WiMAXにしようかな

November 02 [Wed], 2016, 21:25
「モバイルWiFiに変えようと思っているけど、高速&無制限モバイル通信で名の通っているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのどっちにした方がいいのかなかなか決断できない。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、両者を比較してお見せしたいと思います。
DoCoMoだったりワイモバイルで見られる速度制限が掛かることになりますと、下り速度が128kbpsに抑えられてしまいますが、この速度ということになると、少し長めのウェブサイトのトップページを開くというだけで、30秒前後は掛かると思います。
1か月間の料金は当たり前として、回線の速度やキャッシュバックキャンペーンなども注視することが必要不可欠です。それらを基に、ここに来て人気抜群のモバイルルーターをランキング形式にてご紹介します。
現在市場に投入されているWiMAXモバイルルーターの中においても、W03は格段にバッテリーの持ちが自慢の端末です。戸外での営業中も、意に介することなく使用できます。
WiMAXに関しましては、本家であるUQだけじゃなく、MVNOと言われる会社が取り扱っております。無論速さとか通信サービスエリアが変わることはないと言明しますが、料金やサービスには開きがあります。
ワイモバイルのポケットWiFiを友達にすすめられて、初めて使用してみたけれど、これまで持っていたほとんど変わることのないサービスを推進している同業他社のものと比べても、通信クオリティーなどの点は遜色ないと思いました。
「ポケットWiFi」という名前はソフトバンクの商標ではあるのですが、概して「3G回線あるいは4G回線を用いてモバイル通信をやる」時に必要不可欠な手のひらに収まるようなWiFiルーター全体のことを意味します。
WiMAXはトータルコスト的に見ても、他のルーターと比べて割安な費用でモバイル通信が可能なのです。電波が利用できるエリア内だとすれば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の通信端末をネットに接続することができます。
LTEと言いますのは、これまで主流だった3Gを「長期的に進化させたもの」ということで名付けられた通信規格で、何年か先に登場するはずの4Gへの転換を円滑にするためのものです。そういった背景から、「3.9G」として扱われます。
私の方でワイモバイルとWiMAXという支持する人が多い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種限定の下り最大速度を除いた大概の項目で、WiMAXの方が優っていることが明らかになりました。
私がよく知るプロバイダーは、キャッシュバックを40000円に達しそうな金額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が他のプロバイダーと比較して高額だとしても、「平均してみると低料金だ」ということがあると言えるのです。
自分のところで通信回線を有していないプロバイダーは、大元のUQWiMAXから通信回線設備等をレンタルさせてもらうためのコストしかかからないので、UQWiMAXと比較してみても、その料金はリーズナブルであることが通例です。
目下WiMAXを売っているプロバイダーは大小合わせ20社程度あり、それぞれにキャンペーン特典の内容であったり料金が違っています。当サイトでは、注目を集めるプロバイダーを6社ご案内しますので、比較されてはどうでしょうか?
WiMAXの通信可能エリアは、かなりの時間を使って拡充されてきたというわけです。その企業努力があって、現在では市中は当然として、地下鉄駅などでもほとんど通じないということがない水準にまでになったわけです。
WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの1カ月毎の料金(2年契約完了日迄のキャッシュバックも考慮に入れた総支払い額)を比較した結果を、安いプロバイダーから順番にランキング形式で紹介させていただきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼空
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる