ウェイトトレーニングが骨粗鬆症を防ぐ 

April 25 [Wed], 2007, 18:08
ウェイトトレーニングが骨粗鬆症を防ぐ


骨粗鬆症の予防はカルシウムをたくさん取る事だけではありません。運動を続けることも骨質の流出を防ぎ、しいては骨格中のミネラルの量を増やし、骨格強度を上げることができるのです。バーベルの上下などのウェイトトレーニングは有酸素運動(競歩、ジョギング、水泳等)よりも効果があります。ウェイトトレーニングは骨格に外部からの圧力を感じさせ、それに対抗させることにより、上記の効果を生みます。それに比べ有酸素運動は十分な外部からの圧力を生じないため、骨質の流失を防ぐ効果はあまり強くないのです。


一年間のウェイトトレーニングの長期的効果

多くの研究によって、年齢に関係なく約一年のウェイトトレーニングを行うことによって、骨格中のミネラル量が増加するといわれています。70歳以上のお年寄りに至ってもその効果は認められており、ウェイトトレーニングの運動量は一度に上げることのできる最大重量の半分から三分の二程度の重さで、20〜30回繰り返すのがよいと薦められています。


たとえばあなたが一度に10キロのプレートを上げることができれば、5〜7キロのプレートを20〜30回、運動部位は腕と足を主として毎週3回繰り返せば、一年後には効果が期待できるでしょう。 この時のウェイトトレーニングの目的は決して筋肉をつけることではなく、骨格に適度な圧力を与えてやり、それにより骨格中のミネラル量を保つか増加させることです。

ウェイトトレーニングの持続はとても重要で、一年間のトレーニングの後にはミネラルの量が増えますが、もし継続してトレーニングしなければ、増加したミネラルは徐々に流失していき、やがてはトレーニング前の状態に戻ってしまいます。

老人へのウェイトトレーニングの効果

老人にとっては、ウェイトトレーニングは骨粗鬆症と骨折を防ぎ、生活の質の向上に大きな助けとなります。若者にとって骨粗鬆症はそれほど重大な問題ではありませんが、若いときに骨の中に多くのミネラルを蓄えておけば、年を取ったときに骨質が流失しても、ある程度多くのミネラルは骨に残っていますから、骨格の強度を保つことができます。その上、若い時は年を取ったときに比べ骨質の蓄積が容易なため、年を取ってから 始めるよりも、さらによい効果を上げることができます。ですから適度なウェイトトレーニングの継続は筋肉と骨格を増強し、健康維持に大きな助けとなります。

歩くことで気分改善 

April 25 [Wed], 2007, 18:07
歩くことで気分改善

あなたは良く歩きますか?なぜ歩くことが気分改善につながるのか?について分析をしてみました。


歩行でリラックス?!

医学誌の報道によると、歩行運動は疾病の予防のためになるだけではなく、気分を改善する効果があり、精神状態を高めることができます。

米国の医学博士ハオセによると、「歩くことは人生において最大の幸せ、歩くことによって血液循環が刺激され、足の筋肉が鍛えられて、呼吸の促進にもつながり、胸囲が広げられることによって内臓の強化なります。軽快な歩行は、リズミカルな深呼吸を伴い、視覚的にも美しい景色を満喫できて、人間の精神・筋肉・内臓器官に対してかなり有益です。」 また、リズミカルな早足を30分続けば、脳の中に「enndorphin」という一種の化学物質が生まれるそうです。

これは神経細胞に作用する物質で、カフェインに似る陶酔効果がありながら、害はない様です。専門家によれば、これは一種の神経ホルモンで、気分をよくする効果を持っています。

毎日の歩行ですばらしい毎日をおくりましょう

歩行は完璧な有酸素運動で、行うことによって精神状態が良くなり、清清しい気分を味わえます。歩くときは大自然に溶け込み、森林や野原の小道で散歩すれば、これ以上ない安心感や爽快感を感じられ、心が自然に開き、自然に帰ったような気分に慣れます。
歩くときに、もし自然と一体化できれば、自然の音、匂い、映像によって気分を大幅に変えられます。なるべく毎日の散歩を気分に合わせ、心をリラックスし、足踏みしっかりで、早すぎない遅すぎないペースを保ち、深呼吸しながら行えば、少しずつ散歩の楽しさがわかってきます。気分も次第に軽くなり、特別な安心感を味わえます。

歩行運動は忙しい現代生活において、これ以上ない楽しみと言えるでしょう。毎日のただ30分〜1時間の散歩で、きっと気分回復ができ、未来が明るく見えてきます。結論を言えば、一旦歩くことの楽しさを味わえば、同時に人生の満足も得られます、これこそ健康長寿の一番の秘訣でしょう。



日常生活へのアドバイス 

April 25 [Wed], 2007, 18:03
日常生活へのアドバイス



昔は激しい運動こそ、病気を防ぐという意識であったが、そのレポートの中に各専門家の意見などを総合し、「中量」運動の効果が強く強調された。
運動を激しくしたり、運動時間を長くしたりすることによって病気の予防には効果的だが、大勢の専門家が中量運動でも病気の予防ができると考えている。

老若男女に対し、運動は健康と…
なるべく毎日30分ほどの中量運動を保つ。ゆっくり走る、速く歩く、泳ぐ、ボール系等の運動は、病気の予防に役立つ。

短い時間の運動の累積も同じく病気の予防に役立つ。例えば、階段を利用するか、一つ駅を歩くような運動が日常生活に取り入れることである。

運動習慣を身につけていない場合、短い時間の運動から始めよう。毎回3分間速く歩くことを毎日3回繰り返すことから徐々に毎回の運動時間を増やす。

毎日30分ほどの運動量に慣れたら、運動の強さと運動時間を増やしてみよう。例えば、走る距離か、時間を増やすか、ショットから試合の前半をこなすまで等々によって健康を守る.

中量運動がいろいな病気を防ぐ 

April 25 [Wed], 2007, 17:59
中量運動がいろいな病気を防ぐ

アメリカ医師総会のレポートにより、最近、運動と病気の予防における検討の結果、毎日の中量運動がいろいろな病気の発病を押さえることが明らかにした。

昔は激しい運動こそ、病気を防ぐという意識であったが、そのレポートの中に各専門家の意見などを総合し、「中量」運動の効果が強く強調された。運動を激しくしたり、運動時間を長くしたりすることによって病気の予防には効果的だが、大勢の専門家が中量運動でも病気の予防ができると考えている。


また、先ほども述べたように、もう一つ昔からの観念と違う点は、短期運動の効果 を累積することである。例えば、一日3回10分ほど速く歩くことと、一日30分速く歩くことと、病気の予防に対して、同じぐらいの効果 がある。 そういうことで、毎日30分ほど長く運動できない場合、数回の短い運動をすればいいではなかろうか。例えば、エレベータを乗らずに、階段を利用するか、バスに乗る時一つ駅を歩くというような運動量 の累積も大切だと思われている。
だから、「運動の時間がない」と言うような、口実にはならないのである。生活の習慣を変えれば、運動量 を溜めるといってもいいでしょう。 長い期間運動していなっかた場合、運動し始めのときには一回30分程度にして、長くは運動できないが毎日短い時間で運動すれば、同じ効果が得られる。徐々に運動時間を長くするかあるいは毎日数回運動する習慣を守ることも健康に効果的である。毎日違う運動をしたり、一日の中に違う運動をしたり等、運動の多様化を保つことができれば、飽きることもないし運動習慣を守るにも役に立ちます。

このレポートでは、中量運動が心臓病、高血圧、大腸癌、糖尿病などの慢性病に対して予防ができる、また筋肉と関節の健康にも役に立ち、同時にストレスの解消と心理健康にも役立つことになると宣伝している。ゆっくり走ることと、速く歩くことが健康にいいと指摘された一方、重量挙げのような筋肉の強さを高める運動は、以上述べたような慢性病に効果的ではないが、中高齢に対し筋 肉と体力の強さを保つことができると証明されたのである。

バーベル運動のすすめ 

April 25 [Wed], 2007, 17:56
バーベル運動のすすめ


「中量運動」というのは、15分ほどゆっくり走ること、30分ほど速く歩くこと、30分バスケットボールゲーム(シュートする)、30分家事(掃除など)をすること、45分バレーボールをすること等のような連続的な全身運動は体のほとんどの筋肉を動かせる運動であり、毎日そのような運動をすればいろいろな病気を防ぐことができる

厚い胸板がほしいすべての「貧弱な男性」に理想的な運動をすすめます

バーベル運動の方法

バーベル運動で鍛えられる筋肉は3箇所あります。:大胸筋、三角筋、上腕三頭筋。

始めに器具の上に横になります。両足は床に着ける、または交差して空中でバランスをとります。そして、両手を肩幅と同じくらいに広げます。最初は軽いプレートからはじめましょう。バーベルを持ち上げるときは、腕は地面と垂直にします。

バーベルのシャフトをラックからはずし、腕を垂直に上げます。

バーベルのプレートをちょうど大胸筋の部分に移動し、ひじを外側に保ちます。このようにして、胸の筋肉を鍛えます。

バーベルのプレートを腕の位置に戻し、この動作を自分で決めた回数繰り返します。