インプラント両方はおもったよりの技術を要するの

February 06 [Sat], 2016, 13:35
インプラント両方はおもったよりの技術を要するので、失敗のリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)はあります。治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術し立ところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。


リスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)をできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

ほとんどの歯科医治療は保険適用外なのでコストを払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、たとえば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯医者院が増えています。コストすべてを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する両方を初めることはあきらめなくて良くなりました。長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。費用も見積もりを出してもらい、すべて自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。多様な条件から、普通のインプラント施術は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるという手段もあります。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

外科手術を受けたワケですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って生活するよう気をつけてください。日常生活には極端な制限はないのですが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべ聴か、歯医者と共通理解しておくといいでしょう。欠損した歯の数が少ない場合、歯科医とブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。



一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが良いといえます。
また、ブリッジ施術は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。
歯科施術の中でも、インプラント施術が難しいとされるのは、両方に失敗した場合、再度同じ施術をおこなえなくなる点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという両方しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トモヤ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eu5pseeqdueit3/index1_0.rdf