海外ぜいたく品の消費金額

March 12 [Tue], 2013, 15:28
ずっと以来、自由貿易港としての香港は消費者の択肢に本土代購。鹿の粉ミルク事件以降、内陸港客や外国製粉ミルクに粉ミルクの需要が突然増大し、価格は比較的内地の低い粉ミルクは日に日に香港売り手市場の商品になる。データによると、香港毎月輸入約400万缶ミルク、地元赤ちゃん毎月消費60万缶から70万缶。

深セン、広州などの住民が日本への港を子供粉ミルクの習慣を買ったり、親戚や友人と少しも手伝う。につれてオンライン代購ブームで、いくつかの地理位置はあまり便利な本土の住民からネットを通じて代購粉ミルク、その大部分を選んだ人は香港からの購入。欧米より、香港からの購入より安い料金で、時間も比較的短い輸送。この消費層では主に内地の一線都市を含む、二、三線の都市の中で一定の消費力の家庭。

でも、今回の香港“限乳令」の直接のきっかけは「運び屋」。いわゆる「運び屋」というのは、国境と利用物件の価格及び貿易管制違いの群体、彼らは稼ぐ「帯工事費」を目的として、逃げて税関の管理監督は、「少量」に受け規制や携帯国課税貨物、物品入国。これらの「運び屋」の中に、内地人も香港の地元の人。3月1日香港“限乳令」は施行以来、約90人が検出されてファウル携帯粉ミルクは港のうち、60%は香港で地元の人。深センの税関によると責任者によると、2012年、深センの港の「運び屋」2万人を超す。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/etsergf12ww/index1_0.rdf