あやめで蔵本

October 23 [Mon], 2017, 9:31
信用取引とは現物株や現金を担保として資金以上の取引、空売りが可能なことが大きい特徴といえます。特に空売りというのは、下落相場において大きな力を発揮し、うまく利用することで高い相場でも低い相場でも稼げる武器となるのです。



その一方で、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金の管理を慎重にすることが重要です。

知っているとは思いますが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。やっぱり株を始めたばかりの人には、リスクの高い信用取引はまだ早いと思います。



自分の持金以内で投資ができる現物取引を断然お勧めします。
入金した以上に損する可能性がないんですから。

また、優待を貰うことを目的とし、長期投資するのも一つの投資方法と言えます。株式投資を行う場合には、単元の株ではなく、ミニ株式を買う方法も有りえます。単元株では投資金額が高額すぎて購入できない株式を手に入れたい時には、ミニ株でちょっとずつ買い入れることによって、一度に大金を準備しなくてもほしいブランドを購入できます。株のデイトレードの時短期間に大もうけできてしまう人は間違いなくいます。


デイトレードは、手にした株を持越さずにその日のうちに、手仕舞いしてしまう方法なので、予想外に株価が落ちてしまうことも少なく、リスク管理が容易でしょう。

私はつい最近、株式投資を始めたばかりの初心者でございます。株式を買って、ある程度得したら、さっさと売却するべきなのか、他に、長期保有したほうが儲けになるのか分からず、今もって悩んでいます。長い間、保有していると、優待によるメリットもありますから、悩んでしまうところです。



株式投資において時間が取れるということは大事な要素です。日本最大の株取引市場である東証が開いている時間は開始は午前9時、終了は午後3時までですので、より良い値段で株式を売買するためにはこの間に時間を取れることが望ましいのです。

こういった点で主婦の方は新米であっても有利な立場で株への投資が出来ると言えるでしょう。

株の売買を始めたばかりの方であっても利益を出せる効果的な方法は、急いで動かないことです。ずっと気になっていた株の銘柄が急騰しているといって追い立てられるように買い付けしてしまうと大抵は高値掴みということになりかねないのです。どうして高騰しているのだろうか、急激に高値になりすぎなのではないかと株を買う前に一度深呼吸して分析検討してみましょう。株取引の初心者であるのなら確定申告への備えとして、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことをご提案します。
煩雑な確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間をできるだけ減らして、その分を、株取引のための情報を集めて理解することに時間をかけることができるからです。

私は好きな有名どころの株を保有しています。年間に一度配当が出るのですが、その配当で出たお金だけでなく優待で色々なものがもらえるのが魅力です。
中でも好みのメーカーからもらえると、もっと頑張って欲しいと思います。

株の取引には損失が出るおそれがあります。
ですから、株の売買が初めての場合は、はじめに投資信託を選んで資産運用を始めるのも良い選択です。投資信託は運用のプロが有利な投資先に広範囲に分けて資金を投入するので、安全で初心者に最もおすすめの運用法のひとつと考えられます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sousuke
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる