独自路線を歩

February 20 [Fri], 2015, 11:28

エルメスiphone6ケース


エルメスiphone6ケース


エルメスiphone6ケース


 



 

9月9日に発表となるアップルの新型スマートフォン『iPhone 6』と5.5インチの『iPhone Air(仮)』であるが、その2機種をいち早く入手……といっても、入手したのはモックである。
シャネルiphone6 ケース
アキバの某店舗で既に販売されており、店員さんに話を聞いたところ「既にこの大きさや形で確定でしょうね」とのこと。モックと言えば過去『iPhone5』の際にも発表前に販売されていたことがあった。その際は発表時と結局同じ物となった。

今回もモック形状が当たっているとすれば、本物もこのモックのままとなる。

実際に触って見ると角が丸みを帯びているのが分かる。そのほかスリープボタンが本体上から本体右に移動しており、大きくなった形状でも押せるように変更されたことがわかる。その他、下部のスピーカー部分も変更が加わっている。カメラレンズは少し飛び出ているのが特徴。ストロボは『iPhone 5s』では縦長だったのが丸に変更となったようだ。

大きいと持ちづらいという人もいたが、筆者が持った感じは『iPhone 6』はそんな持ちにくいという感じでもなかった。しかし5.5インチの『iPhone Air』は大きすぎである。

色は『iPhone 6』、『iPhone Air』共に2種類で黒(背面グレー)、と白(背面ゴールド)となっている。
iPhone6 エルメス
さて、このモックが当たるかどうか。真相は来週の発表で明らかになる。

『iPhone 6』の本体映像が流出!? 5.5インチは『iPhone 6』ではアメリカのアップルが9月9日に新型スマートフォンの「iPhone6(アイフォーン)」と「iPhone6プラス」を発表しましたが、その外見があまりにも大き過ぎて話題になっています。アップルの発表によると、画面サイズは現行の4インチから、「iPhone6」が4.7インチ、「iPhone6プラス」では5.5インチに拡大しているとのことです。
そのため、iPhone6プラスの大きさは高さ158.1mm、幅77.8mmとなり、携帯ゲーム機や財布に匹敵するほどのサイズになっていました。

2014年9月9日、米アップル社が新型スマートフォン「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」、腕時計型端末「Apple Watch」の発表会を開いたが、その裏でとんでもない事態が発生していた。
アイフォン6ルイヴィトン
アップルの発表会の最大の焦点は、「iPhone 6」でも「Apple Watch」でもなく、「まれに見るミス」だった。アップルの公式ウェブサイトは発表会の模様をネットで生中継したのだが、なんと世界に向けて配信した映像に中国語の同時通訳音声が付いていたのだ。本来であれば、IPアドレスを識別し中国のユーザーだけに対して行われるべきサービスだったが、どの環境で間違いが発生したのか、世界中のアップルファンに中国語を聞かせることになってしまった。その上、同時通訳の女性の声が大きく、現場の英語の発言がまったく聞き取れなかった。アップルはこれほどまでに「中国市場を重視する姿勢」を見せたが、皮肉なことに中国は「iPhone 6」の最初の発売地域のリストから漏れている。
「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」が前モデルの「iPhone 5s」と異なる点としては以下のようなものがあります。

?iPhone 5sよりも薄い(iPhone5s:7.6mm、iPhone6:6.9mm、iPhone6 Plus:7.1mm)
?画面のサイズが大きい(iPhone6:4.7インチ、iPhone6 Plus:5.5インチ)
?Wi-Fiの通信速度がiPhone 5sと比較して最大3倍高速化
?iPhone 6とiPhone 6 Plusに内蔵されているApple A8チップは、A7と比較すると、体積13%小型化しており、CPU25%高速化、グラフィックは50%性能アップしている
プラダ iPhone6ケース
バッテリーの持ちも、iPhone 5sと比べて改善されているようです。
次に気になるのは、iPhone 6とiPhone 6 Plus、どちらを選ぶかという点ですが、これは完全に好みの問題といえるでしょう。
人気ブランド携帯カバー
小型サイズを選んで通話しやすく、ポケットに入れて持ち歩けるようにするか、画面が大きいものを選んで見やすさを重視するか。また、iPhone 6 Plusはカメラに光学式手ぶれ補正が搭載されているので、カメラ機能を重視する人はiPhone 6 Plusを選んだ方がよさそうです。
新品Chanel iphone6 ケース
「ファブレット」人気は世界のトレンド
今回の新世代iPhoneの発表でやはり注目されたのは「ディスプレイの大画面化」という点です。これはやはり、ライバルとなるAndroid搭載の韓国サムスンの「GALAXY」シリーズなどが、次々に大画面モデルを投入しているからといえるでしょう。

「GALAXY」などのモデルは、iPhoneに比べて価格が安いことを武器に、新興国で大きなシェアを占めています。こういった国々では、ノートパソコンの普及の前にスマホやタブレットが一般化したため、スマホは「携帯電話」ではなく、「小型のPC」としての側面がより強く意識されています。そのため、大画面モデルが好まれるという背景があります。
ルイヴィトンiphone6ケース
米系の調査会社IDCも、タブレット端末や、スマートフォンの市場成長が鈍化している中で、唯一の成長カテゴリが「ファブレット」分野だとしています?。ファブレットは5.5インチ以上、7インチ未満の画面サイズの大きなスマートフォンのことで、フォーン(電話)とタブレットの中間であることから、こう呼ばれるようになりました。

デザインや商品戦略で独自路線を歩むAppleとしても、もちろんこうした世界的なトレンドは無視できるものではないでしょう。天才スティーブ?ジョブス亡き後の、ティム?クック時代のAppleがどういう商品戦略をとるのか、今後もその動向から目が離せません。

「どうやら、中国語を勉強しなきゃいけないようだな」
「ネット中継を通して全世界に中国語を教える。これこそ野心に満ちたアップルのSNS戦略だ」
「中国人ハッカーの仕業に違いない」
iPhone6ケース シャネル風
ツイッターなどでは早速、面白比較画像が相次いで投稿され、いずれもiPhone6の大きさが際立っています。普通は技術の発展と同時に小さくなるものですが、ここまで大きくなるのも独創的で面白いですね(苦笑)。ただ、デカ過ぎて私は買うことは無いでしょうが???。
*ジョブズが亡くなってから、アップルは迷走している感じがします。
シャネルiphone6 ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:setve
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etvete/index1_0.rdf