中越の小倉博和

August 15 [Tue], 2017, 15:38
妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素として、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。

けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという見方もあるわけです。
理由としては、妊娠が判明する前から毎日葉酸を摂取していることが赤ちゃんの順調な発育のためには大事なことだからです。



だとすれば、子供を授かりたいと考える方はすぐに葉酸を摂り始めることが女性に求められているのです。
葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。ですが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。
具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。

妊娠しやすい体になるために、妊娠を希望している方は、今から飲んでおくと安心です。

葉酸は、妊娠初期に多く摂りたい栄養素です。



では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、理想としては、授乳が終わるまでの期間でしょう。



なかなかそこまで意識できないかもしれませんが、妊娠中期まではなんとか意識して葉酸の摂取を続けて欲しいのです。葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。お母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので栄養のアンバランスを招かないように意識的に摂ることが必要とされています。
妊活を行っている時は普段以上にストレスを溜めないように留意することが不可欠です。そう考えると、お風呂でリラックスすることは大切ですが、体への負荷を少なくするということを考えた場合、お湯の温度が高すぎたり、入浴時間が長くなりすぎるのを避けましょう。


意外ですが熱は、良くない影響を体に与えます。

赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は体を温めるようなものを食べるようにしてください。野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。

また、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった旬が夏の野菜が挙げられます。

フルーツはデザートとして少しだけ摂るのはいいですが、ミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。


そろそろ赤ちゃんを、というときぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。
葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。造血のためには欠かせないビタミンとして知られていますが、全ての細胞が活発に増えていくためになくてはならないビタミンなので、夫婦揃って摂取することが、妊娠するためには重要なのです。

子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。なかなか妊活の結果が出ないと、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。生殖機能というものはストレスによって弱くなってしまいますので結果として悪循環になってしまう可能性があります。なので、妊活を一度お休みするのも手かもしれません。現実に、休んでみたら妊娠できたという例はよく耳にします。年齢のタイムリミットを考慮し、医師ともよく話し合ってちょっとお休みすることも賢明かもしれませんよ。

ビタミンの一種として、葉酸は人間が毎日摂らなければならないものです。

普通の食生活ができていればサプリメントなどで補う必要もありませんが、妊娠初期の女性にとって、赤ちゃんの発育を促すために葉酸がどうしても必要ですから手段を問わず、十分葉酸を摂取しないと深刻な葉酸不足を引き起こすかもしれません。葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのが胎児の発育のためには良いでしょう。

理想的には、妊娠を希望したときから摂っていって欲しいなどの見方もあります。熱によって失われやすい葉酸は、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法に注意してください。


葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。
加熱が必要な食材やメニューの場合、長時間の加熱は避けて、熱は通す程度にした方が良いと思います。こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、葉酸サプリで摂取するのが一番簡単だと言えますね。

妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。

食事内容はもちろん、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。
こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。



ですから赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絢斗
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる