梶山と関野

February 19 [Fri], 2016, 16:31
よく不倫のきっかけとして言われるのは、単調な結婚生活が嫌だったという自己中心的な感情です。

自分をもう一度異性として見てほしいという願望が不倫を美化してしまうところもあるようです。
理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ双方の言い分を尊重し、お互いに何が不満なのかを確認しあうのが肝心です。言い合いにならないよう冷静な気持ちで臨みましょう。一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている会社もあるようです。調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実際はかなりあいまいです。けして安くはない代金を支払った挙句、浮気の証拠はありませんでしたという結末にならないためには、あらかじめ標準的な費用について知っておくと良いでしょう。
浮気した事実をカーナビで証明できるのです。

カーナビにある履歴を確認し、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられます。あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意する必要があります。それに加えて、しばしば給油されていた場合、デートに車が使われている場合があります。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。それも私と結婚する前から、浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。


そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、何度も浮気するのって、本能なんでしょうか。まさか、ですよね。

あんな人と人生の伴侶としてやっていく価値すらないような気がして、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが明らかになった時、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。



それを避けるために、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。
探偵について、その特徴を考えると、誰かに不審に思われないよう充分に用心しながら根気よく調べていきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして公然と調査を行うことが多いです。

探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所の方は情報収集に向いていると、おおまかには考えられます。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。


なるほど、もっともです。しかしそこまで重たく感じることもないと思います。不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。

いずれにしても、肝心の証拠を押さえておけば不利にはならないですからね。
自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵業者に調査を依頼することを推奨します。飲食店を利用した際の領収証には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。


ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月きちんと目を通すようにします。



出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいたと見られることがあるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Dan
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etr6cocumsn0ah/index1_0.rdf