個別の事情によって違ってくるので…。

April 04 [Mon], 2016, 1:30

あなたの恋人とか夫が浮気しているか否かを確かめたければ、クレジットカードの利用明細、ATMの利用詳細、携帯電話やメールの詳細な履歴を探って確認します。これで、証拠をつかむことが容易にできるのです。

夫の言動などがいつもと違うとなれば、浮気しているからかもしれません。前から「仕事をしたくないなあ」と言っていたにもかかわらず、にやにやしながら職場に向かう、そんな変化があったなら絶対に浮気だと思っていいでしょう。

ことに自分の妻の浮気に関する相談をするとか助言を受けるというのは、なんとなく恥ずかしさや高いプライドを捨てることができず、「他人に相談するのは無理」なんて決め込んで、相談に行くのをやめてしまうことでしょう。

もしも夫婦のうち片方が不倫や浮気(不貞行為)に及んでしまったといった状態になると、された方の妻(夫)は、浮気・不倫相手がやった貞操権の侵害による心理的苦痛を受けたことへの慰謝料という名目で、損害請求することだってできます。

かんたんに料金が良心的であるというだけじゃなくて、無駄なものは除いて、結果として値段が何円になるのかということだって、浮気調査を依頼するときには、大切な点になるわけです。


なんといっても不倫及び浮気調査を行っているときは調査しにくい環境での証拠となる画像などの収集なんかがしょっちゅうあるので、調査する探偵社ごとに、尾行術や撮影に使う機器に相当開きがあるので、十分注意してください。

確証と呼べるほどはっきりとした証拠を手に知るには、苦労が多いうえに、かなりの時間は必須です。だから普通に仕事をしている夫が妻が浮気しているところを発見するのは、難しいケースの割合が高いことがわかっています。

浮気相手に慰謝料を要求するのであれば不可欠な状況や条件を満たしていないとなれば、求めることができる慰謝料がすごく低い額になるとか、人によっては浮気や不倫の加害者に全く要求することができない場合もないとは言えません。

必要な養育費や自分への慰謝料の請求を行う時点で、有利にすることができる証拠の入手や、浮気相手の確認といった身元確認調査だとか関係した人間の素行調査だってあるんです。

浮気相手に感づかれることがないように、調査は慎重にするのは当然です。リーズナブルな料金の探偵事務所などで頼んで、最低の結果を出すことはどんなケースでも起きないようにしたいものです。


個別の事情によって違ってくるので、決まった額があるわけじゃないんですが、浮気や不倫がきっかけで「離婚」となったカップルの場合の請求する慰謝料は、100から300万円程度が平均的な金額と言えます。

妻が浮気した場合っていうのは夫の浮気問題とは開きがあって、浮気が発覚した時点で、ずっと前から夫婦関係の修復はどうやっても無理な夫婦の割合が高く、結局離婚にたどり着いてしまう夫婦が少なくありません。

本人が行う浮気調査っていうのは、確かに調査費用は安くすることができるはずですが、結局調査そのものの出来がよくないので、高い確率で気付かれる恐れがあるといった心配があります。

例えば夫や妻の浮気、つまり不倫がわかって、いろいろ考えて「離婚!」と決断しても、「パートナーを顔を合わせたくない。」「声も聞きたくない。」といって、話し合いの場を持たずに一人で離婚届を役所に提出するのはNGです。

家庭のためになるならと、自分のことは後回しにして家事とか育児を目いっぱいやりとおしてきた女性というのは、はっきりと夫の浮気を知った局面では、大騒ぎしやすい方が大半です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウタ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etnvnete5llass/index1_0.rdf