リーが浦

March 31 [Thu], 2016, 20:42
結婚相手となる人の一番の決め手とはなんでしょうか。

例えば、年収や年齢、見た目の好みや家族構成など、考えるだけでも、沢山の項目があって条件が合っているのか、調べるのに余念がないと思います。ですが、仮に全てにチェックがつくような完璧な相手があらわれたとしても、互いの相性が悪ければ、幸せな結婚とはいかないでしょう。
結婚は、ただ式を挙げて終わりなのでは無く、これからの人生で起こる喜怒哀楽を共有し、困難がある時には、互いを助け合いながら人生を歩んでいくということです。目の前の条件ばかりに囚われることなく、ピンと来るような直感も大切にして婚活しましょう。相手の年収という要素を婚活に当たって、全く無視している、ないしは、気にしないという方は聞いたことがありません。
男女ともに婚活においては、年収をまず確認してから次の事を決めるという場合も多いですね。


もちろん、使える金額に差が出ますから、婚活イベントの選択肢が少なくなりますし、反対に、お金を気にせず自由な婚活が出来たりと、年収の差は、婚活の内容にも繋がるということですね。
最近の婚活の流行りに乗せて、色々な形式の結婚相談所が登場しています。

日本に移住された外国人の方を会員にして、国際結婚を望む方にサービスを提供している相談所もあります。



言語や文化、宗教などの違いもあって、日本人同士のマッチングよりずっと難しい部分もありますが、あくまで国際結婚を望んで相談所に登録してくる会員の方は少なくないようです。


お相手となる外国の方も、日本の男性や日本の女性と結婚したいと思って登録している場合がほとんどです。

婚約者としても婚活でも、公務員という職業は婚活中の女性にとってあこがれの結婚相手ですよね。


もしも結婚相手は公務員が良いと思っているのなら、公務員限定婚活パーティーへ参加しましょう。


相手が公務員以外いないのですから、確実に出会えるでしょう。
でも、一般的な婚活パーティーより値段が高めなところが難点ですね。

結婚相談所次第では公務員との出会いに特化した公務員限定コースが設定されている所もあるそうです。


絶対に結婚相手は公務員が良いと決めている人はこちらの方が確実だと思います。
婚活パーティーは、これまでに何度か参加しています。



婚活バスツアーの方は、都合が合わない為、まだ参加したことがありません。情報によるとバスツアーによっては、女性の参加費用が半額になるところもありますから是非利用してみたいですね。個人的に、パッと人を判断したり顔を覚えるのが不得手なため、進行が速いパーティーよりもしっかりと相手と話すことが出来るバスツアーの方が、パーティーよりも私に向いているかもしれない、と今、一番注目しています。いろいろと悩みの多い婚活ですが、意外と難しくデリケートな問題といえば、相手の上手な断り方です。


上手に断らないと、怒らせたり傷付けるばかりか、次の婚活に進むことが出来ないレベルのトラブルに発展する可能性もあります。ですから、実際にお断りする時には細かな気配りを忘れず、相手の悪いところを理由にするのではなく、あくまで私の性格に問題があって合わないのでゴメンナサイと言うのが、お互いが後腐れない方法だと思います。



基本的には向こうに問題があると言わないようにしてくださいね。穏便にお別れをして、次の出会いまで引きずらないようにしましょう。

婚活ブームの昨今ですが、結婚相談所とはどんな所でしょうか。あまり栄えていないエリアにあって、冴えない男女がこっそり利用している印象があり、若い人はほとんど利用しないという認識かもしれません。



ですが、その偏見は現在では当てはまりません。結婚相談所も現在では様変わりしています。

婚活が流行りの現在、幅広い個性の方が登録してくるようになり、結婚を本気で考えている方には歓迎されているようです。普通のお見合いであれば、条件が見合えば結婚前提の交際を始め、気に入らない部分などがあれば互いの親や仲人を介して断りを入れることになりますね。結婚相談所でお相手を紹介してもらった場合は、通常は担当の方にお相手へのお断りをお願いすることになります。
お相手に直接断りを入れるのは気まずいと感じる方も多いでしょうが、スタッフの方にお願いすればトラブルにならないように取り成してもらえるため、そこまで気に病むこともないでしょう。
これは近所の話なのですが、町から委託を受けた社会福祉協議会が、結婚相談事業として婚活をサポートしています。将来的にはこの町に住まなくてはいけないという制約もありますが、別な地域でも市町などの公的な機関が携わって婚活をすすめているような場所があると思いますから、調べてみてはいかがでしょうか。大手結婚相談所よりも登録料が安いですし、サポートしてくれる相談員も、親切な方が多いようです。

先に紹介があってからお見合いをして、交際に進むという流れは伝統的な婚活のかたちなので、安心して婚活が出来るのではないでしょうか。婚活中の相手との交際期間ですが、人によって違うとしか言えません。人によっては、一、二回デートしてすぐに結婚するカップルもいるようですし、じっくりと2年くらい交際を続け、ゴールインしたカップルもいます。とはいえ、恋愛では無く結婚するのが目的ですから、基本的にはずるずると関係を続けるのは止めておきましょう。長くとも1年の内に決断するのが、お互いにとって良いと思います。

会員数は結婚相談所を選ぶ基準の一つになりますが、しかし、とにかく多ければ信用できると言えるほど簡単なものではありません。しかし、少ないのも問題ですね。



登録している人が少ないのなら、そのぶん、紹介してもらえるお相手も少ないのです。その僅かな出会いの中で、条件や好みに合った相手と出会える可能性は低くなります。なので、多くもなく少なくもないという人数というのが理想なのかもしれません。相手がいなくて結婚相談所に登録してみたが、たまたま他の手段で彼氏や彼女ができてしまったという方もいるでしょう。でも、その相手が自分と結婚してくれるかは不明な場合。登録したばかりの結婚相談所には、登録を残しておいてもいいのだろうかなどと迷う場合もあると思います。そのようなケースでは、一度スタッフさんに打ち明けてみてもいいでしょう。一時的に休会できるところも少なくありません。お医者さん限定や高学歴限定などの結婚相談所も出てきました。

そのような高学歴エリート層というのは、職場での出会いに恵まれていなかったり、恋愛経験が乏しく自信がないなどの理由で、結婚相談所で出会いをコーディネートしてもらおうとする場合も珍しくないのです。そのため、ステータスの高い男性と出会いたいという女性にとっては、そうした相談所に絞って探してみるのも有効です。入会金の安さにつられて、大手ではなく、小さな結婚相談所に登録してしまいましたが、今では不満しかありません。
もう登録してから半年近くも経っていますが、未だに一度もお相手を紹介されていないのです。
こちらから問い合わせても、たまたまいいお相手が現れていない、と言い訳されるばかり。お金を払って登録したのに、これほどまでに酷い対応はありえないと思います。強めにクレームを言って、それでもだめなら消費者センターに駆け込みたいです。このところ、色々なタイプの婚活が開催されていますが、近ごろは居酒屋でも婚活イベントが行われています。相席システムを利用して男女が交流できるよう、場を整えてくれるのです。緊張しやすい人も、お酒の力を借りられるために、初めて会った相手でも和気藹々と楽しく会話できるでしょう。ただ、パートナーを探す以外の目的で参加している人もいない訳ではないので、相手の目的をきちんと見定めましょう。異性との出会いの一つの形だと捉えるくらいがちょうど良いと思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:太一
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etoz9hartese0g/index1_0.rdf