研究生活、就職活動を通して思うことなど...

大学院一年。 海洋を対象に研究中。 修士卒業後の進路は就職...の予定。
2007年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント一覧
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:etoile_noir
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
悲しみよこんにちは / 2007年01月28日(日)
あの人からやっと連絡がきた。もう二度と逢えないかと思った…。私の絶望を容易く振り払っておきながら、相変わらず見て見ぬふりな貴方。能動的な恋愛はやはり辛いけれど、受動的な恋愛ではもはや何の喜びも得られない。

おじいちゃんが亡くなった。近親というのはあまりに心の一画を占めていて、その上にいろいろが堆積していても気付かずにきてしまった。そういう馴れを回避することはなんて難しいのだろう。
 
   
Posted at 22:52/ この記事のURL
コメント(0)
僕から気持ちは重すぎて / 2007年01月25日(木)
素直になろうと頑張った
逢いたいという想いも
大事にしてあげたいという気持ちも
簡単に表現出来るものではなかった
もう一度チャンスを下さい
 
   
Posted at 23:23/ この記事のURL
コメント(0)
忘年会 / 2006年12月27日(水)
今日で私の年度内の研究室活動は終わった。
今の研究室に入って二度目の忘年会を経験してしまった。
研究は、実質的にあまり進んでいない。
そして就職活動真っ只中。
私は満足いく研究成果を残せるのか?
そして満足いく会社の内定をもらうことが出来るのか?

先週初選考を経験した。MITだ。
小論文と5教科の筆記試験があった。
 
   
Posted at 03:23/ この記事のURL
コメント(0)
傷心 / 2006年10月15日(日)
実験に逃げてしまう。
何かに集中していないと負の感情が膨れ上がってしまいそうで...。

誰よりも信頼していた人に暴言を吐かれてしまった。
私の研究など、どうでもいいものだというニュアンスの言葉を。
時々結構な失言をする人なので、本気で言ったわけではないのだろうとは思うけれど...。
笑顔をつくることすら苦痛なほど、今の私にとってはつらい言葉だった。
彼の顔も見たくないし、声も聞きたくない。

最近、表面的にはだいぶ大人の対応が出来るようになってきたと思い込んでいたが、
こんなことがあると、私はまだまだ青いのだなと気づかされる。
だけれど、そんな青さが愛おしく思えてしまう。
どんどん年をとっていって、いろんなことに慣れてしまって、怖いものがなくなっていって、
精神的に強靭になっていくばかりなのが不安だから...。

少し気持ちが落ち着いたら、この感情を伝えてみよう。無邪気な仕方で。
それが大人の対応だと思う。
今後も以前のような気持ちで、彼に接することが出来るかはわからないけど。
 
   
Posted at 03:28/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
 
 
 Powered by yaplog!