有名メーカーのスマホのフラッグシップの画面は5.5インチ程度が普通とも言

January 04 [Mon], 2016, 17:37
有名メーカーのスマホのフラッグシップの画面は5.5インチ程度が普通とも言える状況になってきた。これも『iPhone 6 Plus』が登場したおかげだろうか。
Dior iphone6ケースそれまで4インチサイズだった『iPhone 5s』から『iPhone 6』では4.7インチ、『iPhone 6 Plus』では5.5インチにディスプレイサイズが拡大した。『iPhone 6 Plus』の登場は約1年前のことで、最近、その次の世代の『iPhone 6s』『iPhone 6s Plus』が発表されたが、ディスプレイサイズは継承された。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー一部では4インチサイズモデルが復活するのではないかともいわれていたが、少なくとも今回は発表されなかった。僕は、現在、5.5インチ級ディスプレイを搭載したスマホを普通に使っているが、慣れとは恐ろしいものだ。
グッチiPhone 6sケースまた、フレーム部分を狭くできる狭額縁技術など、様々な技術進化のおかげで、ディスプレイサイズのわりには本体サイズが大きく感じないのも確かだ。

 そんな中、中国メーカーのファーウェイは日本向けに『P8max』という機種の発売を決めた。
ルイヴィトン マフラーこのモデルはなんと約6.8インチのディスプレイを搭載する。7インチにもう少しというサイズなのだが、上着の胸ポケットに収まり、携帯性は悪くない。
シャネルiphone7ケースこの機種のカメラは光学手ブレ補正機能を搭載しているのも特徴だ。普通のスマホの場合、手ブレ補正は電子式で、つまりはソフト的に行なっているのだが、光学式ではレンズ自体を動かして、手ブレを補正するため、通常は電子式よりも補正画像がより美しくなる。
アイフォン6シャネル『iPhone 6』シリーズでもディスプレイサイズが大きな「Plus」モデルはこの光学手ブレ補正機能を搭載している。『P8max』は機能的にもかなり進化した製品なわけだ。
ルイヴィトンiPhone6ケースそんな『P8max』がどんなポテンシャルを持っているのか、試してみた。

■外観は

『P8max』を手にすると、スマホとしてはあまりに大きいサイズにも驚かされるが、そのクオリティーの高さに驚かされる。
ヴィトン iphone6ケースまず、ディスプレイの発色やクオリティーはかなりハイレベルだ。ちなみに、その解像度はフルHDで、ドット密度が特に高いということはない。
ルイヴィトンiphone7ケース本体の側面、背面はゴールドメタルのマット仕上げで、その仕上げを見ると、高級感があるのだが、さらに角の部分は斜めにカットされ、光沢のある仕上がりになっている。このメタル部分だけでも非常に高級感があり、ボディー全体の工作精度は高く、クオリティーも高い。
iphone6ケースここまでくると「高級品」と言っても差し支えない。このあたりはさすが中国のトップメーカーだけのことはある。
ルイヴィトン マフラー

 僕は、同じファーウェイの5.5インチディスプレイを搭載したスマートフォン『honor 6 Plus』というモデルを使っているのだが、これと比較すると、『P8max』の高級感は群を抜いている。本気になれば、これだけの製品が作れるのは、まさにファーウェイの底力だろう。
シャネル iPhone6sケースちなみに、そのボディーサイズと重量は以下のとおり。厚さは7mmを切っており、縦横は大きいが薄くてすっきりしている。
iPhone6 シャネル

・高さ 約182.7mm
・幅 約93mm
・厚さ 約6.8mm
・重さ 約228g

 ちなみにSIMフリー対応で、マイクロサイズとナノサイズのSIMに対応している。

■『ZENFone 2』並みに高いパフォーマンス

 この製品のプロセッサーは、Hisiliconの「Kirin 935」という オクタコア (A53X 2.2GHz+A53 1.5GHz)。
ヴィトン iphone6ケースそして、メモリーは3GBでストレージは32GB。聞き慣れないないプロセッサーなので、Antutuベンチマークでパフォーマンスを計測してみた。
エルメスiPhone 6s plusケースすると、ASUSの『ZENFone 2』よりやや速い結果になった。この『ZENFone 2』は性能怪獣などと自称している製品なので、『P8max』は現時点ではかなりのパフォーマンスを持っていると思っていいだろう。
ケース コピー
ルイヴィトン iphone6 ケースこのパフォーマンスと大画面を生かして、2つのアプリを同時に起動して作業できるデュアルウィンドゥモードを搭載している。デュアルウィンドゥモードを使うと、2つのウィンドゥ(アプリ)を開いて作業できる。
シャネルiphone6sケースウィンドゥのサイズは必要に応じて調節できる。

■カメラ機能

 メインカメラの映像素子は1300万画素、レンズはF値2.0。
6Plusケースシャネルインカメラは500万画素、レンズはF2.4で画角は22mmとかなり広角になる。1300万画素というのは現時点でもトップレベルで、F値2.0のレンズはかなり明るい部類。
ルイヴィトンiphone6s plusケースインカメラも500万画素とトップレベルだが、広角なのが目立つ。このメインカメラは光学手ブレ補正に対応しているということだが、暗いところなどで撮影すると、明るいところでの撮影よりも補正のせいか、やや撮影後の処理に時間がかかる印象がある。
ルイヴィトンiPhone6ケースとはいえ、気になるほどではない。

 実際に夜景などを撮影した映像を見ても、ブレが少ない映像が撮影できているので、エム・フロンティアは、12月21日にオリジナルブランドライン「UNiCASE BLUE LABEL」からiPhone 6s/6向けケース「Victoria Diary for iPhone 6s/6」とマルチケース「Victoria Diary for 5inch」「Victoria Diary for 5.5inch」を発売した。
ルイヴィトンiPhone6ケース

【その他の画像】

 本製品は、華やかなオーロラカラーのキュービックジルコニアをあしらった保護ケース。職人が1つ1つ手作業で仕上げており、ストラップホールに別売りのチェーンを通せばクラッチバッグのように持ち歩くこともできる。
ルイヴィトンiphone6sケース内側にはICカードなどを収納できるポケットを備え、カラーはそれぞれ「Black」「Silver」「Pink」の3色を用意した。

 対象端末のサイズと価格は、5型タイプが75(幅)×148(高さ)×11(奥行き)ミリ以下で4537円、5.5型タイプが80(幅)×158(高さ)×12(奥行き)ミリ以下で4722円。
アイフォン6エルメスiPhone 6s/6用の価格は4630円。価格は全て税別。
6Plusケースシャネル手ブレ補正は十分に機能していそうだ。また、メインカメラでもインカメラでも美肌効果を設定できる。
グッチ iphoneカバーちなみに美肌効果は10段階で調節できる。美肌撮影はビューティモードと呼ばれる。
Michael Kors iPhone6 plusカバー 激安美肌効果0、5、10の違いはかなりある。10だとたしかに肌がツルツルになった。
ルイヴィトンiphone6ケース

 同製品は9月25日現時点で予約価格は6万円程度だった。比較的高価だが、その高いパフォーマンスとボディーの高級感を見る限り、それぐらいの価値はあるように思う。
iPhone6 シャネル『P8max』は、高性能なだけでなく、高級感も併せ持つ大画面SIMフリー端末を探している人におススメだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sghesv
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etojvxee/index1_0.rdf