
カーテンが開いていくような様だったのは覚えてる。後は、篝火のように緑の炎が現れ現れてゆくところ。円形の光。長くのびて、波打つ光。空のあちこちから。
多分私パニクってた(笑)物凄かったってことは確かに覚えているんだけど。30分も見ていたはずなのに。

本当に天気に恵まれた旅だったと思う。オーロラだけじゃなく。ああでもサーリセルカでは毎日晴れてたのか…毎日流れ星を見た。

どこまでも広がって、限りなく美しい。この感じはチベットに似てる。
人は自然を越えられない。

なかなか日記書けて無いですね。 

December 17 [Sun], 2006, 17:21
…2回も消えた。携帯はダメだ(・_・、)
そんなわけで休暇前最後の日記。3日分で。
さてリアルに寝たきりになった生活。
金曜日。映画を見た。普通。時間感覚のズレからか適切な記憶無し。おつかい、福田が来た。
土曜日。Yahoo!の素晴らしさを発見!「動画」って項目は最強です。映画スポーツ音楽アニメ。何でもありです。しかもタダ。
みわセンセェからの電話。若干疲れる。
薫からの電話。切った後泣いてしまう。
来客。セールス。ファンタージエン風に言うと「憂いの沼に沈めてしまうぞ。」って言いたくなりました。素であんた俺にどんな怨みがあんだよ。
日曜日。今日か。昨日に引き続きYahoo!に頼る。
入院準備。シャワー。客観的に見たらきっと死にそうな様子。
必要なものをかき集める。だから痛いって。
ここ数日でわめくことを覚えた。
今読んでる心理の本曰わく、感情を感じている自分を客体化すると感情は薄れる。確かに。
痛みにわめく自分を客体化する。
痛みは感情じゃない?この際どっちでもいい。

最近思うこと。
親父、飯買ってきてくれるのはありがたいんだけど。
起き上がるの厳しいんだから弁当買ってくんのはやめてくれ(O.O;)(o。o;)

そう。自分自身。 

December 16 [Sat], 2006, 19:56
例えばこの身が痛みに支配されようとこの心が痛みに支配されようと、俺が俺であることを変えるつもりは無い。
臆病な奴程よく吼えて、弱い奴程強がるって?
冗談じゃねーよ。
臆病で弱いから泣いてるだけなんて柄じゃない。
いつか吐いた言葉は形を変えて、それでもまだ俺は俺だ。
言葉を曲げる気なんて無い。
ただ意味を1つ加えてやるだけだ。
誰が不変の意味なんて決めた。
冗談じゃない。
勝手に俺のもの持ってくんじゃねー。
冗談じゃない。
俺は俺だ。
お前なんかに喰われるかよ。
信じるものの答えなんて簡単だ。
いつだって俺が俺信じてるってそれだけだ。

笑えるな。
真実は自分だけじゃ見えないみたいだ。

体中の力を抜いた。
やっぱりそこには俺がいる。
わざわざ何かから守る必要も無い。
喰われる気もしない。

もう嫌。(笑 

December 16 [Sat], 2006, 16:27
あなた危険です。
電話して声を聞いた途端に気分がぱぁーっと晴れてしまった。
危険だ。
俺に影響力持ち過ぎです。(笑
あなたと適切な関係でいようと思うのはかなりの部分自分の為もある気がしてきました。
何かこの一週間薫のことばっかり考えてた気がした。
既にリミッターは切ってるんですよね。
会いたいっていうメーターの。
既に“長すぎる”です。
そんなことまた自覚ー。
帰って来たらしばらく手離さないから覚悟してなよ。(笑

手術も決定。 

December 15 [Fri], 2006, 17:00
電話に出たら日記が全部消えた( p_q)
福田は今起きたらしいです。(笑
そんなわけで駆け足気味に。
5時起床。
調べると病院は今行くしか無いよう。
と思ったが起きれない。必死にバス停まで。
タクシーは狭すぎて痛いと思ったから。
バスの最後部座席で横になりました。
病院着。受付で並ぶのが辛い。
咳が出る。倒れ込みそう。頑張る。
待ち時間はオールベンチで横になってました。
周りの目なんてどうでもいいです。
結局7時過ぎに着いて9時過ぎまで待ちました。
診察=手術日程の決定。
これから検査です。
でも歩けない。
仕方ないから座薬の痛み止め。
これが一時間後ぐらいに効いてきた☆
でもそれまでが地獄。
検査の部屋に行き、またベンチにバタッ。
寝たまま血液検査。
注射嫌いなはずなんだけど、
痛みの範疇に入りません。
腕と耳たぶ。人を機械みたいに簡単に傷つけるな!と思ったけど向こうも大変だ。
あとは尿検、心電図、レントゲン、肺活量、血圧。
喉はいたいし、立ってらんないし、肺活量はボロボロ。
ついでに血圧はバリバリの低血圧です。参った。でもこれも昔から。
で、検査終了後3時間の待機。
しかもベッドに空きが無いらしくまたもや待合室のベンチ。
で、業者の方が来て腰の型取り。
専用のコルセットを作ります。
お値段2万4千円也♪
ようやく帰宅。
痛み止めが効きに効いて調子がいいので歩いて帰りました。
(おバカ)
帰宅して、皆様にお電話とメール。めんどくさい。
でも結局6時〜1時位まで寝ちゃいました。
その後今に至ります。

しかし、今になって思うのは水曜夜〜木曜朝、よく動けたなと。
今はもう布団から出れません(^ー^;
痛み止めが切れた時にはもう…。
て感じです。
何か別に手術とか入院とかはいいんだけど、実際問題として痛みにぶち当たると辛くて。
そんな時には薫に側にいて欲しくなります。
本当は今すぐ帰って来て欲しいです(ノ_<。)
でも仕方ない。
あなたがこの日記を読む時はもう日本ですね。

入院決定。 

December 15 [Fri], 2006, 16:29
からかれこれ1日が経ちまして。
水曜日が大変だった。
学校行ってカラーセラピーへ。
20分も経たない内に、咳をした途端に反動で強烈な痛みが。
もう無言で立ち上がって、そのまま床にバタンです。
過去最大級てゆうか最高の痛みが訪れました。
結局その後一時間は寝たまま。
途中で先生が気功によるヒーリング?なるものをやってくれました。
どうやら彼女と思考回路が近いのか、私も多少気功に興味を持っていた時期があったので、
おっすげぇ。普通に。ちゃんと教えてくれる人がいたのね。なんて思いながら寝てました。
とは言うもののレベルが違います。
やっぱ気功にしろ(一緒にしてしまうのは申し訳無いが)カイロプラクティスにしろ、まだ医療の域にはきて無いと思うのね。
歩けなくなった人間そんな簡単に治せません。
でも気休めってのも大事だと思います。
そんなわけでその日は銀座。雨が降っています。
多分この雨降り、寒さってのも患部には相当悪いです。

先週土曜日、サークルの後期納会も行くつもりだったのに、外は雨。
どうも歩けなくなりそうでキャンセルでした。

そんなこんなでまぁ病状は若干よくなったので駅まで歩きます。
昼間なら救急車でも呼ぶところですが、入院するならいつものとこが良かったし、個人的に救急病院は嫌なので帰ろうと決断。
で、歩けると思ったので遠藤に電話。
途中で歩けなくなってぶっ倒れるかもしれないから迎えに来いと。
来るそうなので、とりあえず動ける内に銀座線で渋谷へgo。
外は寒かったのです。
で、渋谷着。厳しいので東横線の駅事務室へ。
簡易ベッドで寝かせてもらいました。
ありがとうございます、お世話になりました☆
アンダーグラウンドを読んで以来鉄道員には若干の信頼と尊敬っていう妄想を抱いているのです。
で、遠藤が来たから帰宅。
何とか帰れました。
さすが遠藤くんです。
そして相変わらず人前では問題ない顔でヘラヘラしてる俺。
今考えるとさすがです。(苦笑
で、何とか布団の中へ潜り込みました。
明日は病院に行く日。果たして行けるのか…。
と思いながら爆睡。

あと10日。 

December 13 [Wed], 2006, 5:35
あと10日で帰って来る。
と、
あと1週間以上帰って来ない。
気持ち的にちょっと違いますね。

今日は学校に行った。
何だか予定があると一日が早い。
一日の体感速度は2倍から3倍。
それに疲れる。帰ってくる。飯。寝る。
薫が疲れてたのも、こっちの都合考えてよって思ったのもわかる気がする。
でもやっぱり何も予定が無いのは辛いもので、
寝てるだけの生活はやっぱり無意味に侵されて、
また薫を求めたのも仕方ないと思ってしまった。
わがままでごめんなさい。

さて、学校。
「物語と人間」。
単位は取れそう
でも、はてしない物語の解説は終わってた
今日はナウシカに見る現代における神話。
ナウシカの元になったのは、ギリシャ神話のナウシカア王女と、
今昔物語の虫愛ずる姫らしい。
後者は有名だね。
あと神話的に見る色が象徴するもの、みたいな話があって。
若干訂正したくてウズウズ気分でした。(苦笑

そして、オウムのレポートが完成。
ダラダラやってたら4000字程度が5500字に
まぁいいか。
後半かなりはしょり気味でショックです。

何か『ファンタージエン 愚者の王』あたりからのインスピレーションなんだけど、
男は犬で、女は猫説です。
ネットで調べると意外と一般的なのね
まぁ詳しくは解説しません。(笑

てゆうかこのブログ、2000字が限界なのね。
あんまりごちゃごちゃ深いこと書いちゃダメらしいね
そんなわけでこんなとこで。


ねぇ薫が好き
とゆうこで学校で発見!エルモです。

昨日の日記が。 

December 12 [Tue], 2006, 4:41
消えててショックです。えぐ
今日はオウムのレポート作成。
レポートとなると客観視出来るので精神的には楽です。
しかも4000字。
ええ、何か書けるような字数じゃないんです。

どうも時間がおかしいです。 

December 09 [Sat], 2006, 9:52
今日も1時から9時過ぎまで寝てって感じの生活です。
何か昼夜逆転というのか・・・。
若干わかりません。
とりあえず昨日は「A」を読んで、あと実写の方の「A」と「A2」を借りに行きました。
うん。
何か村上春樹によって書かれてる「アンダーグラウンド」。やっぱり視点は小説家だなと思って。
俺にはそっちの方が合ってるというか好みだと思いました。
「A」と「A2」はどうも作成者が好きになれません。
ただ「A2」には揺さぶられました。
人間ってなんだろうって感じです。

日本時間、12月7日。 

December 08 [Fri], 2006, 9:58
たくるくん、優秀☆な友達。

学校へ、用事済ませて部室へ。横になって入れ替わり皆様と会話。
現状不満足な一年生。まるで去年の俺らのよう。早く元気になって帰らなきゃ。
しょうくん。色恋サークル・アルカディアに染まって無い唯一にして愛すべき後
輩。今度絶対飲みに連れて行く。
せっかく話が深みにハマりそうなとこで続々皆様到来。
いいね。
俺に敢えて連絡くれるのは本気で心配な方々。
そして中にはテキトーな付き合いもいるサークルの方々。
ヘルニア。ジョークにしても笑ってくれる。
たまにはこんなのも必要だ。
昼休みも終わり、三々五々解散。
一人部室に残った所でたくるくんにメール。
飯食いに行こーぜ。
数分後たくるくん到来。
雑談に興じ、しばらくして「メール来てた。」
お前それで来たんじゃないのかよ。(笑
全くよく通じてしまう友人で。
さて、一服タイム。
お前白髪増えたな、と人が触れられたく無いようなとこもズバッと冗談めかして
ツッコム。
俺なりのコミュニケーション。薫はどう感じるのかな。
最近は老けこんできたと。たくるくん。
見解一致ですね。
この子流石に何か合う。
生きてる限り責任からは逃れられないと、たくるくん。
俺もそう思う。
老けてきたなと笑う。
二人で久々のカラオケへ。
やっぱ一年前とは違う。
どっかお互いに重みあるよね、良きにつけ悪いにつけ。
と言っても後半戦一時間はしっかりシャウトです☆
ここに帰ってこられるのが1つのパラメーターだと笑う。
久々に二重にストレス発散。
重いものも軽いものも出した。
やっぱたくるだ☆
何か薫がいないけど、薫に報告したいことは沢山。
あなたの存在で生活はキラキラ輝いてる。
そっか、1つメリットだね。
楽しみは先に。
薫がいて、他と接する。
それも楽しいことだ。
うん、楽しみは先延ばしに。
決して失ったものばかりでは無いね。
得たものもある。きっとこれからの日常は輝く。
その価値に気づけたから。
隔離。薫。
新しい価値を見いだせた。
あなたにありがとうです☆
早くキラキラ生活を薫に持ち帰れる日が来ればいい。
そしてちょっとごめんなさい。薫が持ち帰ってきたものをちゃんと輝かせてあげ
られて無かった。