パンダ蝶尾がキャリさん

June 22 [Thu], 2017, 22:43
脳梗塞や心筋梗塞など、寝たきりになってしまう可能性や、障害を抱える可能性もあり、最悪、死に至る可能性もある病気につながることのひとつは、動脈硬化なのである。それを防ぐためには、ドロドロの血液を改善し、血管の年齢を若くすることが必要です。
レバーや卵、また魚卵などは、非常に多くのコレステロールが含まれる食べ物です。それらを摂取しすぎると、血中の悪玉コレステロールが増加し、血がどろどろになっていくんです。そのような血は、大変危険な動脈硬化を引き起こすことがあります。

ドロドロの血だと、血管が傷んでしまい、動脈硬化の要因となると知られているのですが、どうしてかご存知ですか?そのような血液には悪玉のコレステロールなどがたくさん含まれており、これが血管の中の部分に入っていってしまうからです脳梗塞などの命に危険がある大きな病気を引き起こす原因となるものの一つは、動脈硬化なんです。そんな怖い症状を予防したいと考える方は、まずは食生活の見直しが大事だが、コレステロールをたくさんふくむ食べ物を減らすことが必要なことです。血液がどろどろになることが、大きな一つの原因とされている病気は、動脈硬化である。しょっちゅう耳にするので、気軽にとらえがちですが、症状を自覚しづらいため、気づいた時点では、命にか代わる病気になりかねない恐ろしい病気なのだ。人間が老化していくように、血管も老化します。
血管が年を取ることで、誰でも動脈硬化になるのですが、加齢だけでない要因として、血の状態が悪いことが、あげられる。

中性脂肪や血糖値が高い人は、注意が必要です。



日本の死因の中でも、すごくの部分を占めているのが、脳梗塞や心臓病などです。



それらの原因となっている病気の一つは、動脈硬化というものだ。
これは、サイレントキラーとも言われており、全く気付かないうちにドロドロの血が血管を蝕んでいるんです。

悪玉のコレステロールが増えることは、血液の状態を悪くし、動脈硬化が進行するひとつの大きな原因です。


でも、それ以外の肥満や喫煙の習慣、高血圧などは、動脈硬化をひどくするリスクを増強する原因となるんです。

健康な若々しい血管は、しなやかで柔らかく、弾力があるんです。


だが、動脈硬化などの症状により硬くなり初めた血管は、もろいので、壊れやすいんです。


そうなり初めると、ポンプの役割を果たす心臓に、大きな負担がかかるんです。



広く、頻繁に耳にする言葉ですが、動脈硬化と言われる病気の定義について、お聞きになったことがあるだろうか?病気である動脈硬化は、血液の中の成分に、中性脂肪やコレステロールなどが増加することやまた年齢を重ねることが原因となり、血管が硬くなるという症状です。

血管の中で、ふくらみができてしまった状態になってしまい、あらゆる病気を引き起こす一つの症状は、動脈硬化なんです。
全身、どこの血管でも起こる可能性があって、体の重要な臓器の血管を傷つける事もあるため、注意が必要なんです。



生活習慣病の改善のためには、運動習慣や食習慣を整えることは必要不可欠です。


魚や野菜の不足したご飯は血液がドロドロになる原因と言われているのです。
偏りのある食習慣や長年の運動不足は放っておくと動脈硬化の要因となるでしょう。


お肉や油も体にとっては大事ですが、野菜などとのバランスが偏ると、血液がドロドロになり、血管の内側にコレステロールなどが溜まってしまうので、動脈硬化の原因の一つとなるんです。



栄養バランスが偏りがちな人は方は、健康食品を使うなどして、栄養を補給するということも大事です。

サラサラな血は、健康にプラスだという印象がありますよね。


それとは逆にどろっとしている血は、動脈硬化を進行指せてしまいます。血液を健康に保つために、肉や脂の少ないご飯、定期的な運動習慣が必要不可欠なんです。

定期検診などの時に、血圧やコレステロール値、中性脂肪といったものを気にする人はすごく多いですが、血管の状態についても注意することが大事です。動脈硬化は、自覚症状が少なく、進行している場合もとても多いので定期的な検査は重要です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美桜
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etntsi1noh4sxe/index1_0.rdf